全てのページの検索結果 : 1760件

  • 詳細へ
    2018年2月19日
    「ゲームのルール」が変わったのか?[雨夜恒一郎]
    FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年2月19日号 先週のドル円相場 先週のドル円相場は、米国のインフレ懸念を材料にドル売りが進行し、昨年の安値107.30円を割り込むと、一時105.55円と2016年11月以来の安値をつけた。先週の当コラムでは「昨年9月の安値107.30円を割り込み下げを加速させる可能性も出てくるだろう」と予想したが、まさにそのような展開となった。 先週発表された米国1月の消費者物価指数と生産者物価指数はそれぞれ+2.1%、+2.7%(前年比)と市場予想を大きく上回った。インフレ懸念を背景に、金利先物市場は来月のFOMCでの利上げをすでに8割以上織り込んだ。政策金利動向を反映する米国2年債利回りは2.2%台と10年ぶりの高水準、米国10年債利回りは2.9%台と4年ぶりの高値をつけた。トランプ政権が財政赤字を大幅に悪化させるとの見方も利回り上昇につながっている。 米国金利とドル円相場の相関関係に変化 従来、少なくとも昨年までは、米国金利とドル円相場には正の相関関係があった。すなわち、米国景気や物価指標が強く、金利が上昇すると、ドル円はほぼ間違いなく買…
  • 詳細へ
    2018年2月18日
    現役為替ディーラーが何でも答えます!「みんなのQ&A」第1回[井口喜雄]
    疑問をぶつける相手はいないし、調べてもよく分からない…。そんな悩みがあったら、この企画にお任せください。トレイダーズ証券の井口さんが、あなたの質問を解決します! Q1. 経済指標の線引き Q.  経済指標はたくさんありますが、どれを気にすべきで、どれを気にしなくても良いか、その線引きを教えてください。(東京都/40代/男性) A. どれが気にすべき経済指標であるかは一概にはいえません。1980年代に日米で貿易摩擦が起こっていたころは、今ではあまり動かない「米貿易収支」が重要視されていた時代もありました。また、サブプライムローンで住宅ローンの不良債権化が叫ばれたときは「米住宅販売件数」で大きな値動きがありました。時にビックイベントの王様である「米雇用統計」よりも注目度が高くなることがあるのです。その時々によって重視すべき指標は変わり、その線引きも変わってしまうので、常にマーケットが注目している経済指標を考えなくてはなりません。 では今のマーケットで線引きをしてみるとどうでしょう。各国が通貨安戦争を続ける現状のマーケットでは、金利動向がキーになります。そのため金利動向を左右する上で影響の大…
  • 詳細へ
    2018年2月17日
    FX攻略.com公式サイト人気記事ランキング(2018年2月1日〜2月15日)
    FX攻略.com編集部ウェブ担当の上岸です。今週のトレードの調子はいかがでしたか? 今回のコラムは、2月1日〜15日の期間でアクセスの多かった(たくさんの人に読まれた)公式サイトの記事を紹介したいと思います。 1位はFX業界関係者、個人投資家すべての人が気になるあの話題でした。 【 1位 】FXレバレッジ10倍規制への動き、これまでの流れ 2月13日(火)に金融庁が「店頭FX業者の決済リスクへの対応に関する有識者検討会」を開催したことから、レバレッジ規制のまとめページにアクセスが集まりました。 ⇒ 記事はこちら ・FXレバレッジ10倍規制への動き、これまでの流れ 【 2位 】人工知能(AI)と為替(FX)|AI搭載型自動売買[Halu] 実はFX攻略.com公式サイトで一番人気のある(読まれている)のがこの記事なんです。 AIとFXについて調べている人って、結構多いんですね。 ⇒ 記事はこちら ・人工知能(AI)と為替(FX)|AI搭載型自動売買[Halu]  【 3位 】FXスキャルピングのやり方・コツ・手法・テクニックを伝授!超短期売買のはじめ方 スキャルピングの特集ページです。ス…
  • 詳細へ
    2018年2月17日
    矢澤明美(ボリ平)12000文字インタビュー「仮想通貨とフラットな関係、シェアのお話」
    ●聞き手:鹿内武蔵(編集部) ビットコインは日本が最大の市場 鹿内 2017年9月にGMOインターネットのマイニング説明会に行ってきました。 ボリ平 どうでした? 鹿内 とても刺激的でした。電気代が安くて、もともと寒くて空調管理がしやすい北欧に広大な土地を取得して、そこに巨大な仮想通貨のマイニングセンターを作る、と。もうこの時点でスケールがすごい。さらに、マイニング用の半導体を開発。これは一般販売もするみたいですね。 ボリ平 ついにGMOが本格的に動き出したね。 鹿内 この件に対して100億円の投資をするみたいですね。今まで仮想通貨のマイニング市場は中国一強だったんですけど、そこに日本の最大手IT企業が切り込むとか、胸熱です。 ボリ平 DMMとSBIも参戦するしね。GMOが掘るのはビットコインだけ? 鹿内 うーん、そこはよく分からなかったです。 ボリ平 ASICというチップはビットコイン専用で、他の仮想通貨を掘るのには向いていません。このあたり、私とても詳しいですよ(笑) GMOとDMM、SBIの仮想通貨業界参戦が大きな話題になっているのって、さっき鹿内さんもいっていた通り、これまでず…
  • 詳細へ
    2018年2月16日
    1分で完了!FXTF MT4で為替鬼さんの手法環境を完全再現する手順
    この記事では【エンベロープ+RSI】徹底的な逆張り戦略で1分足の反転を狙うFX手法[為替鬼]で紹介されている為替鬼さんの手法環境をMT4でマネする設定方法を解説していきます。 1. MT4が使えるFX口座を開設する MT4が使えるFX口座をお持ちじゃない方は、まず口座開設からスタート。おすすめはMT4に特化したFX会社、FXトレード・フィナンシャル! 今ならFX攻略.comと限定タイアップキャンペーンもやっています。 ↓↓ 公式サイトで今すぐFXTFの魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓ FX攻略.com限定タイアップ!非売品『5人のプロが教える即戦力テクニカル手法』プレゼント 2. チャートを開き、表示をローソク足、時間軸を1分足に。デザインも統一する 次にチャートの表示を変えてデザインを揃えていきます。 [ファイル]→[新規チャート]→お好きな通貨ペア [チャート]→[時間足設定]→[1分足] [チャート]→[ロウソク足] [チャート]→[ズームイン]を何回か押す [チャート]→[プロパティ] [基本配色]の[Black On White]を選択する 3. エンベロープを表示…
  • 詳細へ
    2018年2月16日
    これからの外国為替相場の行方(月刊FX攻略.com2017年12月号)[田嶋智太郎]
    市場の誤りに注目すればチャンスは必ず巡ってくる  前回更新分の本欄で、2017年8月下旬に米ワイオミング州ジャクソンホールで開催された経済シンポジウムの話題を取り上げた。この会合では、米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長と欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁がともに講演を行った。 結果的に、イエレン議長から「年内の追加利上げ観測を後押しするような発言が聴かれなかったこと」と、ドラギ総裁から「足下のユーロ高をけん制するような声が聴かれなかったこと」を主因として、市場ではドル売り優勢の色合いが俄かに強まった。 このことについて、筆者は「ユーロ買い・ドル売りを進めたのは市場の勝手な判断であり、必ずしも正しい選択であったとは言い切れない」「たとえジャクソンホールでドラギ総裁がユーロ高をけん制する姿勢を示さなかったからといって、それで『もはやECBはユーロ高を危惧していない』とはならない」などと述べた。その後の経緯からいって、やはり市場の当時の判断は誤っていたと言っていいものと思われる。 実際、後にイエレン議長は米12月利上げ(=年内の追加利上げ)の可能性が十分にあることをフォワード・ガイ…
  • 詳細へ
    2018年2月15日
    DMM Bitcoinが太っ腹プレゼント!!新規口座開設するだけで1000円もらえる「リリース記念キャンペーン」を実施中!
    2018年1月11日(木)、DMMグループの「DMM Bitcoin」が仮想通貨取引サービスの提供を開始しました(金融庁登録済み、関東財務局第長00010号)。大手企業が仮想通貨取引所を開設するとあって、オープン前から大きな話題を呼んでおり、サービスが開始するや否や口座開設の申し込みが殺到している状況です。ここではDMM Bitcoinが多くのユーザーから選ばれる理由と、魅力的なキャンペーン情報をまとめましたので参考にしてください。 DMM Bitcoinで仮想通貨取引すべき4つのメリット 仮想通貨の取引に利用できる取引所は国内だけでも10社以上あり、どこを選べば良いのか悩んでしまいますよね。そんなときには、まず各取引所のサービス内容や特徴を比較することが大切です。DMM Bitcoinにはどのようなメリットがあるのか、早速見ていきましょう! メリット①|取引できる仮想通貨の種類が豊富! 最初に注目したいのは、取引できる仮想通貨の種類が多い点です。DMM Bitcoinでは、「ビットコイン」「イーサリアム」「ネム」「リップル」「ライトコイン」「イーサクラシック」「ビットコインキャッシュ…
  • 詳細へ
    2018年2月15日
    「EAつくーる」集中講座|第1回 ボリンジャーバンドの手法を作りたい![岩渕恵輔]
    自動売買プログラムを作成するには、プログラミングの知識が必要で、そんなのは自分にとって無理に違いない! …といった理由から、自動売買作成を諦めている人はいませんか? しかし、諦めることはありません。なぜならば、知識不足を補ってくれる支援ツール「EAつくーる」があるからです。この連載では、同ソフトの開発者に取材し、具体的な使い方を教わる様子をお伝えします。 ※この記事は、FX攻略.com2017年12月号の記事を転載・再編集したものです 【関連記事】 【EAつくーる】プログラミング不要!マウス操作でオリジナルのFX自動売買が作れる[岩渕恵輔] 手法ロジックをEAつくーるで作成 編集部 ボリンジャーバンドのオーソドックスなロジックを用意しました。これをどのようにEAつくーるで作成するか、教えてください。 <第1回のロジック> 【エントリー】ボリンジャーバンド(期間21)のミドルライン(センターライン)にタッチした後の反発で新規買いエントリー 【利益確定】+2σタッチ 【損切り】−2σタッチ ※取引はロングのみとする 岩淵 まず、ミドルライン反発の定義を確認させてください。ローソク足がミドル…
  • 詳細へ
    2018年2月14日
    ドル円は107円割れ!下値警戒レベル上げよう[井口喜雄]
    トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。  世界的な株安を背景にしたリスク地合いから、ドル円は107円を割り込み下値を拡大しています。ドル円に弱気バイアスが漂うなか、引き続きNYダウ、米長期金利、VIX指数に注視しながらのトレードとなります。また本日は今週のメインイベントである米消費者物価指数が予定されております。戦略を練っておきましょう。 米長期金利上昇でドル円上昇……とは限らない 乱高下していたNYダウに関してFOMCメンバーからは「米経済は好調で混乱は一時的なもの」との声が聴かれます。ただし、急激に高まったボラティリティがすぐに収束するとは考えづらく、しばらくNYダウの不安定な動きには注視したいところです。NYダウが不安定でリスク局面のなか、本日は米消費者物価指数の発表が予定されており大注目です。 なぜ注目度が高いかと言えば、直近のNYダウ乱高下のトリガーが「米雇用統計ポジティブ→米長期金利上昇→株価暴落」という図式だったからです。そのため、米インフレの最重要指標である米消費者物価指数はこの「米長期金利上昇→株価暴落」シナリオを彷彿とさせます。も…
  • 詳細へ
    2018年2月14日
    【ビットレ君】使ってみたら驚いた!GMOコイン仮想通貨FX専用スマホアプリの実力&使い方解説
    もしあなたが仮想通貨FXを検討しているFXトレーダーで、FXのときと同じように使い勝手のよいスマホアプリを探しているのだとしたら、一つおすすめしたいアプリがあります。 GMOコインの仮想通貨FX専用スマホアプリ「ビットレ君」です。 この記事では、ビットレ君の入手方法やおすすめする理由、軽くですが使い方を解説しています(「軽く」説明するのは、直感的な操作が可能なので、実はあんまり説明することがないからです(笑))。 GMOコインの魅力・口座開設方法については「話題の仮想通貨をGMOコインでトレード!」「3日で3倍になった仮想通貨リップルをGMOコインが販売開始!お得なプレゼントキャンペーンも!!」をご覧ください。 1.ビットレ君の入手方法 GMOインターネットグループのGMOコインが提供する、仮想通貨FX専用スマホアプリ「ビットレ君」は、iOS版(iPhoneやiPad)とAndroid版があります。ダウンロードは、下のバナーからGMOコイン公式サイトへ移動し、サービスガイド>取引ツールと選んでいくとたどり着く「ビットレ君」紹介ページで行うのが間違いがないです。不正アプリをダウンロードし…