メニュー

FX攻略.comトップ > FX攻略.comオススメ記事 > ゼロから学ぶファンダメンタルズ分析 > 政策金利で市場金利が決まる

aprv

政策金利で市場金利が決まる

ゼロから学ぶファンダメンタルズ分析 雨夜 恒一郎 2014-03-07 18:48

金利とインフレと為替相場の微妙な関係【1/4】

今回のお題は「金利」です。為替と金利は切っても切れないほど密接なつながりがあり、為替の予想をするには先に金利の分析をしなければならないほどです。本稿では、金利はなぜ上がったり下がったりするのか、なぜ金利が高い国と低い国があるのか、そして金利はどのようにして為替市場に影響を及ぼすのかについて述べていきたいと思います。

一口に金利と言っても、さまざまな種類があります。最初に覚えていただきたいのは「政策金利」です。これは中央銀行(日本で言えば日本銀行、米国で言えばFRB=連邦準備制度)が金融政策として決めている金利です。

中央銀行制度については今回詳しくは述べませんが、中央銀行は基本的に景気やインフレを適切な水準に近づけることを目標としており、政策金利はそのための道具の一つです。すなわち、景気やインフレが強すぎる時には政策金利を引き上げ、景気やインフレが弱いときには政策金利を引き下げるのです。

政策金利は、国によってさまざまな種類や呼び名(日本で言えば無担保コール翌日物誘導目標、米国で言えばFF金利の誘導目標)がありますが、簡単に言えば金利の原価、あるいは卸値のようなものです。

政策金利

原価である政策金利が上がれば、市場で自由に取引されているさまざまな金利(市場金利といいます)も上昇します。市場金利が上昇すれば、借り入れコストが高くなり、設備投資や住宅購入などさまざまな経済活動も抑制されることになります。逆に政策金利が下がれば、借り入れコストが安くなり、経済活動が活発化することになります。こうして政策金利の上げ下げが経済にとってのブレーキになったりアクセルになったりするのです。

利上げの効果
 
利下げの効果

金利とインフレと為替相場の微妙な関係

  1. 政策金利で市場金利が決まる
  2. 金利の見通しが通貨を動かす!
  3. 高金利なら買いたくなりますが…
  4. 高金利通貨に潜む未来の罠

雨夜 恒一郎(金融アナリスト)

20年以上にわたって、スイス銀行、JPモルガン、BNPパリバなど、大手外銀の外国為替業務要職を歴任。金融専門誌「ユーロマネー」における東京外国為替市場人気ディーラーランキングに上位ランクインの経歴をもつ。2006年にフリーランスの金融アナリストに転身し、独自の鋭い視点で為替相場の情報をFX会社やポータルサイトに提供中。

雨夜 恒一郎
aprv
無料会員登録で最新&お得情報をゲット

無料会員に嬉しい3つのメリット!

豪華プレゼントが毎月当たるチャンス!
②投資に役立つメールマガジン
会員限定記事を閲覧できる!

詳しくはこちらを御覧ください。

FXサービス アクセスランキング

1日
1週間

2位:FXネオ

3位:FXTF MT4

※過去24時間のアクセスが対象
FX攻略公式ソーシャル
FX攻略.com公式FaceBookページ
FX攻略.com公式Twitter

FX攻略.comページトップへ