メニュー

FX攻略.comトップ > FX攻略.comオススメ記事 > ゼロから学ぶファンダメンタルズ分析 > 信頼性は高いがスピードにやや難があるハードデータ

aprv

信頼性は高いがスピードにやや難があるハードデータ

ゼロから学ぶファンダメンタルズ分析 雨夜 恒一郎 2014-06-20 10:00

ソフトデータで米国景気動向を読む!【1/4】

ファンダメンタルズの基本は経済指標を読むこと。世界経済の中心である米国では、実に多くの経済指標が発表されますが、それらは大きく二つに分類されます。ハードデータソフトデータです。

(FX攻略.comのホームページ内にも経済指標のカレンダーがありますのでご参照ください⇒ http://fx-koryaku.com/markets/#economicIndicator

ハードデータとは?

ハードデータとは、実際の経済活動の結果を集計したデータです。統計の種類、作成機関調査対象などによって算出方法は異なりますが、ベースとなるのは生産量、売上高や価格など客観的・具体的な数値です。

すでに解説した貿易収支と雇用統計はもちろんハードデータです。そのほか、市場で注目度が高いハードデータには、GDP(国民総生産)、小売売上高、物価指数(消費者物価・生産者物価)、住宅関連指標(住宅着工件数、新築住宅販売件数など)、鉱工業生産などがあります。

ところが、これらハードデータは、調査対象からデータを回収し、集計し、足りない部分を推計し、さらに必要に応じて季節調整する…といった手順を踏みますので、どうしても発表するのが遅くなります。

米国の場合、最も早く発表されるハードデータは雇用統計(このため米国雇用統計は非常に注目されます)ですが、それでも原則として翌月の第一金曜日。貿易収支のように発表が翌々月になるものもあります。最新のデータと言えど、鮮度はあまり高くなく、トレードに利用するには古すぎるものもあるのです。

ソフトデータで米国景気動向を読む!

  1. 信頼性は高いがスピードにやや難があるハードデータ
  2. スピード感にメリットがあるソフトデータ
  3. このソフトデータを覚えておこう!
  4. 経済指標はこう活用すべし!

雨夜 恒一郎(金融アナリスト)

20年以上にわたって、スイス銀行、JPモルガン、BNPパリバなど、大手外銀の外国為替業務要職を歴任。金融専門誌「ユーロマネー」における東京外国為替市場人気ディーラーランキングに上位ランクインの経歴をもつ。2006年にフリーランスの金融アナリストに転身し、独自の鋭い視点で為替相場の情報をFX会社やポータルサイトに提供中。

雨夜 恒一郎
aprv
無料会員登録で最新&お得情報をゲット

無料会員に嬉しい3つのメリット!

豪華プレゼントが毎月当たるチャンス!
②投資に役立つメールマガジン
会員限定記事を閲覧できる!

詳しくはこちらを御覧ください。

FXサービス アクセスランキング

1日
1週間
※過去24時間のアクセスが対象
FX攻略公式ソーシャル
FX攻略.com公式FaceBookページ
FX攻略.com公式Twitter

FX攻略.comページトップへ