メニュー

FX攻略.comトップ > FX攻略.comオススメ記事 > FXのプロの記事 > 不透明感高まるギリシャ情勢(松崎美子)

aprv

不透明感高まるギリシャ情勢(松崎美子)

FXのプロの記事 松崎 美子 2015-04-06 10:30

今月に入ってから、一気に高まってきたのが、ギリシャのデフォルト不安。事の発端は、今年2月末に期限を迎えたギリシャ金融支援について、ギリシャ政府と欧州委員会(EU)/国際通貨基金(IMF) の間で6月末まで4カ月延長したときに始まりました。ギリシャは金融支援金の最終残高である72億ユーロを受け取る条件として、民営化や労働市場や年金制度を含む構造改革の遂行を約束し、それに向けた具体的な改革案を提出し、EU側との交渉にあたっています。

しかし、「反緊縮財政策」を有権者に約束したギリシャ与党:SYRIZA党内部では、選挙公約破りを認めない強硬派の根強い反対もあり、EUとの合意になかなか至らないまま、無駄な月日が流れています。

それでも3月までは、IMFや短期債の償還を問題なく切り抜けてきましたが、ここにきて、財政資金枯渇という噂が流れはじめたのをきっかけにして、ギリシャの債務不履行(デフォルト)懸念や、Grexit(ギリシャのユーロ圏離脱)リスクが台頭してきたのです。

1月末の総選挙で、ユーロ加盟国でははじめての左翼色の強い政党が政権を取った時点で、Grexitリスクがマーケットに少しづつ織り込まれてきたこともあり、直近の相場では、この問題でユーロ売りにはなっておりませんが、いざ本当にGrexitが起きた場合、他の加盟国へ飛び火しない保証はどこにもなく、不透明感は増すばかりだと、私自身は考えています。

ここから8月末までのギリシャを取り巻くイベント

米ウォールストリートジャーナル紙を参考にして、8月末までの償還スケジュールと、欧州でのイベントを調べてみました。それによると、万が一、今月どうにかしてデフォルトを避けられても、5月以降かなり厳しい状況であるため、ギリシャ政府が一丸となり、EU側との合意に至る努力をしない限り、Grexitなり、デフォルトなりは、時間の問題といえるのかもしれません。

8月末までの償還スケジュールと、欧州でのイベント

いつギリシャの財源は枯渇するのか?

これは、誰にもわかりません。たぶん、ギリシャ政府ですら、正確なタイミングを把握していない可能性もあります。会計局の話しでは、5月中旬までは大丈夫ということになっていますが、それ以外の閣僚などは、せいぜいもって4月中旬という現実的な発言が続いています。これは確認できませんが、噂によると、ギリシャ政府は公務員給与や年金支払いを、ユーロとドラクマ両建てにする準備をすすめているという話しが聞こえてきています。

本当にIMFへの償還はされるのか?

ギリシャの副財務相は先週、4月9日に予定されているIMFへの償還は、きちんと支払うと発言していますが、政府内部では、この償還と公務員給与や年金支払い両方を払う訳にはいかないので、どちらを優先するか頭を抱えているという話しにもなっているようです。

ただし、IMFへの償還には、【1カ月のグレースピリオド(猶予期間)】がありますので、9日に払えなくても、5月第一週までは大丈夫です。そうはいっても、支払いが無理というヘッドラインが出れば、ユーロは一度大きく売られることになると、私は思っています。

記事全文を読むには会員登録が必要です。
会員登録・ログインはこちら

松崎 美子

スイス系銀行東京支店で見習いとしてトレイダー人生をスタート。1988年渡英、1989年よりバークレイズ銀行ロンドン本店Dealing Roomに就職。1991年に出産。1997年に同じくロンドン・シティーにある米系投資銀行に転職。肉体的・精神的に限界を感じ2000年に退職。現在はFX取引に加え、国内の個人投資家向けにブログやセミナーを通じて情報を発信。
運営ブログ「ロンドンFX」

松崎 美子
aprv
無料会員登録で最新&お得情報をゲット

無料会員に嬉しい3つのメリット!

豪華プレゼントが毎月当たるチャンス!
②投資に役立つメールマガジン
会員限定記事を閲覧できる!

詳しくはこちらを御覧ください。

FXサービス アクセスランキング

1日
1週間
※過去24時間のアクセスが対象
FX攻略公式ソーシャル
FX攻略.com公式FaceBookページ
FX攻略.com公式Twitter

FX攻略.comページトップへ