メニュー

FX攻略.comトップ > FX攻略.comオススメ記事 > FXを始める前に知っておきたいこと > トレンドを追う攻めの損切り、トレール注文を使いこなす

aprv

トレンドを追う攻めの損切り、トレール注文を使いこなす

FXを始める前に知っておきたいこと FX攻略.com 2015-09-25 13:00

特集:FX初心者が最初に万能型FX口座を選ぶべき理由

リスクを一定に保ちトレンドを追う

FXで利益を出すなら、リスクから自分を守るための損切りは必須です。ですが、トレンドが伸びそうな局面なら、より大きな利益を狙う攻めの損切り設定である「トレール注文」が有効です。

この記事では注文方法が豊富な外為どっとコムを例に、トレール注文の基本と使い方を解説していきます。

1.トレール注文は損切り注文の応用形

1-1.損切りができない人は確実に退場する

スキャルピングでもデイトレードでもスイングトレードでも、損切りをちゃんとすることはトレードを続けるためにもっとも重要なことです。相場が予想と逆に進むことへのリスクに対して常に備えることで、投資資金が大幅に減少することを防ぎます。

損切りのための注文は逆指値と呼ばれる注文を主に使うことになります。逆指値注文とは、「投資家にとって都合の悪い方向に値段が進んだときにヒットする予約注文」のことで、すでに買いポジションを持っているなら今より安いレートで、売りポジションを持っているなら今より高いレートに設定することになります。

ポジションを持ったらすぐにこの逆指値注文をセットしておくことで、想定以上に損失が広がることを食い止めてくれるというわけです。

1-2.損切り価格がスライドするのがトレール

トレール注文

■1-2-1.トレンドが伸びれば逆指値もついていく

この損切り注文の応用パターンがトレール注文です。通常の損切り注文と違うのは、設定した逆指値のレートがトレンド方向にスライドしていくところ。

たとえば100円で買いポジションを持っている状況で、1円下がった99円で損切りをする場合、通常の逆指値ならその後いくら上昇しようとこの99円はそのままです。ところがトレール注文の場合は、相場が上昇するにつれ、この99円という逆指値設定も上昇していきます。レートが101円になれば損切りの価格は100円になります。102円になれば101円が逆指値の価格です。そう、1円の損切り幅を維持した状態で、トレンド方向への動きに逆指値がついていくのです。

この動きにより、トレンドが続けば続くほど、損切りの設定も自分にとって好ましい方向(買いなら上、売りなら下)に追従するため、損失の幅が狭まっていき、やがて利益の幅が大きくなっていきます。

■1-2-2.トレンドに逆行しても逆指値はそのまま

それでは逆に、トレール注文を設定している状態でトレンドと逆行した場合はどうなるのでしょうか。この場合、逆指値注文はそのまま動きません。100円で買い、1円下の99円にトレール注文がある状態で99.5円に下落しても、損切り価格は99円でそのままです。

これはある意味当たり前で、損切り価格が下落に応じて下がっていったら、いつまでたっても損切りにならず、結果的にポジションを持ったまま放置していることと同じになります。

上記の例でいえば、そのまま99円まで落ちたら損切りになりますし、再度上昇して100円より高くなればトレール価格も上昇していきます。つまりトレール価格は、最初に設定した損切り幅よりも広がればトレンド方向についていってその幅を保ち、縮まった場合はそのままということになります。

2.トレール注文は攻めの損切り設定

2-1.【メリット】トレンドをずっと追いかけていく

トレンドが伸びれば利益が拡大する方向に決済価格もスライドしていくため、トレンドが続くほど利益も伸ばすことができます。

2-2.【デメリット】頂点や底で利確できない

上の画像にもある通り、必ず相場が反転したところでの決済になります。上昇時なら反転下落後、下降時なら反転上昇後の決済となるため、最高到達点(上昇なら山の頂点、下降なら谷の底)で利食いすることはできません。

2-3.【結論】利食い幅が狭くなる可能性を承知でトレンドを追う攻めの注文

メリットとデメリットを見ればおわかりいただけるように、利食い幅が狭くなるリスクはあるものの、大きなトレンドについていくことができるトレール注文は、攻めの損切り設定といえるでしょう。

3.どんなタイミングでトレール注文が有効?

3-1.大暴落・大暴騰の相場

記憶に新しいところだと、2015年8月24日に発生した大相場のような、一瞬で数円も動くような局面なら、相場の激しい動きをトレール注文が追跡してくれるため、一気に利益を伸ばすことができます。

3-2.利益が十分乗っている状態からのダメ押し狙い

すでに利益が十分乗ったポジションに対し、さらなる利益拡大を狙ってトレール注文を設定する戦略もありでしょう。「ここから反転してもすでにプラス決済」という状態で、さらにトレンドが伸びそうならトレールに切り換えて放置するのも良いでしょう。

また、裁量トレーダーのなかには、相場が思うように進んでいくにつれ、損切り価格を手動で切り上げていく方もいますが、トレール注文を使えばその作業が自動的に行われるので、一度設定したらパソコンを閉じてOKです。

 

月刊 FX攻略.com 2017年5月号

発売:2017年3月21日 (火)

定価:[紙版]750円 [デジタル版]600円

毎月21日発売

年間定期購読のご案内

年間定期購読なら11冊分の料金でOK!1冊分お得です!
さらにお得な学割もあります!

【年間定期購読】
1年(12冊) 8,250円1冊あたり688円 8%OFF

全国の各書店でお買い求めいただける他、各種ネット書店でお買い求めいただけます

Fujisan.co.jp

  • 紙版
  • 電子書籍
  • 定期購読

マガストア

  •  
  • 電子書籍
  •  

Amazon

  •  
  • 紙版
  •  

楽天ブックス

  • 紙版
  • 電子書籍
  • 定期購読

※電子書籍、定期購読はFujisan.co.jpの扱いとなります

aprv
無料会員登録で最新&お得情報をゲット

無料会員に嬉しい3つのメリット!

豪華プレゼントが毎月当たるチャンス!
②投資に役立つメールマガジン
会員限定記事を閲覧できる!

詳しくはこちらを御覧ください。

FXサービス アクセスランキング

1日
1週間

1位:FXネオ

2位:FXTF MT4

5位:DMMFX

※過去24時間のアクセスが対象
FX攻略公式ソーシャル
FX攻略.com公式FaceBookページ
FX攻略.com公式Twitter

FX攻略.comページトップへ