メニュー

FX攻略.comトップ > FX攻略.comオススメ記事 > FXのプロの記事 > ディーラーによる今週のドル円「いよいよ!決戦は金曜日」(国府勇太)

aprv

ディーラーによる今週のドル円「いよいよ!決戦は金曜日」(国府勇太)

FXのプロの記事 国府 勇太 2016-06-20 10:30

特集:どうなる英国のEU離脱問題!FXへの影響を考えてみる

こんにちは。国府勇太です。では、今週の米ドル/円の見通しを見ていきましょう。見るのは日足です。

先週を一言で表すと「日銀会合で大幅下落」です。

先週は下げ、週の頭から下げてきて、16日(木)に日銀会合の発表があり一気に円高が加速しました。

黒田総裁の「次の一手」を期待していたマーケットですが、「マイナス金利の効果を見定めたいので、現状維持」という肩すかしをくらい、失望感から米ドル/円は大きく下落しました(円買い)。

今週の見通し「100円の前に意識するところ」

すでに大きく下げている米ドル/円。

俯瞰してみましょう。見るのは週足です。

みると、円安局面の前にもみ合っていた下値101円がマーケットが注目するレベルになります。

心理的節目である100円割れも多くのエコノミストが示唆していますが、まずはテクニカルポイントである「101円」を割るかに注目しています。

一方、下記のブレグジットの結果次第では大きく反発も考えられます。

今週最大の注目は、BREXIT(ブレグジット)

今週はなんといってもBREXIT(ブレグジット)。
「イギリスがEUを離脱するかどうか」に市場の注目が集まります。

現在、国民投票の結果の見通しはかなり拮抗しています。

「拮抗」ということはマーケットはどちらにも大きく動きうる危険な状態ということです。

一部主要FX会社ではポジション制限を課したり、外資系銀行でプライスを出さないのではないかとも言われており、かなり現場は混乱しています。

「一攫千金」を夢見て安易なポジションを持つことは絶対に避けて下さい。

FXは「ロスカット」が追い付かないくらいにレートが一気に動くことがあり、そうなると投じた資産以上に損をする「不足金」が生じるということも起こりえます。

具体的に動くのはいつ?

国民投票の日程は以下です。下記はいずれも日本時間です。

■ 投票
6月23日(木)午後3時から翌24日(金)午前6時まで。

※マスコミ各社の出口調査は予定されていないそうです。

■ 開票
6月24日(金)午前7時半から10時半に大半が判明

以上から、「動くのは24日金曜の午前中」ということになりそうです。

このブレグジット、結果次第では意外と肩すかしになることも考えられます。

しかし、想定できるリスクをしっかり管理することはFXで生き残るには必須です(退場してしまっては元も子もないです)。

では、今週もリスク管理に気をつけて頑張りましょう。

記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。

国府 勇太(ディーリング部)

ワイジェイFX株式会社

慶應義塾大学卒。大学院時代にFXを知りその魅力に取りつかれ、より深く知りたいとの思いからヤフーグループのYJFX!に入社。現在ディーリング部にて主要通貨のディールを担当。
「マネーライフの課題解決」がモットーで、わかりやすい解説に定評がある。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト。

国府 勇太
aprv
無料会員登録で最新&お得情報をゲット

無料会員に嬉しい3つのメリット!

豪華プレゼントが毎月当たるチャンス!
②投資に役立つメールマガジン
会員限定記事を閲覧できる!

詳しくはこちらを御覧ください。

FXサービス アクセスランキング

1日
1週間

1位:FXネオ

2位:FXTF MT4

5位:DMMFX

※過去24時間のアクセスが対象
FX攻略公式ソーシャル
FX攻略.com公式FaceBookページ
FX攻略.com公式Twitter

FX攻略.comページトップへ