メニュー

FX攻略.comトップ > FX攻略.comオススメ記事 > 編集部コラム > 英国EU離脱確定!そのときFX相場はこう動いていた

aprv

英国EU離脱確定!そのときFX相場はこう動いていた

編集部コラム FX攻略.com 2016-06-24 19:12

特集:英国がまさかのEU離脱!今後のFX相場はどうなる?

英国のEU離脱を問う国民投票が現地時間の23日に行われ、開票の結果離脱が確定しました。

NHK NEWS WEB イギリス国民投票

この国民投票の影響を強く受け、23日(木)、24日(金)の為替相場も大荒れの展開に。ただし、国民投票から予想される結果と、相場の値動きは必ずしも時間的に一致しているわけではない点に注目です。

一般に英国のEU離脱は、EUそのものの評価を下げることにつながり、それがひいてはリスクオフ=円高・株安の材料といわれています。逆に残留はリスクオンなので、円安・株高の材料です。

▼参考
EU残留がメインシナリオか(井口喜雄)

国民投票の前までは、2014年のスコットランド独立の住民投票のように、最終的には現状維持になるのではないかという見方が強く、残留派が優勢でした。為替の値動きもそれを織り込んでいてたと見てよく、米ドル/円は106円台、ポンド/米ドルは1.55台、ポンド/円は160円台をつけていました。

大方の予想を覆して英国民は離脱を選択

ところがフタを開けてみれば、態度を決めかねていた層のなかで離脱を選択する人が予想よりも多く、一気にリスクオンの円高へ。EUにとどまっていると、経済的に豊かな英国にEU圏内からどんどん人が押し寄せ、医療や教育などの行政サービスに致命的な悪影響が出ているみたいです。

そして24日(金)の正午前に、米ドル/円が一時99円を割り込む水準まで暴落しました。


米ドル/円 1時間足


ポンド/米ドル 1時間足

ポンド/円 1時間足

しかし24日(金)19時の時点での為替相場は、このお昼の暴落が結果的に底値に。その後に国民投票の結果が出て離脱確定となっても、リスクオフにはならず3通貨ペアともに上昇を続けています。「離脱だから円高、売り!」と機械的にトレードをしていたら、大きな損失を出す可能性がある展開です。

また、最安値をつけた正午前の時点では、FX会社数社はどこもスプレッドが極端に開いており、マーケットの急な動きが価格がつかない状態だったことがうかがえます。

その後、マーケットが沈静化していくにしたがって、スプレッドもいつもの数値に近づいていますが、通貨ペアによっては通常時よりもかなり広くなっています。

どちらにせよ、ボラティリティが不自然に大きいこともあり、この相場に参入するのならかなり慎重な行動が求められるといえるでしょう。

ニュースのみでの売り買いは危険

もうひとつ、ニュースを鵜呑みにした単純な売買は、危険であることもつけくわえておきます。英国のEU離脱は世界経済から見て悪いニュースですが、悪材料の出尽くしと見ることもできます。

相場におけるほとんど全部の結果は事前に予想されていて、それに基づいた売買が「織り込む」という形ですでに行われています。だから、単一なニュースを、そのまま新規エントリーの材料にしてはいけないのです。今回の場合であれば、「噂で売って、ニュースで買う」といったところでしょうか。

来週以降の相場の展開を注視していきましょう。

月刊 FX攻略.com 2017年6月号

発売:2017年4月21日 (金)

定価:[紙版]750円 [デジタル版]600円

毎月21日発売

年間定期購読のご案内

年間定期購読なら11冊分の料金でOK!1冊分お得です!
さらにお得な学割もあります!

【年間定期購読】
1年(12冊) 8,250円1冊あたり688円 8%OFF

全国の各書店でお買い求めいただける他、各種ネット書店でお買い求めいただけます

Fujisan.co.jp

  • 紙版
  • 電子書籍
  • 定期購読

マガストア

  •  
  • 電子書籍
  •  

Amazon

  •  
  • 紙版
  •  

楽天ブックス

  • 紙版
  • 電子書籍
  • 定期購読

※電子書籍、定期購読はFujisan.co.jpの扱いとなります

aprv
無料会員登録で最新&お得情報をゲット

無料会員に嬉しい3つのメリット!

豪華プレゼントが毎月当たるチャンス!
②投資に役立つメールマガジン
会員限定記事を閲覧できる!

詳しくはこちらを御覧ください。

FXサービス アクセスランキング

1日
1週間

2位:FXネオ

※過去24時間のアクセスが対象
FX攻略公式ソーシャル
FX攻略.com公式FaceBookページ
FX攻略.com公式Twitter

FX攻略.comページトップへ