メニュー

FX攻略.comトップ > FX攻略.comオススメ記事 > FXのプロの記事 > Brexitで混乱のマーケット、その展望は如何に!(井口喜雄)

aprv

Brexitで混乱のマーケット、その展望は如何に!(井口喜雄)

FXのプロの記事 井口喜雄 2016-06-29 14:05

特集:英国がまさかのEU離脱!今後のFX相場はどうなる?

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

Brexitではリーマンショックを超える変動率となりました。今回イギリスのEU離脱をきっかけにリーマンショックのような世界的な金融危機に至るようなことはあるのでしょうか。Brexit後の展望を考えていきたいと思います。

欧州以外の国に与える影響は限定的か

Brexit後の展望については多くの見解が出ています。欧州に限定されたものであり、世界全体を巻き込むことはないとの考えから、リーマンショックのような世界的恐慌の始まりであるとの声も聞こえてきます。私自身現段階では、欧州以外の国に与える影響は限定的とみています。しかし、スコットランドの独立や、EUの離脱ドミノが発生して今以上の混乱が出てこないとは言えません。EU離脱ショックの影響を見極めるにはもう少し時間がかかりそうです。

そうした中、わかっていることといえば、イギリスのEUの離脱をうけ、各国が緩和政策を進めていくということです。まず、FRBでは7月の利上げを見送るでしょう。その後も米大統領選が本格化するなか、利上げを実地できるかには大きな疑問が残ります。今年中の利上げはできない可能性もあり、ドルは今後上値が重くなると予測しています。

テクニカル面でもドル円は下落トレンドに

一方、日銀も何らかの緩和策を実施してくるでしょうが、マイナス金利や、国債の買い入れは小規模の緩和にとどまるようであれば、円高に振れやすくなります。米ドル/円は日米の緩和政策の内容次第ではありますが、やや下目線です。また、短期的にも米長期金利が低下するなか、戻りはあまり期待できないように思います。

テクニカル面でも米ドル/円は一目均衡表の雲を大きく下回っているほか、5日、25日、75日の移動平均はいずれもマイナスに傾いており、下落トレンドと確認できます。また、節目の100円は一度ブレイクされているため、サポートにはなりにくい状況です、一方上値は前週末安値99円からの戻り高値である103.20円付近が意識されます。

ポンドは積極的に買いにくい展開

ポンドに関してはリスクオフの展開がもう少し続くように思います。イギリスは今後、2年間かけてEUと離脱交渉を行うため、随分と先の話に聞こえますが、現状でも不透明感が多く、ポンドを積極的に買いにくい展開です。

  1. 世界の金融センターとしての立場の失墜
  2. 英首相の辞任による政治的混乱
  3. スコットランドで再び独立に関する国民投票を求める動き

上記にあるような不透明感が払しょくされなければ1992年のポンド危機のようにファンド勢が売りを仕掛けてくる可能性もあります。また、英中銀はポンド安を歓迎すると見ており、ポンド買い介入の可能性は低いのではないでしょうか。参加者の売買を見るかぎり反発期待をしているようですが、ポンドに関してはもう一段下があるとみておいたほうがいいかもしれません。

【ご注意】

※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

 

井口喜雄(市場部ディーリング課)

トレイダーズ証券

認定テクニカルアナリスト。1998年より金融機関に従事し、主に貴金属や石油製品のコモディティー市場を中心としたカバーディーリング業務に携わる。2009年からみんなのFXに在籍し、米ドル/円や欧州主要通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評あり。

井口喜雄
aprv
無料会員登録で最新&お得情報をゲット

無料会員に嬉しい3つのメリット!

豪華プレゼントが毎月当たるチャンス!
②投資に役立つメールマガジン
会員限定記事を閲覧できる!

詳しくはこちらを御覧ください。

FXサービス アクセスランキング

1日
1週間

1位:FXネオ

4位:DMMFX

※過去24時間のアクセスが対象
FX攻略公式ソーシャル
FX攻略.com公式FaceBookページ
FX攻略.com公式Twitter

FX攻略.comページトップへ