メニュー

FX攻略.comトップ > FX攻略.comオススメ記事 > FXのプロの記事 > 基礎用語② FXのリスクを理解するのに必要な用語(月光為替)

aprv

基礎用語② FXのリスクを理解するのに必要な用語(月光為替)

FXのプロの記事 月光為替 2016-09-01 08:00

月光為替の「だからお前は稼げない」【25/57】

今回はFXのリスクに関わる用語の紹介です。

リスクの定義にはさまざまありますが、ここでは用語紹介がメインですので、あまりリスクという概念の深くには立ち入らず(とても奥が深いです)よく聞く用語に絞って話を進めていきましょう。 

ボラティリティとは値動きの変化率

まずは、リスクとは切っても切り離せないボラティリティという言葉です。 

ボラティリティってよく聞くけど、実際よく分からないという方もいらっしゃるかと思います。

ボラティリティというのは、簡単に言うと、値動きの変化率のことです。 

たとえば、ある日米ドル/円が一日に2円動いたとしましょう。

これは、普段の一日の値幅に比べて、明らかに大きい動きです。

このような場合、「ボラティリティが高い/大きい」といいます。トレーダーの中には、ボラが大きい、と略す人もよくいますので、ボラ=ボラティリティ=値動きの幅、と理解しましょう。

なぜこれがリスクと関係あるのかというと、たとえばいつも米ドル/円を朝に1000通貨単位買って、夜に売る、ということを繰り返す人がいたとしましょう。 

普段だったら、一日の値幅が50銭=50pipsだとしましょう。この場合、最大で負けても、一日大体500円の損失です。

ですが、もしある日、ボラが大きく、2円動いたとすると、この日の一日の最大損失は2000円となります。

普段より、大きく負ける可能性がありますよね? こういった場合、普段よりリスクが高いと考えることができます。

こうしたボラティリティリスクを減らしたいのであれば、たとえばボラが大きそうな日の取引額を少なくすればいいわけです。 

こういった理由から、リスクの代表としてボラティリティは捉えられています。 

流動性=リクイディティ

他に、大きくリスクに関わる言葉で、聞きなれない言葉に流動性=リクイディティというものがあります。

流動性というのは、そのマーケットにどれくらい取引があるかのことです。たとえば米ドル/円ですと、一日の取引額が何十兆円にも上ります。

これだけ大きな取引量があれば、よほどのことが起きない限り、前回いったような値が決まらないということはありません。

ですが、たとえば米ドル/フランなんかですと、米ドル/円の1/6程度しか取引量がなかったりします。

ですので、大きなイベントの時に、値が決まらないなんてことが起こり得るわけです。

値が決まらなかったり、自分に大きく不利なレートに約定する場合、普段より損をする可能性がありますよね? ですので、リスクにリクィディティが直結してくるわけです。 

まとめ:リスクとリターンの関係

それでは、まとめとして、「リスクとリターンの関係」について、お話ししていきます。

例えばボラティリティのリスクを取りたくなければ、先程いったように取引額を少なくすることで、このリスクを減らすことができます。 

リクィティティリスクを減らしたければ、ユーロ/米ドルや米ドル/円など、取引量の多い通貨ペアに絞って取引すればこのリスクは減らせます。

ですが、このようにリスクを減らせば減らすほど、期待リターンも勿論落ちていきます。

例えば、一日に2円動く日に、同じ取引量でやれば、普段の4倍の儲けが得られる可能性があります。

スイスショックで一時4000pips以上5分でスイスフランが動きましたが、これは米ドル/円でいう40円。これは逆に行けば大損ですが、上手くいけば天国のような儲けを得ることができます。

つまり、リスクがあるからこそ、リターンは得られるというわけです。
ではトレーダーの仕事は何か、それは、「リスクを抑えながらリターンを得ること」です。 

リスクをとるのはどんな人間にでもできます。リスクを極力抑えながらリターンを得るからこそ、トレーダーは普通の人間とは違うということになるわけです。

ですので、日々自分のトレードの「リスク」について考え、リスクを最小化するための努力を続けていく必要があります。

では、次回は、このジェネラルな用語説明の最終回として、「取引そのものにまつわる用語」を扱いたいと思います。そこから、ファンダメンタルズやテクニカルのめくるめく知識の世界に入っていきたいと思います。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替の「だからお前は稼げない」

  1. 正しく学べばFXでは最低限稼げる普通のプレイヤーになれる!(月光為替)
  2. 稼げるトレーダーへの第一歩は上か下かの二択ゲームからの脱却!(月光為替)
  3. 上がるか下がるかを予想することの無意味さ(月光為替)
  4. 予想を外しても儲けることのできるカラクリとは(月光為替)
  5. 「予想を外しても儲けることができる」の実現を妨げる5つの障害(月光為替)
  6. 第一の障害「情報の氾濫」溢れる情報を前にどう振る舞うべきか(月光為替)
  7. FXに溢れる情報の取捨選択方法〜まずは1つの分野を極めること!(月光為替)
  8. 第二の障害「確率と利幅」確率を理解していない人の多くは手法ジプシーになる(月光為替)
  9. マーケットの世界に“絶対”は存在しない(月光為替)
  10. 期待値を理解していない間は初心者止まり(月光為替)
  11. 期待値と値幅の罠に嵌るな(月光為替)
  12. 第三の障害「一貫性のある手法確立への障害」一貫できない理由とは?(月光為替)
  13. 連敗を怖がるから稼げない(月光為替)
  14. 感情に任せた「ルール破り」は負けて当然(月光為替)
  15. 「ルール破り」を「ルール改善」へ変えていく1つのアイデア(月光為替)
  16. 第四の障害「ブラックスワンへの配慮のなさ」(月光為替)
  17. ブラックスワンの対処法を知らないから稼げない(月光為替)
  18. ストップロスを入れない、ポジションサイズを気にしないから稼げない(月光為替)
  19. 第五の障害「メンタル的な障害」(月光為替)
  20. 3つの代表的なメンタルブレーキ(月光為替)
  21. メンタルブレーキを取り除く最も簡単な方法とは?(月光為替)
  22. “考え方”から“知識”へ(月光為替)
  23. FXで稼ぐために必ず身に着けておかなければならない3つの知識(月光為替)
  24. 基礎用語① FXを知るために一般的に必要な用語(月光為替)
  25. 基礎用語② FXのリスクを理解するのに必要な用語(月光為替)
  26. 基礎用語③ 取引に関する用語(月光為替)
  27. ファンダメンタルズにまつわる用語を覚える上で気をつけること(月光為替)
  28. ファンダメンタルズを見る際に重要なこと(月光為替)
  29. 金利水準を見ていく上で重要なファンダメンタルズ用語(月光為替)
  30. FRBの二大業務[その1]金融政策について(月光為替)
  31. FRBの二大業務[その2]公開市場操作について(月光為替)
  32. いまのマーケットを知る上で欠かせない“非伝統的”金融政策の知識(月光為替)
  33. “非伝統的”金融政策の話 その2(月光為替)
  34. 番外編|マイナス金利政策導入による経済への影響(月光為替)
  35. “非伝統的”金融政策の話 その3(月光為替)
  36. 番外編|トランプ大統領実現の影響と為替戦略(月光為替)
  37. 将来の米国の金利水準を計算する方法(月光為替)
  38. FRBの金利に対する考え方を探る|ドットチャート活用法(月光為替)
  39. FOMC声明文と議事要旨|ファンダメンタルズ分析する上で重要な資料の読み方(月光為替)
  40. FXトレードで注目すべき2つの経済指標とは(月光為替)
  41. 番外編【実例】FOMC声明文を読み解く(月光為替)
  42. 経済指標のグルーピング(各国共通の指標と米国独自の指標)(月光為替)
  43. FXに活かす経済指標|PPI(生産者物価指数)とは?(月光為替)
  44. FXに活かす経済指標|CPI(消費者物価指数)とは?(月光為替)
  45. FXに活かす経済指標|貿易収支とは?(月光為替)
  46. 番外編|1/31・2/1開催FOMC会合を分析してみた(月光為替)
  47. FXに活かす経済指標|鉱工業生産とは?(月光為替)
  48. 番外編|今後の日米経済動向、通商動向とドル円の行方 その1(月光為替)
  49. 番外編|今後の日米経済動向、通商動向とドル円の行方 その2(月光為替)
  50. 番外編|今後の日米経済動向、通商動向とドル円の行方 その3(月光為替)
  51. 番外編|今後の日米経済動向、通商動向とドル円の行方 最終回(月光為替)
  52. FXに活かす経済指標|小売売上高とは?(月光為替)
  53. FXに活かす経済指標|GDPとは?(月光為替)
  54. FXに活かす経済指標|製造業PMIとは?(月光為替)
  55. 番外編|緊迫する北朝鮮事情〜今後の動向と相場予測(月光為替)
  56. FXに活かす経済指標|サービス業PMIとは?(月光為替)
  57. FXに活かす米国独自の経済指標|雇用統計とは?(月光為替)

月光為替(国内ヘッジファンドの裁量トレーダー)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだす。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

月光為替
aprv
無料会員登録で最新&お得情報をゲット

無料会員に嬉しい3つのメリット!

豪華プレゼントが毎月当たるチャンス!
②投資に役立つメールマガジン
会員限定記事を閲覧できる!

詳しくはこちらを御覧ください。

FXサービス アクセスランキング

1日
1週間

1位:DMMFX

※過去24時間のアクセスが対象
FX攻略公式ソーシャル
FX攻略.com公式FaceBookページ
FX攻略.com公式Twitter

FX攻略.comページトップへ