メニュー

FX攻略.comトップ > FX攻略.comオススメ記事 > FXのプロの記事 > FRBの二大業務[その2]公開市場操作について(月光為替)

aprv

FRBの二大業務[その2]公開市場操作について(月光為替)

FXのプロの記事 月光為替 2016-10-13 08:50

月光為替の「だからお前は稼げない」【31/57】

今回はFRBの金融政策におけるもう一つの主役である、公開市場操作についてお話ししていきます。

公開市場操作とは? 

公開市場操作とは、中央銀行が、市場で国債や手形などを売買することで、マネタリーベースを操作し、マネーサプライや金利に影響を与えるという施策です。

マネタリーベースとは現金の発行されている通貨と、民間金融機関の中央銀行に預けているお金の合計を言います。

そして、マネーサプライとは、金融機関や政府を除いた、いわゆる民間の市中に流通している貨幣の量のことを言います。 

なにがなんだかで難しい言葉ばかりですが、かなり単純化すると、マネ―サプライとは我々が実生活で使ったりすることのできる、世間にまわっているお金の量で、マネタリーベースというのはそこに銀行が持っているお金を足したものと考えればよいと思います。厳密なことを覚える必要はありませんので。

マネーサプライが増えているというのは、単純化すると我々の懐があったかくなっているということで、減っていると厳しい、ということになります。 

公開市場操作というのは、中央銀行が国債等の売買を通じて、このマネーサプライ=我々の懐をあったく、もしくは冷たくしようと操作することをいうのです(実際は簡単にはいきません)。

売りオペレーションと買いオペレーション 

具体的な手段として2つ中央銀行には施策があります。それが、売りオペレーションと買いオペレーションです。皆さんも名前くらいは聞いたことがあると思います。

売りオペレーションとは、中央銀行が民間銀行に国債などを売ることです。この場合、銀行の持つお金が減るので(国債を買うためにお金を支払わなければならない)、マネタリーベースが減ることになります。 

買いオペレーションは逆で、国債などを民間銀行から買います。となると、銀行は代金を受け取るので、マネタリーベースが増えます。 

マネタリーベースが増減すると…

マネタリーベースが増えれば、民間金融機関が資金を市中に流していく、つまりお金を企業などにどんどん貸していく“可能性”があります。そうなれば、マネーサプライも増え、お金を借りた企業が設備投資など事業投資をして、お金を儲ければ民間人の給与も上がることとなり、懐もあったかくなる“可能性”があるわけです。

さらに、銀行がお金じゃぶじゃぶになれば、銀行が金利を引き下げる“可能性”もあります。 

マネタリーベースが減れば、逆のことが起きるわけですね。

つまり、簡単に言うと、

  • 【売りオペレーション】=マネタリーベースが減る=金利が上がったり、マネーサプライが減る、金融引締め的な事象が起こる“可能性”
  • 【買いオペレーション】=マネタリーベースが増える=金利が下がったり、マネーサプライが増えて、金融緩和的な事象が起こる“可能性”

となるわけです。

なので、公開市場操作で「買いオペなら通貨下落」「売りオペなら通貨上昇」というイメージを持っておいていただければと思います。今回も、ヘビーですのでここまでにしたいと思います。

まとめ FRBとFOMCに注目が集まる理由

FRBやFOMCが最注目なのは、前回と今回の記事で説明した、金融政策の方針を決定する機関と会合だからなのです。

そして、ここで決まった決定が、将来のドルの金利に対する観測に大きく影響を与え、それが為替相場を動かす一因となるわけですね。ファンダメンタルズ分析においては最も重要といえるパートでしょう。

今のマーケットを知るには伝統的金融政策の知識だけでは足りない 

と、ここまではよく教科書にある“伝統的金融政策”といわれるものでした。 

ですが、昨今米国は金利を上げましたが、金融緩和戦争とでもいうべき世界中での金融緩和政策合戦で、いわゆる“伝統的”な金融政策では物足りないということで、“非伝統的”金融政策がかなり多く出てきました。 

ですので、この部分を抑えておかなければ、今のマーケットニュースはよく分からないということになります。

ということで、次回は“非伝統的”金融政策について、お話しをしていきたいと思います。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替の「だからお前は稼げない」

  1. 正しく学べばFXでは最低限稼げる普通のプレイヤーになれる!(月光為替)
  2. 稼げるトレーダーへの第一歩は上か下かの二択ゲームからの脱却!(月光為替)
  3. 上がるか下がるかを予想することの無意味さ(月光為替)
  4. 予想を外しても儲けることのできるカラクリとは(月光為替)
  5. 「予想を外しても儲けることができる」の実現を妨げる5つの障害(月光為替)
  6. 第一の障害「情報の氾濫」溢れる情報を前にどう振る舞うべきか(月光為替)
  7. FXに溢れる情報の取捨選択方法〜まずは1つの分野を極めること!(月光為替)
  8. 第二の障害「確率と利幅」確率を理解していない人の多くは手法ジプシーになる(月光為替)
  9. マーケットの世界に“絶対”は存在しない(月光為替)
  10. 期待値を理解していない間は初心者止まり(月光為替)
  11. 期待値と値幅の罠に嵌るな(月光為替)
  12. 第三の障害「一貫性のある手法確立への障害」一貫できない理由とは?(月光為替)
  13. 連敗を怖がるから稼げない(月光為替)
  14. 感情に任せた「ルール破り」は負けて当然(月光為替)
  15. 「ルール破り」を「ルール改善」へ変えていく1つのアイデア(月光為替)
  16. 第四の障害「ブラックスワンへの配慮のなさ」(月光為替)
  17. ブラックスワンの対処法を知らないから稼げない(月光為替)
  18. ストップロスを入れない、ポジションサイズを気にしないから稼げない(月光為替)
  19. 第五の障害「メンタル的な障害」(月光為替)
  20. 3つの代表的なメンタルブレーキ(月光為替)
  21. メンタルブレーキを取り除く最も簡単な方法とは?(月光為替)
  22. “考え方”から“知識”へ(月光為替)
  23. FXで稼ぐために必ず身に着けておかなければならない3つの知識(月光為替)
  24. 基礎用語① FXを知るために一般的に必要な用語(月光為替)
  25. 基礎用語② FXのリスクを理解するのに必要な用語(月光為替)
  26. 基礎用語③ 取引に関する用語(月光為替)
  27. ファンダメンタルズにまつわる用語を覚える上で気をつけること(月光為替)
  28. ファンダメンタルズを見る際に重要なこと(月光為替)
  29. 金利水準を見ていく上で重要なファンダメンタルズ用語(月光為替)
  30. FRBの二大業務[その1]金融政策について(月光為替)
  31. FRBの二大業務[その2]公開市場操作について(月光為替)
  32. いまのマーケットを知る上で欠かせない“非伝統的”金融政策の知識(月光為替)
  33. “非伝統的”金融政策の話 その2(月光為替)
  34. 番外編|マイナス金利政策導入による経済への影響(月光為替)
  35. “非伝統的”金融政策の話 その3(月光為替)
  36. 番外編|トランプ大統領実現の影響と為替戦略(月光為替)
  37. 将来の米国の金利水準を計算する方法(月光為替)
  38. FRBの金利に対する考え方を探る|ドットチャート活用法(月光為替)
  39. FOMC声明文と議事要旨|ファンダメンタルズ分析する上で重要な資料の読み方(月光為替)
  40. FXトレードで注目すべき2つの経済指標とは(月光為替)
  41. 番外編【実例】FOMC声明文を読み解く(月光為替)
  42. 経済指標のグルーピング(各国共通の指標と米国独自の指標)(月光為替)
  43. FXに活かす経済指標|PPI(生産者物価指数)とは?(月光為替)
  44. FXに活かす経済指標|CPI(消費者物価指数)とは?(月光為替)
  45. FXに活かす経済指標|貿易収支とは?(月光為替)
  46. 番外編|1/31・2/1開催FOMC会合を分析してみた(月光為替)
  47. FXに活かす経済指標|鉱工業生産とは?(月光為替)
  48. 番外編|今後の日米経済動向、通商動向とドル円の行方 その1(月光為替)
  49. 番外編|今後の日米経済動向、通商動向とドル円の行方 その2(月光為替)
  50. 番外編|今後の日米経済動向、通商動向とドル円の行方 その3(月光為替)
  51. 番外編|今後の日米経済動向、通商動向とドル円の行方 最終回(月光為替)
  52. FXに活かす経済指標|小売売上高とは?(月光為替)
  53. FXに活かす経済指標|GDPとは?(月光為替)
  54. FXに活かす経済指標|製造業PMIとは?(月光為替)
  55. 番外編|緊迫する北朝鮮事情〜今後の動向と相場予測(月光為替)
  56. FXに活かす経済指標|サービス業PMIとは?(月光為替)
  57. FXに活かす米国独自の経済指標|雇用統計とは?(月光為替)

月光為替(国内ヘッジファンドの裁量トレーダー)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだす。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

月光為替
aprv
無料会員登録で最新&お得情報をゲット

無料会員に嬉しい3つのメリット!

豪華プレゼントが毎月当たるチャンス!
②投資に役立つメールマガジン
会員限定記事を閲覧できる!

詳しくはこちらを御覧ください。

FXサービス アクセスランキング

1日
1週間

1位:DMMFX

※過去24時間のアクセスが対象
FX攻略公式ソーシャル
FX攻略.com公式FaceBookページ
FX攻略.com公式Twitter

FX攻略.comページトップへ