メニュー

FX攻略.comトップ > FX攻略.comオススメ記事 > 編集部コラム > FX攻略.com1号目から変わらないこと(鹿内武蔵)

aprv

FX攻略.com1号目から変わらないこと(鹿内武蔵)

編集部コラム 鹿内 武蔵 2016-10-26 08:00

創刊当時を振り返る…そんなところまで来た

2016年11月号で、FX攻略.comは創刊して100号目。私はこの本が誕生する直前に編集部の一員となり、1号目から100号目まで、リアルタイムに関わってきました。

創刊号の表紙を飾ったのは小倉優子さんでした。当時の私はFXを学び始めた直後といった状態で、あくまでゆうこりんの本物を見てみたいという動機だけで取材当日に編集部に行ったところ、当時の編集長が、「鹿内、おまえがインタビューしろ」と。マジですか! ということで、あわてて周囲にある本を読みあさり、最低限の知識を身につけただけの、ほぼ徒手空拳状態でインタビューに及んだことを思い出しました。いやはや、あの頃はみんな若かった。

FXのあまりの扱いの悪さに憤慨してみた

FXはいうまでもなくちゃんとした金融商品なんですが、どうしても株との格差を感じざるを得ません。扱い悪すぎ。これは創刊直後も、今も、あまり変わってないです。

たしかに、株の歴史は古いです。日本でFXという形で個人が外国為替を取り扱えるようになったのは1998年ですから、株はけっこうな先輩にあたります。

それは分かるのですが、だからといって株の方が勝ちやすいわけでも、株の方が安全なわけでもないんですよね。ここは強調したいところです。

勝ちやすさの話でいえば、概念的に勝ちやすい投資、負けやすい投資というものはないと考えたほうがいいと思います。なぜならどんな投資も、誰かが負けなければいけないからです。

Aさんが100円で買ったものを101円で自分が買い、それを102円で買ってくれるBさんがいなければ、自分は負けます。そして、Bさんも自分が買ったものを103円で買ってくれるCさんがいなければ、最終参加者として負けることになります。

FXはゼロサムゲーム(勝ち金額と負け金額が同じになる)だなんだといわれますが、それはたしかにその通り。でも、株価が上がれば相場全体の富が増加する株であっても、やっぱり全員が勝つことはないです。必ず一定以上の負ける役割の人たちが必要です。

そして危険度。FXにはレバレッジがあるから危ない、そういう人は今も昔もいます。今回の雑誌の巻頭特集で詳しく解説していますが、25倍のレバレッジをかけたからといって、資金の25倍負けるわけじゃないんですよね。よく考えてみればそりゃそうなんですが、この段階でFXは誤解を受けまくっているわけです。

為替というのは、どちらかというと値動きが少ない商品なんです。「米ドル/円」なんか、1年間でも10%くらいしか動かないことがあります。

これは1日で15%とか値動きする株とは大きな違いですよね。「米ドル/円」が1日で15円も下がるなんて、可能性としてはなくはないですが、毎年起こる可能性はゼロでしょう。

まして、個別株の場合、当たり前のように一つの銘柄が消滅することがあります。紙クズになるっていうあれです。

なかなか理解されない差金決済の仕組み

思うに、FXの差金決済が受け入れられてないからこそ、まだまだ多くの人にあぶない商品だと思われているのではないでしょうか。現物のやりとりを現金でするのは、たしかに分かりやすいですよね。

逆にCFDもそうなんですが、「100円で売る権利」を買う、という先物的なシステムに、なかなか慣れることができないというのもよくわかります。

別に株なんかより、FXのほうがずっと勝ちやすいぜ的なことをいうつもりは毛頭ありません。商品とその人の相性もありますしね。やられっぱなしじゃ、黙ってないぜ、ってことです。

(FX攻略.com WEB編集長 鹿内武蔵)

※この記事は、富士山マガジンサービス読者限定FX攻略.com編集部便りに掲載されたものを加筆・編集したものです。

鹿内 武蔵(FX攻略.com WEB編集長)

株式会社Wa plus

2008年のFX攻略.com創刊時から編集部に在籍、本誌と公式サイトの運営に携わる。取材や記事執筆の他、トレーダーとしてFXの運用も日々行っている。好きなテクニカルは平均足、好きな手法はブレイクアウト。

鹿内 武蔵
aprv
無料会員登録で最新&お得情報をゲット

無料会員に嬉しい3つのメリット!

豪華プレゼントが毎月当たるチャンス!
②投資に役立つメールマガジン
会員限定記事を閲覧できる!

詳しくはこちらを御覧ください。

FXサービス アクセスランキング

1日
1週間

2位:FXネオ

5位:Horizon

※過去24時間のアクセスが対象
FX攻略公式ソーシャル
FX攻略.com公式FaceBookページ
FX攻略.com公式Twitter

FX攻略.comページトップへ