メニュー

FX攻略.comトップ > FX攻略.comオススメ記事 > 木里ゆうのFX検証生活 > 1日に3回も口座資金を動かした米大統領選の話(木里ゆう)

aprv

1日に3回も口座資金を動かした米大統領選の話(木里ゆう)

木里ゆうのFX検証生活 木里ゆう 2016-11-15 19:30

先週は例の米大統領選の影響で、東京時間ブレイクのトレードは少なめ。11月9日(水)までお休みで、11月10日(木)から再開しました。

先週のトレード報告

11月10日(木)

ユーロ/円もポンド/円も買い。ポンド/円だけその日のうちに利確♪

11月11日(金)

前日のユーロ/円買いが損切りに引っかかる。

2回のトレードで+60pipsでした。

【このトレードのルール】

  • ユーロ/円は利食いが+100pips、損切りが−50pips
  • ポンド/円は利食いが+110pips、損切りが−100pipss
  • 上記の値幅設定の逆指値IFO注文を、その日の東京時間の高値と安値の両方に、17時に仕掛ける
  • 逆指値なので、高値到達で新規買い、安値到達で新規売り
  • 買いか売りかのどちらかが発動したら、もう一方は取消
  • 0時を回ってヒットしなければ、両方のIFO注文を取消
  • ポジションは利食いか損切りになるまで放置
  • 金曜日は新規エントリーしない
※ トレードルールは随時更新されています。最新のトレードルールは一番新しい記事にてご確認ください。

【このトレードに向いたFX会社】

SBIFXトレード

全通貨ペアで極限まで下げられたスプレッドがなによりの売りです。スマホアプリも使いやすいので、パソコンが苦手な人にもオススメ。

ヒロセ通商

私がメインで使ってるFX会社の一つで、チャート分析がやりやすいです。

出金は即時ではないのでその分の余裕が必要

事前に分かっていたとはいえ、11月9日の大統領選のジェットコースターのような動きで、スワップさや取り口座は翻弄されまくりでした。これが当日の豪ドル/円1時間足チャートです!

証拠金維持率を300%以上に保つルールでやっているのですが、これまでは1日に1回以上資金を移動したことはありませんでした。ところが9日はこんな上下動だったので、3回も資金移動をしないといけなくなりました。

で、問題が発生したわけです。FX口座への入金はクイックで即時反映となるのが普通なんですが、出金は銀行口座への着金が翌日以降になることが多いんです。なので、維持率300%を上回った口座に資金を補填⇒後日お金が返ってくる、という流れに。

この補填分のゆとりを持っておかないと成り立たない手法なので、余裕を持った取引を再考するきっかけになりました。

次のイベント前には出金しよう

実は、大統領選の前に、両建てのポジションをどちらも一度決済してしまうことも考えました。8月からやってきた利益もたまっているし、一度ノーポジにして相場が落ち着いたころにまたポジションを建て直せばいいと。でも、「まぁ、大丈夫でしょ」みたいな楽観的な感覚で、当日までそのポジションを持ち越してしまいました。

今後は、相場を大きく動かしそうな超重要イベントがあるときは、いったん決済したいと思っています。事前にタイミングが分かっているんだから、前日の相場が動いていないときに手仕舞いし、ストレスフリーでそのイベントを眺めたいな、と。

両建てさやとりスワップFXのやり方は「夏枯れ相場なので両建てスワップさや取りを始めてみた(木里ゆう)」で説明しています。

おまけ

最近テレビで腹筋女子の特集を見て、かっこいいと思った。6パックとかそこまでストイックじゃなくても、うっすらした腹筋をつけられるよう私もがんばる。少しずつトレーニングを始めました。

スタート時はこんな感じです。

木里ゆう(個人投資家)

FX歴6年の個人トレーダー。書籍や雑誌中心にさまざまなトレード手法、分析テクニックを独学で学ぶ。スキャルピングからスイングトレードまで様々な投資スタイルを実践していくなかで、2年前に現在の省エネ手法に到達。東京時間のみのシンプルなトレードで安定して利益をあげるも、なお手法の精度向上に余念がない。パンクやテクノを中心に音楽大好き。東北地方在住。Twitterアカウント

木里ゆう
aprv
無料会員登録で最新&お得情報をゲット

無料会員に嬉しい3つのメリット!

豪華プレゼントが毎月当たるチャンス!
②投資に役立つメールマガジン
会員限定記事を閲覧できる!

詳しくはこちらを御覧ください。

FXサービス アクセスランキング

1日
1週間

1位:FXネオ

※過去24時間のアクセスが対象
FX攻略公式ソーシャル
FX攻略.com公式FaceBookページ
FX攻略.com公式Twitter

FX攻略.comページトップへ