メニュー

FX攻略.comトップ > FX攻略.comオススメ記事 > FXのプロの記事 > 賢者になるな、勝者になれ!トランプラリーはまだ続く(雨夜恒一郎)

aprv

賢者になるな、勝者になれ!トランプラリーはまだ続く(雨夜恒一郎)

FXのプロの記事 雨夜 恒一郎 2016-11-28 08:00

FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2016年11月28日号

先週のマーケットは、減税・財政投資・規制緩和を柱としたトランプノミクスに対する期待が一段と強まり、感謝祭休暇で薄商いの中、米国株買い・米国債売り・米ドル買いが加速。NYダウは史上最高値を更新し、米国10年債利回りは2.3%台と昨年7月以来の水準へ急騰。米ドル/円は113.90円と今年3月以来の高値を示現した。

米ドル/円はトランプ氏当確直後(11月9日)の安値101.20円から見るとすでに12.5%も上昇しており、わずか3週間弱でこれほどの上昇幅を記録するのは1995年以来のことらしい。このため、専門家やアナリストの間では「米ドルの上昇が急すぎる」「トランプ氏の政策に対する期待は行き過ぎ」などと警告する向きが多い。

確かに現在の市場は、まだ海のものとも山のものともつかないトランプ政権の「都合がよさそうな政策だけ」先取りしてユーフォリアに浸っている。トランプ氏が大統領就任後に保護貿易主義を露わにし、米ドル安誘導を行う可能性もないとは言えない(むしろ十分あり得る)。

しかし、だからといって現在のトランプラリーを否定し、いずれ反転するだろうなどと賢者ぶることに大して意味はない。賞味期限はあるかもしれないが、それを承知の上で相場に乗れなければ利益は得られないからだ。

IMM通貨先物の取組を見ると、投機筋は米大統領選のあと急激に円ロングを縮小しており、先々週(11月15日時点)で買い越しは2万枚とピークの3分の1以下となった。先週は感謝祭休暇でデータは発表されなかったが、その後の米ドル/円の上昇を勘案すれば、すでに円売り越しに転じている可能性もある。過去の経験則では、投機筋がポジションをひっくり返す時に、相場のモメンタムが加速することが多い。今年の1月から2月にかけても、投機筋がポジションを円ショートから円ロングに「倍返し」するのと並行して、米ドル/円は下落トレンドに転換した。


出所:外為どっとコム、CFTC

一方、日本の個人投資家の米ドル/円ポジションは米大統領選翌日の11月10日以来米ドルショートとなっている(ソース:外為どっとコム)。誤解を恐れずに言えば、一般大衆は賢者を信じてトランプラリーに売り向かい、損失を抱えている。彼らは今夏までの下落局面で一貫して逆張り米ドルロングだったことを思い出してほしい。

米ドル/円がいつまで、どこまで上昇するかを言い当てることは難しい。しかし上記の経験則から言えば、

①投機筋が円ショートに転じて十分な利益を確定し、
②賢者がこぞって円安予想に宗旨替えし、
③個人投資家が米ドルショートを損切りして米ドルロングに傾くまでは、

上昇が続く可能性が高い。

今週は米国雇用統計などを控えて波乱はあろうが、強気スタンスを堅持する。

雨夜 恒一郎(金融アナリスト)

20年以上にわたって、スイス銀行、JPモルガン、BNPパリバなど、大手外銀の外国為替業務要職を歴任。金融専門誌「ユーロマネー」における東京外国為替市場人気ディーラーランキングに上位ランクインの経歴をもつ。2006年にフリーランスの金融アナリストに転身し、独自の鋭い視点で為替相場の情報をFX会社やポータルサイトに提供中。

雨夜 恒一郎
aprv
無料会員登録で最新&お得情報をゲット

無料会員に嬉しい3つのメリット!

豪華プレゼントが毎月当たるチャンス!
②投資に役立つメールマガジン
会員限定記事を閲覧できる!

詳しくはこちらを御覧ください。

FXサービス アクセスランキング

1日
1週間

2位:FXネオ

4位:FXTF MT4

※過去24時間のアクセスが対象
FX攻略公式ソーシャル
FX攻略.com公式FaceBookページ
FX攻略.com公式Twitter

FX攻略.comページトップへ