メニュー

FX攻略.comトップ > FX攻略.comオススメ記事 > FXのプロの記事 > 今夜のFOMCでハト派イエレン議長はどう出る?(井口喜雄)

aprv

今夜のFOMCでハト派イエレン議長はどう出る?(井口喜雄)

FXのプロの記事 井口喜雄 2016-12-14 16:59

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

上昇を続ける米ドル/円ですが、OPECの減産合意という追い風を背景に下値を切り上げています。トランプ次期米大統領から具体的な政策が発表されるまでは新政権への期待からドル上昇が継続するというのがメインシナリオだと思います。米ドル/円は今週も戦略に変わりはなく、強気スタンスです。仮に押し目があるならば慎重に拾っていくマーケットだと考えます。

FOMCはどちらのシナリオも

今回利上げが確実なものとなっているため、FOMCの焦点は今後の経済見通しや、利上げペースとなります。ダドリーNY連銀総裁が直前に発言した内容をヒントにするならば「財政拡張なら利上げペース若干加速」「金利上昇については遅すぎた」この発言を額面通りに受け取るならば利上げペースは早まりそうです。

しかし、ハト派のイエレン議長はどう出るでしょうか。現状のトランプラリーに警鐘を鳴らす可能性は十分にあり得ます。

また、トランプ氏の経済政策が将来的にどうなるのかわからない現状において、慎重派のイエレン議長が経済見通しをポジティブとすることができるでしょうか。慎重姿勢が前面にでて利上げペースが遅くなると判断された場合は大きく売られるでしょう。そして今までのイエレン議長の発言を振り返ってみるとその可能性は低くはないような気がしています。このシナリオになった場合はFOMCをきっかけにトランプラリー調整というパターンもあります。

今回はどちらのケースもありそうな気がしており、予想は難しいです。米ドル/円をバイ&ホールドのポジションでお持ちの方は一旦利益確定をしてスクエアに戻しておいた方が安全かもしれません。そして大きく下がったところはしっかりと拾っていきたいと言ったイメージです。

年末に向けて米ドル/円はロングでいいのか

このトランプラリー、どこかでドル買いに歯止めがかかります。

今夜のFOMCがきっかけになるかもしれません。または原油の急落かもしれませんし、トランプ氏のドル高警戒についての言及かも知れません。何かをきっかけに一気にセンチメントが逆転することには常に警戒する必要があります。

ただ「その時」は誰にもわかりません。いつ来るかわからない天井を気にするよりは、このブル相場でしっかりと収益を上げていくほうが優位性はあると考えます。ここを取れる時にこぼしたくはないというのが正直なところです。IMMの円ポジションを見ても、ドルショートから約3万枚のドルロングへとポジションが変化するなか、米10年債利回りも2.5%を超えており、この10年債が同水準にある限り、米ドル/円はロングで臨みたいと思います。

今週のテクニカル分析

心理的な節目となる115円、昨年6月5日高値の125.86円から6月24日安値の99円の61.8%戻しである115.599円も上抜けるなど主だったレジスタンスを軽々とクリアしています。ここから上になると同フィボナッチ76.4%戻しの119.521円付近、そして大台である120円も視野に入ってきます。一方サポートライン11月の月足陽線がかなり意識されているため、11月の終値である114.43円付近が短期的なサポートとして機能すると考えております。

【ご注意】

※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

 

井口喜雄(市場部ディーリング課)

トレイダーズ証券

認定テクニカルアナリスト。1998年より金融機関に従事し、主に貴金属や石油製品のコモディティー市場を中心としたカバーディーリング業務に携わる。2009年からみんなのFXに在籍し、米ドル/円や欧州主要通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評あり。

井口喜雄
aprv
無料会員登録で最新&お得情報をゲット

無料会員に嬉しい3つのメリット!

豪華プレゼントが毎月当たるチャンス!
②投資に役立つメールマガジン
会員限定記事を閲覧できる!

詳しくはこちらを御覧ください。

FXサービス アクセスランキング

1日
1週間

2位:FXネオ

4位:FXTF MT4

※過去24時間のアクセスが対象
FX攻略公式ソーシャル
FX攻略.com公式FaceBookページ
FX攻略.com公式Twitter

FX攻略.comページトップへ