メニュー

FX攻略.comトップ > FX攻略.comオススメ記事 > FXのプロの記事 > 黒田総裁が円安容認発言!その裏側を深読み(雨夜恒一郎)

aprv

黒田総裁が円安容認発言!その裏側を深読み(雨夜恒一郎)

FXのプロの記事 雨夜 恒一郎 2016-12-26 08:00

FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2016年12月26日号

先週開催された日銀金融政策決定会合後の記者会見で、黒田総裁は「為替相場、現在の状況は円安というより米ドル高。現在の円の水準は驚くようなものではなく、今年2月と同じ。円安、現時点で行き過ぎとか弊害あるとの見通しはない」などと発言し、事実上現在の円安を容認する姿勢を見せた。実際米ドル/円相場は過去1か月半で15円超の上昇と近年にない急激なペースで円安・米ドル高が進行し、多くの人が円安と認識する120円に接近しているが、総裁がその点に全く触れなかったのはむしろ驚きであった。

日銀としては、円高という最大のデフレリスクが後退した現在、内心ほっとしているところであろう。ここで余計なことを言って円安・株高の好循環に水を差したくないというというのが本音ではないか。昨年は黒田総裁が124円で円安牽制を発し、125円が「黒田シーリング」となった(実際昨年の高値は125円だった)が、まだまだ警戒レベルには程遠いとみてよさそうだ。

もう一つ重要なことは、トランプ新大統領が現在の円安・米ドル高にさほど懸念を持っていないと思われることだ。というのは、もしもトランプ氏が円安進行に不快感を持っているとすれば、黒田総裁からかかる発言は出てくるはずはないからだ(むしろご機嫌取りで“円安のペースが速く注視している”などと述べるだろう)。

選挙前のトランプ氏の発言は保護貿易色が強く、円高・米ドル安志向との見方が強かったが、当選後は意外にも同氏から為替に関する発言は聞こえてこない。実利に聡い商売人のトランプ氏のことだ。世界中の富や技術を米国に集中させ、「強いアメリカ再び」を実現するためには、狭い産業界の利益にしかならない米ドル安ではなく、米ドル高を志向するほうが有利だということを理解したのではないだろうか。

多くの識者は「トランプ新大統領が就任すれば円安は終わる」と唱えているが、筆者はトランプ新政権が米国金利上昇と株高の結果生じる米ドル高を静観する「逆ビナイン・ネグレクト政策」をとってくるのではないかと考えている。(注:ビナイン・ネグレクトは通常米国が米ドル安を放置することを指す)

海外市場はクリスマス休暇が明けて今日から本格的に取引を再開する。日本は正月明けまで休暇ムードが続くが、トランプラリー第2章に乗り遅れないようにしたい。

なお本稿を持ちまして当レポートは年内最終となります。次回の更新は新年1月16日となります。今年1年間ありがとうございました。どうぞよいお年をお迎えください。

雨夜 恒一郎(金融アナリスト)

20年以上にわたって、スイス銀行、JPモルガン、BNPパリバなど、大手外銀の外国為替業務要職を歴任。金融専門誌「ユーロマネー」における東京外国為替市場人気ディーラーランキングに上位ランクインの経歴をもつ。2006年にフリーランスの金融アナリストに転身し、独自の鋭い視点で為替相場の情報をFX会社やポータルサイトに提供中。

雨夜 恒一郎
aprv
無料会員登録で最新&お得情報をゲット

無料会員に嬉しい3つのメリット!

豪華プレゼントが毎月当たるチャンス!
②投資に役立つメールマガジン
会員限定記事を閲覧できる!

詳しくはこちらを御覧ください。

FXサービス アクセスランキング

1日
1週間

1位:FXネオ

2位:FXTF MT4

5位:DMMFX

※過去24時間のアクセスが対象
FX攻略公式ソーシャル
FX攻略.com公式FaceBookページ
FX攻略.com公式Twitter

FX攻略.comページトップへ