メニュー

FX攻略.comトップ > FX攻略.comオススメ記事 > FXのプロの記事 > 番外編|今後の日米経済動向、通商動向とドル円の行方 その3(月光為替)

aprv

番外編|今後の日米経済動向、通商動向とドル円の行方 その3(月光為替)

FXのプロの記事 月光為替 2017-03-09 09:25

月光為替の「だからお前は稼げない」【50/57】

それでは、今回はこれからのドルの行方を決定的に握る米国と中国の関係を少しでも把握できるよう、地政学面と通商面から見ていきたいと思います。

まずは、トランプ政権の経済・通商チームからおさらいしていきましょう。

経済政策のチームとしては、ゴールドマンサックスCOOのコーン国家経済会議議長、元ゴールドマンサックスのムニューチン財務長官、そしてイエレンFRB議長の3すくみで成り立っています。

そして、通商政策のチームとして、カルフォルニア大教授のナバロ国家通商会議議長、ロス商務長官、レーガン政権時次席代表だったライトハイザー通商代表部代表の3すくみで成り立っています。

現在、米中間はかなりの緊張状態に

ナバロ氏は「Death by China」の著者であり、対中強硬派であることは有名ですが、彼は著作「米中もし戦わば」でこんなことを述べています。

「1500年以降、中国のような新興勢力が米国のような既存の大国と対峙した場合、70%の確率で戦争に至る。工業大国化に伴い中国は海洋進出を強化。開かれた海派の米国と閉じられた海派の中国の対立が激化。米中紛争時には潜水艦による海上封鎖が有効で、その際第一列島線を構成する日本は台湾とともに地政学的に米国にとって重要なパートナーである。」

実際に戦争に至るかどうかは置いておいても、このように現在米中間はかなりの緊張状態となっております。米国が韓国にTHAAD配備を急いだのも、それに対し強烈に中国が報復措置をとっていることからみても、80年代の米ソの冷戦に近い緊張状態が今後も高まっていくことはまず間違いないでしょう。

中国に対し、通商面では強硬姿勢を堅持か

では、通商面は果たしてどうなるのでしょうか。今回の通商政策チームであるナバロ国家通商会議議長、ロス商務長官、ライトハイザー通商代表部代表の3人にみられる共通点は、全員対中強硬姿勢が明確であることです。

そのため、今後中国に対しては、「為替操作国認定」などの措置を含めた強硬姿勢を崩さないだろうと予想できます。

過去日米通商摩擦が起こった時、常に同時期に、為替の誘導政策が取られてきました。

60年代繊維摩擦の時はニクソンショック、80年代自動車摩擦の時はプラザ合意、90年代農畜産物摩擦の時はビナインネグレクトと、取られた方法は様々ですが、いずれも米国にとって利益となる方向に為替は動かされてきました。

今回はメインターゲットが中国であることから、なかなか過去の展開と同一視することは難しいですが、これを機に、現在の米中間で起こっていることに対しリアルタイムでニュースフローを追って行ける最低限の知識をつけて頂ければ幸いです。

さて、それでは次回は最終回として、今後のドル円相場に対して、今までの話を絡めて、予想をしていきたいと思います。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替とデューカスコピー・ジャパンとのタイアップキャンペーン!
今なら新規口座開設&1回の取引完了で月光為替書き下ろしレポートが手に入ります。
キャンペーンの詳細とレポート内容は下のバナーをクリックしてご確認ください!

デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

月光為替の「だからお前は稼げない」

  1. 正しく学べばFXでは最低限稼げる普通のプレイヤーになれる!(月光為替)
  2. 稼げるトレーダーへの第一歩は上か下かの二択ゲームからの脱却!(月光為替)
  3. 上がるか下がるかを予想することの無意味さ(月光為替)
  4. 予想を外しても儲けることのできるカラクリとは(月光為替)
  5. 「予想を外しても儲けることができる」の実現を妨げる5つの障害(月光為替)
  6. 第一の障害「情報の氾濫」溢れる情報を前にどう振る舞うべきか(月光為替)
  7. FXに溢れる情報の取捨選択方法〜まずは1つの分野を極めること!(月光為替)
  8. 第二の障害「確率と利幅」確率を理解していない人の多くは手法ジプシーになる(月光為替)
  9. マーケットの世界に“絶対”は存在しない(月光為替)
  10. 期待値を理解していない間は初心者止まり(月光為替)
  11. 期待値と値幅の罠に嵌るな(月光為替)
  12. 第三の障害「一貫性のある手法確立への障害」一貫できない理由とは?(月光為替)
  13. 連敗を怖がるから稼げない(月光為替)
  14. 感情に任せた「ルール破り」は負けて当然(月光為替)
  15. 「ルール破り」を「ルール改善」へ変えていく1つのアイデア(月光為替)
  16. 第四の障害「ブラックスワンへの配慮のなさ」(月光為替)
  17. ブラックスワンの対処法を知らないから稼げない(月光為替)
  18. ストップロスを入れない、ポジションサイズを気にしないから稼げない(月光為替)
  19. 第五の障害「メンタル的な障害」(月光為替)
  20. 3つの代表的なメンタルブレーキ(月光為替)
  21. メンタルブレーキを取り除く最も簡単な方法とは?(月光為替)
  22. “考え方”から“知識”へ(月光為替)
  23. FXで稼ぐために必ず身に着けておかなければならない3つの知識(月光為替)
  24. 基礎用語① FXを知るために一般的に必要な用語(月光為替)
  25. 基礎用語② FXのリスクを理解するのに必要な用語(月光為替)
  26. 基礎用語③ 取引に関する用語(月光為替)
  27. ファンダメンタルズにまつわる用語を覚える上で気をつけること(月光為替)
  28. ファンダメンタルズを見る際に重要なこと(月光為替)
  29. 金利水準を見ていく上で重要なファンダメンタルズ用語(月光為替)
  30. FRBの二大業務[その1]金融政策について(月光為替)
  31. FRBの二大業務[その2]公開市場操作について(月光為替)
  32. いまのマーケットを知る上で欠かせない“非伝統的”金融政策の知識(月光為替)
  33. “非伝統的”金融政策の話 その2(月光為替)
  34. 番外編|マイナス金利政策導入による経済への影響(月光為替)
  35. “非伝統的”金融政策の話 その3(月光為替)
  36. 番外編|トランプ大統領実現の影響と為替戦略(月光為替)
  37. 将来の米国の金利水準を計算する方法(月光為替)
  38. FRBの金利に対する考え方を探る|ドットチャート活用法(月光為替)
  39. FOMC声明文と議事要旨|ファンダメンタルズ分析する上で重要な資料の読み方(月光為替)
  40. FXトレードで注目すべき2つの経済指標とは(月光為替)
  41. 番外編【実例】FOMC声明文を読み解く(月光為替)
  42. 経済指標のグルーピング(各国共通の指標と米国独自の指標)(月光為替)
  43. FXに活かす経済指標|PPI(生産者物価指数)とは?(月光為替)
  44. FXに活かす経済指標|CPI(消費者物価指数)とは?(月光為替)
  45. FXに活かす経済指標|貿易収支とは?(月光為替)
  46. 番外編|1/31・2/1開催FOMC会合を分析してみた(月光為替)
  47. FXに活かす経済指標|鉱工業生産とは?(月光為替)
  48. 番外編|今後の日米経済動向、通商動向とドル円の行方 その1(月光為替)
  49. 番外編|今後の日米経済動向、通商動向とドル円の行方 その2(月光為替)
  50. 番外編|今後の日米経済動向、通商動向とドル円の行方 その3(月光為替)
  51. 番外編|今後の日米経済動向、通商動向とドル円の行方 最終回(月光為替)
  52. FXに活かす経済指標|小売売上高とは?(月光為替)
  53. FXに活かす経済指標|GDPとは?(月光為替)
  54. FXに活かす経済指標|製造業PMIとは?(月光為替)
  55. 番外編|緊迫する北朝鮮事情〜今後の動向と相場予測(月光為替)
  56. FXに活かす経済指標|サービス業PMIとは?(月光為替)
  57. FXに活かす米国独自の経済指標|雇用統計とは?(月光為替)

月光為替(国内ヘッジファンドの裁量トレーダー)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだす。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

月光為替
aprv
無料会員登録で最新&お得情報をゲット

無料会員に嬉しい3つのメリット!

豪華プレゼントが毎月当たるチャンス!
②投資に役立つメールマガジン
会員限定記事を閲覧できる!

詳しくはこちらを御覧ください。

FXサービス アクセスランキング

1日
1週間

2位:DMMFX

3位:FXネオ

5位:FXTF MT4

※過去24時間のアクセスが対象
FX攻略公式ソーシャル
FX攻略.com公式FaceBookページ
FX攻略.com公式Twitter

FX攻略.comページトップへ