メニュー

FX攻略.comトップ > FX攻略.comオススメ記事 > FXのプロの記事 > ビックイベントによる乱高下も最終的には円高に収束か!(井口喜雄)

aprv

ビックイベントによる乱高下も最終的には円高に収束か!(井口喜雄)

FXのプロの記事 井口喜雄 2017-03-15 17:20

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

米雇用統計を受けてフェドウォッチの3月の利上げ確率が93%に上昇、米10年債も2.6%まで上昇しています。しかし、良好なファンダメンタルも米ドル/円の上値は重くドル高材料に反応しづらい状態になっています。FOMC、オランダ選挙、米債務上限引き上げ期限、G20といったリスクイベントを前にしっかり戦略を考えてみましょう。

米ドル/円上昇には新たな燃料が必要!FOMCでは年4回利上げを意識させられるか

今夜のAM3:00にFOMCが開催されます。FOMCでは利上げが確実となっているため利上げの有無は焦点にはなりません。今回のFOMCのポイントは年何回利上げするのかということになります。マーケットではFRBが年3回の利上げではなく、年4回利上げに踏み切るのでは?といった観測が出てきました。事実ゴールドマンサックスでも今年の利上げ予想を年3回から4回に変更しております。

直近で米ドル/円の上値の重さや、米長期金利が米利上げに対する期待感から大きく上昇していることを考えると年3回の利上げは完全に織り込まれているようで、今回のFOMCで利上げ3回のペースに変化がない場合は失望的なドル売りも想定する必要があります。

一方、年4回の利上げが意識された場合、米ドル/円は118円を目指していく展開が予想されます。FOMCメンバーによるFF金利予想のドットチャートを見ると、昨年の12月に発表されたチャートでは年3回の利上げがコンセンサスとなっておりましたが、今回のドットチャートで年4回の利上げを織り込むことができるかが焦点となります。

世界が注目のオランダ選挙、自由党躍進でリスクオフも

今夜もう一つ注目されているのがオランダの選挙です。オランダの選挙が世界の注目と金融市場の関心をこれほど集めるのは記憶にありません。オランダでは急増する移民問題などを受け、イスラム教徒排斥やEU離脱を掲げる極右の自由党が支持を伸ばしています。

しかし、オランダでは10以上の政党があり、1党が過半数を握ったことはなく、連立政権を組む必要があるため、仮に選挙で自由党が勝利し第一党になっても連立政権を組めないので影響はないのではとの声もあります。

もちろん自由党政権の参加の可能性は低いのですが、自由党が議席を伸ばせばフランス大統領選挙でも極右への影響が懸念されてリスクオフの円高になることは容易に想像できます。出口調査の結果を受けてマーケットが反応することは必至で、リスク許容度の見極めが勝負の分かれ目となります。

また、厄介なことにオランダ選挙はAM 4:00に投票が締め切りとなります。投票終了後、直ちに出口調査結果が発表されます。AM3:00 に発表されるFOMCの1時間後、イエレン議長の記者会見の30分後になります。出口調査が公表されるタイミングではFOMCの流れとバッティングする可能性もあり、乱高下した場合は中立スタンスで様子をみるのが賢明とも思えます。

そのほかリスクイベントも円高要因か

今週末には独バーデン・バーデンでG20財務大臣中央銀行総裁会議が開催されますが、アメリカが各国の為替操作に対して言及してくる可能性も否定できません。そのほか米債務上限の引き上げ期限や、悪天候で17日に変更された米独首脳会談などリスクイベントが多く、なにかと円高圧力がかかりやすい週と言えるでしょう。

今週のテクニカル

短期的には一目均衡表雲下限の114.30円がサポートになりますが、その下は心理的な節目の113円あたりまで見ておきます。上値では先週高値115.50円がとりあえずの目処ですが、こちらも年初来高値である117.50円付近までレジスタンスレベルを上げておきます。イベントを控え少し大きめのレンジで臨むつもりです。

【ご注意】

※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

 

井口喜雄(市場部ディーリング課)

トレイダーズ証券

認定テクニカルアナリスト。1998年より金融機関に従事し、主に貴金属や石油製品のコモディティー市場を中心としたカバーディーリング業務に携わる。2009年からみんなのFXに在籍し、米ドル/円や欧州主要通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評あり。

井口喜雄
aprv
無料会員登録で最新&お得情報をゲット

無料会員に嬉しい3つのメリット!

豪華プレゼントが毎月当たるチャンス!
②投資に役立つメールマガジン
会員限定記事を閲覧できる!

詳しくはこちらを御覧ください。

FXサービス アクセスランキング

1日
1週間

1位:FXネオ

5位:DMMFX

※過去24時間のアクセスが対象
FX攻略公式ソーシャル
FX攻略.com公式FaceBookページ
FX攻略.com公式Twitter

FX攻略.comページトップへ