メニュー

FX攻略.comトップ > FX攻略.comオススメ記事 > 月刊FX攻略.comからの抜粋記事 > システムトレードで資産運用!第2回 選択型シストレの紹介(ゆきママ)

aprv

システムトレードで資産運用!第2回 選択型シストレの紹介(ゆきママ)

月刊FX攻略.comからの抜粋記事 FX攻略.com 2017-03-26 12:00

裁量取引する時間も自信もない…そんな人にお勧め!シストレ資産運用!【2/5】

前回の記事では、選択型シストレと呼ばれる、売買プログラムを選ぶだけで自動でトレードしてくれる自動売買について紹介させていただきました。興味を持って実際にやってみようといった方もいると思いますので、今回は各社の提供サービスやその特徴についてまとめておきます。ぜひ、これを読んで自分に合った会社を選んでいただければ幸いです。

※この記事は、FX攻略.com2016年12月号の記事を再編集したものです

プロフィール

ゆきママ。普通の主婦で1児の母。2008年からFXをはじめ、失敗を繰り返しながらも着実に利益を上げて、合計1500万円以上稼いでいます。裁量トレード信奉でしたが、最近は子育ての忙しさからシストレ(自動売買)も積極的に取り組み始めました。ブログでは日々の相場状況や経済イベントなどについて解説している他、収支についてもまとめています。

ブログ|普通の主婦がFXで10万円を300万円にした

選択型シストレは二つのグループに分けられます

まず、日本国内で提供されている選択型シストレを大きく分けると「ミラートレーダー」と「その他」、ということになるでしょう。

ミラートレーダーは、イスラエルのトレーデンシー社が開発したプラットフォームで、複数の会社が導入しています。取引システムそのものは同じですから、ストラテジーと呼ばれる売買プログラムの種類やコンテンツ、ツールなどで各社が差別化を図っています。

一方で、その他の選択型シストレについては、提供各社が独自に開発したものが多く、取引システムにもそれぞれ特色がありますから、どんな内容なのかを比較しながら見ていただければと思います。

ミラートレーダーを比較!

シストレ24|インヴァスト証券

ミラートレーダーを取り扱っている国内の会社で、口座数が最も多いのがインヴァスト証券のシストレ24です。ストラテジーの数が世界第1位となっていることも高い支持を集めている理由の一つですが、個人的にはツールの使いやすさも大きく影響しているのではないかと思います。

プロが作った売買プログラムを手軽に利用できるということで、国内導入当初から高い評価を受けていたものの、管理画面(図1)の操作性・視認性の悪さから、初心者を中心に使いづらいといった声がかなりあったんですよね。

トレーデンシー社製の管理画面は一見して何をどうすべきなのか分かりにくい。

インヴァスト証券はMyシストレ24(図2)というツールを開発し、この問題を解決することに成功しました。各ストラテジーの状態や性質、特徴をアイコン化することで直感的に理解することができるようになった他、ブラウザ上でサクサク軽快に動くため、操作性も大幅に改善しています。

シンプルで見やすくなり、収益率や実現損益順に並べ替えることも可能になった。

やはりミラートレーダーで収益を上げるためには、直近のトレードが好調で相場との相性の良いストラテジーを選ぶことが必須となるわけですが、アイコンを見るだけでそれがおおむね理解できるようになったのは非常に画期的でした。これによって、専門的な分析知識がなくても適切なストラテジーを選びやすくなったといえるでしょう。

また、Myシストレ24は、国内で初めてミラートレーダーをスマートフォンに対応させたことも特筆すべき点でしょう。スマホやタブレットのブラウザから操作を行うことができるため、ちょっとした待ち時間や仕事の合間に取引状況を確認したり、ストラテジーの入れ替えを行ったりするなど、利便性を大きく向上させています。

さらに、2016年9月にはフルオートという新たな機能も搭載されました。これを使うと、ストラテジーの入れ替えが自動で行われます。先に述べたように、ストラテジーも相場に対して相性がありますから、その時々の状況に合ったものを選ぶことが重要で、最低でも週に1回ぐらいはストラテジーの状態を考慮しながら入れ替えを行う必要があります。

ただ、自動でトレードしてくれるという性質上、ついつい放置してしまいがちです。私自身も気がついたときには負けっぱなしになっていて、大きな損失を被ってしまった経験があります。これとは逆に、頻繁に入れ替え過ぎるなど、適切なタイミングで入れ替えを行うことが苦手といったユーザーもいることでしょう。

フルオートを活用すれば、定期的に自動で好調なパフォーマンスを発揮しているストラテジーに入れ替えてくれますから、これらのありがちな失敗を防ぐことが可能となっています。

ちなみに、フルオートの入れ替え条件については、あらかじめ設定されたものが会社側から提供されていますが、ユーザー自身で変更してカスタマイズすることもできますから、条件の最適解を導くことに挑戦するのも良いかもしれませんね。

シストレ24の特長

  • ストラテジー数世界一位
  • アイコンを起用したプラットフォームにより直観的操作が可能
  • スマホ、タブレット可
  • フルオート機能により自動的にストラテジーが入れ替わる

セントラルミラートレーダー|セントラル短資FX

先ほどのインヴァスト証券が、ユーザーの弱点を補うようなツールや機能を開発しているのに対し、セントラル短資FXは、情報コンテンツを充実させ、ミラートレーダーに真正面から向き合うといったアプローチをしているような印象を受けます。

ミラートレーダーは、とにかく稼げるストラテジーを選ぶということが最大の攻略ポイントですが、これを実行するためには多くの情報を得て、分析する能力を養うということが必須となります。

そして、この両方を実現する手助けになるのが、セントラル短資FXのシストレ広場でしょう。ここでは、初心者のために攻略法を解説した動画やプロの書いたコラムが見られるので、徐々に理解を深めていくことができます。

加えて、条件を設定して優秀なストラテジーを絞り込むことができるスクリーニング機能(図3)や、リスクとリターンのバランスを一括表示できるリスク・リターンマップ(図4)もあります。

8種類の条件を細かく設定し、ストラテジーを厳選することができます。

ストラテジー全体の状態を俯瞰することで運用すべきタイミングを見極める。

ちなみに、このリスク・リターンマップを使えば、単純に少ないリスクで効率良く稼ぐストラテジーを発見することはもちろん、全体の状態も把握しやすくなります。

例えば、ドットの位置が低く右寄りという傾向があったとすれば、ストラテジー全体のリターンが少なくリスクが増えているということを意味していますから、取引量を抑えるなどしてミラートレーダーにおける運用を控えるといった検討をすることが可能となります。

やはり全体的に調子の良いタイミングで運用すれば、多少ストラテジーの選択を誤ったとしても、負ける可能性というのは幾分抑えられます。このように、豊富な情報とトレーダーとしてのスキルアップを図ることができるのが、良さといえるでしょう。

セントラルミラートレーダーの特長

  • 初心者向け情報コンテンツが充実
  • 動画やコラムで攻略法を解説
  • 優秀なストラテジーを絞り込むスクリーニング機能
  • 全体を把握できるリスク・リターンマップ

その他の選択型シストレを比較!

みんなのシストレ|トレイダーズ証券

みんなのシストレは、システムそのものは独自に開発されたものですが、ストラテジーに関しては、大手ストラテジープロバイダーである株式会社ゴゴジャンや株式会社テスラといった、ミラートレーダーでもなじみ深い会社から供給を受けています。

そして、最低取引数量1000通貨で、この優秀なプロバイダーのストラテジーを使用できるというのが、ある意味では最大の利点となります。実は、2014年春ごろにトレーデンシー社の方針により、ミラートレーダーの最低取引数量は全て5000通貨に引き上げられており、数万円程度の少額資金で複数のストラテジーを運用することは難しくなってしまいましたからね。

したがって、少ない資金で複数のストラテジーによる安定的な運用を考えた際に、貴重な選択肢の一つとなっています。

みんなのシストレの特長

  • 大手プロバイダーからストラテジーの供給を受ける
  • 1000通貨から取引できる
  • 少ない資金で複数のストラテジーを運用するのに最適

エコトレFX|ひまわり証券

国産の選択型シストレであるエコトレFXは、ミラートレーダーと同様、厳選された売買プログラムを選ぶだけで、自動売買を行うことができます。

そして、このエコトレFXにおいて出色なのは、ポートフォリオジェネレーターと呼ばれるツールでしょう。これは、組み合わせる機能に特化していて、複数の売買プログラムにおける最適な組み合わせを自動でマッチングしてくれます。

中長期的な収益を安定させるためには、タイプの異なる売買プログラムを組み合わせてポートフォリオを作成することが求められます。

しかし、私たち人間の視点で選ぶと、分散して互いを補うという観点よりも、どうしても好調なものを優先して選びがちです。つまり、偏った売買プログラムを選んでしまい、リスクを分散するどころか、かえってハイリスクな運用になってしまう可能性を多分に含んでいるんですね。

ポートフォリオジェネレーターは、タイプの異なる売買プログラムの最適解を自動で導いてくれますから、こういった機能もしっかり活用して安定運用を心がけたいところでしょう。

エコトレFXの特長

  • ポートフォリオジェネレーターが最適な組み合わせをマッチング
  • 人間の先入観を排除できる
  • 中長期の収益安定が期待できる

トレードコレクター|YJFX!

トレードカード検索画面。さまざまな図柄の入ったカードを選択する方式。

昨年5月にリリースされたトレードコレクター(図5)は、他人のトレードをそっくり真似るコピートレードに近い性質を持っています。正確には、YJFX!の外為exの取引情報を公開しているカードクリエイターと呼ばれるユーザーの取引情報を基に、YJFX!が売買シグナルを作成、それによって自動でトレードが行われるサービスとなっています。

ミラートレーダーにおけるストラテジー、あるいは売買プログラムと呼ばれるものの多くは、チャートパターンやテクニカルの分析を主としてトレードを行っているため、定量化しにくい情報、つまり数字で表すのが難しい要人発言やテロ事件といったイベントへの対応力がネックとなっていました。

しかしながら、トレードコレクターは人間の判断が売買シグナルの基となっているため、突発的な値動きへの対応も期待できるのが最大の違いであり、メリットといえそうです。

トレードコレクターの特長

  • 優秀な人のトレードを真似できる(自動売買が行われる)
  • 人間の判断が売買シグナルの基となっている
  • 突発的な値動きに対応できる

複数の選択型シストレサービスを使って分散投資

いかがだったでしょうか。選択型シストレといえばミラートレーダーが代名詞でしたが、最近は徐々に新しいサービスも登場しています。

これまでは、複数の売買プログラムを組み合わせ、ポートフォリオを作ることがリスクの分散につながると推奨されてきましたが、今後は異なる会社のサービスを同時に使って組み合わせていくことが分散投資の新しい形になるかもしれません。なので、今日紹介した中で興味があるものを中心にいろいろお試しいただければと思います。

月刊 FX攻略.com 2017年6月号

発売:2017年4月21日 (金)

定価:[紙版]750円 [デジタル版]600円

毎月21日発売

年間定期購読のご案内

年間定期購読なら11冊分の料金でOK!1冊分お得です!
さらにお得な学割もあります!

【年間定期購読】
1年(12冊) 8,250円1冊あたり688円 8%OFF

全国の各書店でお買い求めいただける他、各種ネット書店でお買い求めいただけます

Fujisan.co.jp

  • 紙版
  • 電子書籍
  • 定期購読

マガストア

  •  
  • 電子書籍
  •  

Amazon

  •  
  • 紙版
  •  

楽天ブックス

  • 紙版
  • 電子書籍
  • 定期購読

※電子書籍、定期購読はFujisan.co.jpの扱いとなります

aprv
無料会員登録で最新&お得情報をゲット

無料会員に嬉しい3つのメリット!

豪華プレゼントが毎月当たるチャンス!
②投資に役立つメールマガジン
会員限定記事を閲覧できる!

詳しくはこちらを御覧ください。

FXサービス アクセスランキング

1日
1週間

2位:LION FX

 
※過去24時間のアクセスが対象
FX攻略公式ソーシャル
FX攻略.com公式FaceBookページ
FX攻略.com公式Twitter

FX攻略.comページトップへ