メニュー

FX攻略.comトップ > FX攻略.comオススメ記事 > FXのプロの記事 > 110円崩落!ポジションを縮小してボラティリティから身を守るべきか(井口喜雄)

aprv

110円崩落!ポジションを縮小してボラティリティから身を守るべきか(井口喜雄)

FXのプロの記事 井口喜雄 2017-04-12 15:33

特集:緊迫!北朝鮮問題|地政学リスクの高まりで為替はどう動く?

トレイダーズ証券の井口喜雄による【Dealer’sEYE】をお届けします。

米海軍は原子力空母カール・ビンソンを朝鮮半島の近海へと派遣すると発表しました。北朝鮮外務省は「強力な武力」によって自らを防衛すると述べ米国を激しく非難するなど、東アジアの地政学リスクは近年にないほど高まっています。

北朝鮮VS米国

北朝鮮に関してトランプ大統領は「北朝鮮問題を巡り、中国が協力しなければアメリカ単独で行動する」と表明しているほか、共同通信は「米政府は北朝鮮への攻撃の可能性を4月上旬に日本へ伝達した」と報じました。

また、米政府はオーストラリアなど同盟諸国に対し、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した際には迎撃する態勢が整ったと通知し、厳戒態勢で備えるよう要請するなど、軍事衝突の現実味がかなり帯びてきているなと感じます。

マーケットもこの流れを受けてNY金先物が一時1275.90ドルと昨年11月10日以来、5カ月ぶりの高値へ上振れるなど地政学リスクが大きく意識されています。

ドル円も下値目途がつきづらく、いつクラッシュしてもおかしくない状況なだけに、ポジションを縮小してボラティリティから身を守るべきなのかもしれません。

ただし、クラッシュした場合に限りストップをタイトにする条件付きですが、リバウントを狙ったロング戦略も考えており、悪くない戦略ではないかと思います。

米国内に目を向けると…

一方で、米国は経済が好調で世界的なリスクオフムードの中、NYダウは大きな値下がりもなく堅調に推移しています。

また、米下院で採決を中止していたヘルスケア法案もスパイサー米大統領報道官が「ヘルスケア法案は日々合意に近づいている」と述べており、トランプ政権の先行き不透明感を払拭することができれば短期的に反発する展開も考えられます。

今週のテクニカル

強固なサポートを築いていた110円が割れたことで、下値のサポートの目途が200日移動平均線の108.60円付近となります。

ここを下抜けた場合、サポートとなるポイントが見当たらないことから、アルゴリズムが堰を切ったように一斉に売り浴びせをして暴落する可能性が考えられるため、ロングポジションを保有している場合は注意したいです。

ただ、アルゴリズムによる暴落が発生した場合、安値を付けてからの戻りも異常に早いため、難しいポイントにはなりますが、そこを狙ってみたいところではあります。

【ご注意】

※記載の内容は投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、トレイダーズ証券及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。

 

井口喜雄(市場部ディーリング課)

トレイダーズ証券

認定テクニカルアナリスト。1998年より金融機関に従事し、主に貴金属や石油製品のコモディティー市場を中心としたカバーディーリング業務に携わる。2009年からみんなのFXに在籍し、米ドル/円や欧州主要通貨を主戦場にディーリング業務を行う。ファンダメンタルズから見た為替分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評あり。

井口喜雄
aprv
無料会員登録で最新&お得情報をゲット

無料会員に嬉しい3つのメリット!

豪華プレゼントが毎月当たるチャンス!
②投資に役立つメールマガジン
会員限定記事を閲覧できる!

詳しくはこちらを御覧ください。

FXサービス アクセスランキング

1日
1週間

2位:FXTF MT4

5位:FXネオ

※過去24時間のアクセスが対象
FX攻略公式ソーシャル
FX攻略.com公式FaceBookページ
FX攻略.com公式Twitter

FX攻略.comページトップへ