国府勇太

  • 詳細へ
    2015年10月12日
    ディーラーによるドル円見通し「こんな相場はノートレードが正解」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 では、今週のドル円の見通しを見て行きましょう。 まずは先週のドル円。 今週も、動きのない一週間でした。 こういった動きのない相場はトレードを最もしづらいところです。ディーラー同士の会話でも「動きないねー」がもっぱら合言葉になっています。 今週の見通し ボリンジャーバンドというボラティリティ(価格変動の激しさ)を見るテクニカル分析がありますが、これを見ても最近はバンド幅が縮小しています。 つまりボラがほとんどないということ。 どちらに行くかわからない動きでトレードをしてもスプレッド分損するだけです。 バイナリーオプションというFXをの派生商品でレンジインを狙うという方法もありますが、FXのトレード自体は基本ノートレードで見送るのことをおすすめします。 先週、「まだあわてるような時間じゃない」といいましたが、今週もこの言葉が当てはまります。ただ、これだけボラがないと上下にたくさんオーダーが溜まっていきます。そうすると、一方に触れたときに、そのたくさんのオーダーがついて大きく動くことにもなります。 「完全放置」ではなく、チャートの動きを少しチェックしておくのがいい…
  • 詳細へ
    2015年10月5日
    ディーラーによるドル円見通し「まだあわてるような時間じゃない」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 では、今週のドル円の見通しを見て行きましょう。 まずは先週のドル円。 先週もヒゲだらけのつかみづらい動きでした。 先週末に雇用統計あり、結果が悪かったので大きく下げましたがその後大きく戻しています。先週も述べましたがこういった相場はとても読みづらいので動きがでるまで待つことをおすすめします。 人気漫画スラムダンクにこんな名言があります。 「まだあわてるような時間じゃない」。 トレードには3種類あります。 買う、売る、待つです。 チャンスを狙って待つのも立派なトレードの一つです。 動きは突然来ます、その時にしっかり動けるようにできることを万全にしておきましょう。 記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等 を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。投 資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。
  • 詳細へ
    2015年9月28日
    ディーラーによるドル円見通し「ノートレンドにも2種類ある」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 では、今週のドル円の見通しを見て行きましょう。 まずは先週のドル円。 先週はほとんど動きがない状態でした。 先週ダブルトップが見えて、下落トレンドもありえると指摘しましたがトレンド形成はまだ先のようです。(もちろん下落ではなく、上昇の可能性もあります。今はどっちつかずの状態) 相場の状態は、「上昇トレンド」・「下降トレンド」・「ノートレンド」という3つの状態があり。 さらに「ノートレンド」には2種類あり、①レンジ、②膠着状態があります。 現在は、この②の膠着状態です。 ①のレンジはオシレーター系などのテクニカル分析が活きてくる場面でトレードをするのもおすすめですが、 ②の膠着状態は、動きがほとんどなく、あまりトレードをすべきではないところです。 動きがでるまで待つのをおすすめします。今週は週末に金曜に雇用統計もあります。「動き」は突然くるものなのでそれに備えましょう。 では、今週もお互いにトレードがんばりましょう! 記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性…
  • 詳細へ
    2015年9月21日
    ディーラーによるドル円見通し「ダブルトップのネックラインに注意」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 では、今週のドル円の見通しを見て行きましょう。 まずは先週のドル円。 先週は何と言ってもFOMC。 アメリカが利上げをするのかどうかという歴史的瞬間を前に様子見ムードが広がっており、テクニカル派のトレーダーもこの動向を見守っていました。 結局、ノーチェンジ(つまり利上げは行わず見送り)ということ。 ただ、依然としてアメリカ経済は好調。中国をはじめとする経済にも目を向け、もうちょっと様子を見たいとするハト派(dovishドービッシュ)な声明でした。 ドル円に対するインパクトは限定的でトレンドを形成するほどにはなりませんでした。 今週のドル円の見通し 今週のライン 6月前半と8月前半にそれぞれ高値をつけているこのチャートの形をダブルトップといいます(山が二つ)。 上昇トレンド後にこのダブルトップが出現すると下げトレンドのはじまりと言われてます。そして、その下げでポイントとなるラインがネックラインといわれる山の付け根の部分です。 今回、この付け根の部分が120.70円となっています。 なので、今週のラインはこの120.70円。このラインを下回っているうちはトレンド…
  • 詳細へ
    2015年9月14日
    ディーラーによるドル円見通し「今週の勝負ラインは121.50円」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 では、今週のドル円の見通しを見て行きましょう。 まずは先週のドル円。 今週は上げの一週間でした。 119円から順調に上げ、何度か121円をヒゲで抜けました。ただ、これをもって上昇トレンドということはできず、118.50円と121.50円のレンジ内の動き。まだまだ方向感がつかめず、ボラティリティだけ高い状態が続いています。 今週のドル円の見通し 今週のライン ラインは121.50円です。 このラインに近づいて、反落し始めたところをショート(売り)とするのがテクニカル的には有益です。ボラが大きく、かつつかみづらい相場であることには変わりません。ボラティリティが高いと大きく利益を上げることもできますが、一方で損失も大きくなってしまいます。 こういったときほどいつも以上にリスク管理に気を付けましょう。今までリスク管理を怠ってきた方はこういった相場で大きくやられます。そうならないよう、これを機にリスク管理を意識してみて下さい。 ポイントは、「2%ルール」です。損失を総資産の2%に抑えるという単純なものです。100万円なら2万円ですね。100万円でその10倍以上も損失を…
  • 詳細へ
    2015年9月7日
    現役ディーラーによるドル円見通し「118.50円を抜ければさらに下落も」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 では、今週のドル円の見通しを見て行きましょう。 まずは先週のドル円。 荒れた相場の中、大きく下げた1週間でした。 先週、「ラインは120.50円で、荒れた相場の場合、サクッと割れることがある」と述べました。実際見てみると、本当に「サクッと」割れています。 相変わらず荒い値動きは続いています。 今週のドル円の見通し 今週のライン ラインは118.50円。 2015年の4月のレンジの下限がこの118.50のラインでした。ここを抜ければ、トレンドはとうとう下です。しっかり抜ければショートがテクニカル的に有益です。 普段、僕はスイングトレードについてメインで解説をさせて頂いているのですが、実はこれだけ相場が動いていると、チャートの時間軸を5分や1時間にしても、テクニカル的なチャンスがたくさんあります。 動きのまったくない相場だとデイトレードはほとんどおすすめしませんが(スプレッド分負けることが多いから)、このくらいボラが高いならチャレンジするのもありです。 事実、多くのデイトレーダーがここぞとばかりにトレードしています。 (東京時間、ロンドン時間、NY時間すべてトレ…
  • 詳細へ
    2015年8月31日
    現役ディーラーによるドル円見通し「今週のラインは120.50円」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 では、今週のドル円の見通しを見て行きましょう。 まずは先週のドル円。 先週の記事では「落ちてくるナイフはつかむな」と述べましたが、まさにその格言の通り、月曜に大きく下げました。一時116.17円というパニック的な売りで相場はものすごく荒れました(ディーリングルームも慌ただしかったです) しかし、その後は徐々に戻していき、現在は121円を抜けています。 今週のドル円の見通し 今週のライン 120.50円のラインです。 前回サポートラインとなっていたこのラインが今回も活きてきます。 ここをしっかり抜けている今の状態ではテクニカル的にロングが有効です。 ただしこういった荒れた後の相場では、ラインをサクッと割ることもあります。(長期でみても上昇トレンドは崩れてきています) 決して簡単なポイントではないので、自身のトレードに固執せず、しっかり損切りも行いましょう。 では、今週もリスク管理に気を付けてがんばりましょう。 記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等 を保…
  • 詳細へ
    2015年8月24日
    現役ディーラーによるドル円見通し「落ちてくるナイフはつかむな」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 では、今週のドル円の見通しを見て行きましょう。 まずは先週のドル円。 見ると、大きく下げた1週間でした。 先週、上のライン(125円)を抜けないまま、下のラインは124円を抜けるとさらに下に進むと述べました。 先週の記事 「再トライ!しっかり125円抜けるか」 実際、124円を抜けると一気に下落、一時122円を下回るほどの下げでした。 今週のドル円の見通し 今週のライン 120.50円です。 大きく下落した場合、今までポジションをまったく持っていなかった方は「押し目だ」と飛びつきやすいのですが、安易な飛びつきは危険です。 「落ちてくるナイフはつかむな」という格言もあるように、ロングでエントリーしたい場合はしっかり反発を確認してからがベターです。その目安の一つが上記ラインになります。 今週はいつも以上にリスク管理に気を付けてがんばりましょう。 記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等 を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害に…
  • 詳細へ
    2015年8月17日
    現役ディーラーによるドル円見通し「再トライ!しっかり125円抜けるか」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 では、今週のドル円の見通しを見て行きましょう。 まずは先週のドル円。 見ると、月曜から順調に上昇していましたが、水曜に大きく下げ(ドル安)、一時123.78円まで下落しました。その後は123.40ー50のレンジで推移しています。 今週のドル円の見通し 今週のライン 先週と同じく125円です。 また125円を再トライして、しっかり抜けたらさらに上昇が考えられるのでその時点でロング。先週は、125円をつけましたが滞在時間が短くすぐに戻ってしまいました。 この「しっかり抜けたか」の判断ってとてもむずかしいです。今回の場合は抜けたようにみえて実は下がってしまったので難しい相場だったと思います。 見極めの一例として、日足の実体(始値と終値)が125円を上回っている状態をさして「しっかり」と考えるディーラーもいます。あとは、一目均衡表やオシレーター系のテクニカル分析などで判断する人もいます。 125円をちょっとでも抜けたら買いだ、と判断するのではなく、「しっかり抜けたか」を判断してエントリーすること。ラインで分かるのはあくまで売り買いが壮絶な勝負を繰り広げるポイントであ…
  • 詳細へ
    2015年8月10日
    現役ディーラーによるドル円「じわじわ来るドル高」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 では、今週のドル円の見通しを見て行きましょう。 まずは先週のドル円。 見ると先週は「じわじわドル高」でした。 123.91円でスタートした先週、124円前半でクローズこそしたものの、週の間には何度か125円をつけています。 今週のドル円の見通し 今週のライン 125円のラインです。 急激な動きではないですが、まさしく「じわじわ」とドル高が進んでいます。このまま125円を抜ければ、125.86円までレジスタンスがないのさらに動くことも考えられます。 方向性はロングなので、1、2週間のポジション保有期間で考えた場合、仕込むのならまずまずのポイント。 慎重派の方は125円をしっかり抜けてから。 「利上げ、利上げ」と世間では騒がれていますが、利上げをするということはアメリカがいよいよ本格的に景気回復するということです。 そういった長期トレンドにも目を向けつつ、「絶対に方向はあっている」と思わずにエントリー後に時間軸を変更せず、トレードを続けていきましょう。 それでは、今週もリスク管理に気を付けてがんばりましょう。 記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX…