国府勇太

  • 詳細へ
    2015年2月9日
    【ドル円】今週(2月9日〜)の見通しと方向感[国府勇太]
    先週の動きのおさらい(日足チャート) 先週のドル円の動きを見てみましょう。 これをみると金曜の雇用統計こそ上昇したものの、テクニカル的には動きはありませんでした。 ちなみに2月6日(金)の雇用統計の結果はこうです。 ・非農業部門雇用者数 予想23万 → 結果25万7000人 ・失業率 予想5.6%→結果5.7% 経済指標の見方は「予想よりどのくらいいいか?」です。今回予想よりも良かったのでアメリカ経済の好感が期待され、上昇(ドル高)となりました。 今週の動きは? 雇用統計後に大きく上がったあと、119円のライン上で動いていました。 直近(2015年2月9日8時現在)の5分足です。 なのでなかなかこのラインは下がりにくいのではないかとの見方もあります(そんなこといっても抜けるときはさっくり抜けますが)ただ全体としてはまだまだ方向感が見えないところ。 個人投資家の強みは「待つ」こともできることです。 無茶なエントリーには注意しましょう。 それでは、今週もリスク管理に気を付けてがんばりましょう。 記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。また、記事の内…
  • 詳細へ
    2015年2月2日
    【ドル円】今週の動きは「三角保ち合い」を様子見!![国府勇太]
    先週の動きのおさらい(1月26日〜の週) 先週のドル円の動きを見てみましょう。 これをみると1日の値動きは1円を超えて大きいものの1週間で見てみると大きくレベルは変わらずでした。先週、言及したように、「方向感のない相場」が続きました。 今週の動きは? まだまだ方向性がないので様子見です。チャートの動き、あまりかわらないのですが、この形、実は三角形をしていることがわかります。 このチャートの形を「三角保ち合い」といい、三角形の頂点のところにいくと、プライスは上下どちらかに大きく動くというのがテクニカル分析でよく言われています。 そして、図のように、底辺が下に位置する三角保ち合いを「弱気先行の三角保ち合い」といいます。上値が徐々に切り下がっているので投資家が弱気になっていることを示します。 つまり、テクニカル分析上は116円のラインをわったら大きく下落するのではないかというのが見方です。そろそろ勝負をする日が近いのかもしれません。準備だけはしっかりしておきましょう。 それでは、今週もリスク管理に気を付けてがんばりましょう。 記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解…
  • 詳細へ
    2015年1月26日
    【ドル円】今週(1月26日〜)の見通しと「今週も116円!」[国府勇太]
    今週のドル円の見通し(1月26日〜の週) 先週の動きのおさらいです。 これをみると先週はほとんど大きな変化がなかったです。 ただ、ボラティリティ(変動率)は高く、特に下ヒゲが長いので、どちらかというと売り(圧力)<買い(圧力)とテクニカル上では分析できます。 ただ、こういった方向感のない相場は基本、様子見が一番です。 常々いっていますように個人投資家の最大の強みは「待つ」ことができること! チャートがいい形になってから入ればいいんです。難しそうなのは無理してエントリーする必要なし。「あ!やっぱり取引しなきゃよかった」と嘆くよりも、「あ!あの時取引しておけばよかった」と機会損失を嘆く方が長い目で見て資産は増えます。 今週の動きは? 先週から申し上げているとおり、今週も116円。勝負をするとしたらここです。 ちょうど移動平均線の中期線(赤色)の先端の部分も116円を描画しています。 2回反発しているポイントなので、もう一度このラインに近づいたときに明確に抜けるたら勝負所です。明確に抜けるようであればやはりショート。逆にトレンドが上に行った場合の勝負ところは120円です。 それでは、今週もリ…
  • 詳細へ
    2015年1月19日
    【ドル円】今週(1月19日〜)の見通しと「勝負所は116円!」[国府勇太]
    今週のドル円の見通し(1月19日〜の週) 先週の動きです。 これをみると先週は「下がって最後に大きく反発。」前回方向感がないと指摘したとおり、週ベースでみると、大きくは変わりませんでした。 ただ、先週で特筆すべきは、1月15日(木)のスイスショック。 ユーロスイスの日足 スイスの中央銀行がユーロスイスを1.2を割れないように「介入」して支えていたのですが、それを撤廃。たまっていたエネルギーが一気に爆発! 大きく下落し、それに合わせてほかの通貨ペアも大きく動きました。 今週の動きは? 今週のポイントは、116円。勝負をするとしたらここです。 2回反発しているポイントなので、もう一度このラインに近づいたときに明確に抜けるかが勝負です。 明確に抜けるようであればショートがよいかと思います。より慎重な方は、移動平均線の長期線(黄色)の115.374円をしっかり割ってから。それでは、今週もリスク管理に気を付けてがんばりましょう。 記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではあり…
  • 詳細へ
    2015年1月13日
    投資【超】初心者必見!!「FXと株」の違い[国府勇太]
    「投資をやってみよう!」と思い立ったはいいものの、株、投資信託、FX…世の中にはいろいろな金融商品があり、説明も難しいものが多いです。そこで、今回ワイジェイFXの現役ディーラーが2つの人気金融商品、株とFXの違いについて徹底解説します。 株とFX、3つの違い 株とFXの違いを、初心者でもわかりやすく、以下の3点に集約してみました。 1.取引所 2.取引時間 3.流動性 決して難しくはないので、ひとつずつ見ていきましょう! 1.取引所 まず違うのが取引所の有無です。 株は”東証”に行っても買えない そもそも皆さん、株ってどこで買えるか知っていますか? 例えば、あなたがヤフーの株を買いたいと思ったとします。 その場合、まずは証券会社(野村証券やSBI証券など)に口座を開設する必要があります。そして、その株の売買が行われている「もと」が「証券取引所」という取引所です。私たちのような一般の人が買うには、証券会社を「通じて」これらの株を買うことになります。(僕は中学生のころ、東証に行けば株を買えると思っていました(笑)) たとえば、ヤフーの株は「証券取引所」の一つ、「東京証券取引所(いわゆる東証…
  • 詳細へ
    2015年1月12日
    備えよう。相場の動きは突然に![国府勇太]
    今週のドル円の見通し(1月12日〜の週) まずは先週(2015年1月5日から1月9日)の相場を振り返ってみましょう。 マーケットはいろいろニュースを出しましたが、大局でみると、先週はさしたる動きがない相場でしたね。9日(金)の雇用統計もほとんど動かず。また、前回指摘した「122円」もまったく試さずじまいでした。一言で振り返ると、「方向感がなかった」といえます。 今週の動きは? 先週までの流れを踏まえると、今週も方向感のない相場ではないかと考えるのがテクニカル上は自然です。しかし、流れは急にやってきます。チャンスは急におとずれるもの。「あのときがチャンスだったんだ。。」と相場に乗り遅れることがないよう、仮に一気に動くような動きを見せたらエントリーできるよう準備だけはしておきましょう。 ただ、今の段階でこういった方向感が出ないうちにダラダラとトレードするのは避けたいところです(とくに日足ベースでの取引の方。5分足ベースのデイトレードならまだアリです)。今年最高値をつけた120.73を明確に超えるまで、買いを控え、じっと待つのもアリかと思います。安値買いで今から仕込むというのも選択肢としては…
  • 詳細へ
    2015年1月5日
    年始のポイントは「安値の拾い」と「122円を超えるか?」[国府勇太]
    あけましておめでとうございます。YJFX!ディーリング部国府勇太です。 今年もどうぞよろしくお願い致します。 今週のドル円の見通し(1月5日〜の週) まずは先週(2014年12月29日から2015年1月2日)の相場を振り返ってみましょう。 前回、年末といえど1円程度は十分動く可能性はあるとの指摘通り。特に12月30日(火)に大きく円高に振れました(値動きは1円80銭以上!)ただ、こちらも前回したとおり、これはトレンドではないです。勝負は今週からです。 今週の動きは? 今週から少しずつまともなマーケットとなってきます。といっても、実は週明けはまだまだ。各外資系銀行も提示スプレッドはワイドです。7日(水)くらいから徐々に普段通りのマーケットとなります。 ここで安値の拾い方のワンポイント! 安値の拾い方として、下落(円高)途中にあるものを拾うのはおすすめしません。なぜなら底をつかむのはとても難しいからです。さらに下がって「損に耐え切れない!」ということがよくあります。短い時間軸(5分足などで結構です)で確認し、1番底、2番底をついてからの上昇をしっかり待ってから拾うと、うまくいきやすいです。…
  • 詳細へ
    2014年12月29日
    【ドル円】過去の年末の動きと年末のトレードの注意点について[国府勇太]
    先週のマーケットの振り返りと年末のトレードアドバイス まずは先週(2014年12月22日から26日)の相場を振り返ってみましょう。 これを見ると、ほぼ動かずですね。クリスマスをはさみ、スプレッドもワイドになりがちなのでトレードは控えたほうがよいとの前回の指摘通りでした。特に大きな材料もなし。 今までの年末の動きは? 今週は、年末です。そもそも年末の動きってどうなのか、過去6年分の年末3日間でどのくらい動いたのかを調べてみました。 2008年(12月29日〜31日)0.15円上昇(円安) 2009年(12月29日〜31日)1.12円上昇(円安) 2010年(12月29日〜31日)1.12円下落(円高) 2011年(12月28日〜30日)0.94円下落(円高) 2012年(12月27日〜31日)0.76円上昇(円安) 2013年(12月27日〜31日)0.45円上昇(円安) ↑↑↓↓↑↑と続いているので、アノマリー的には↓(円安)でしょうか?(もちろん参考程度に流してください) ただ、1円程度は十分動く可能性はあります。 年末トレードについての本音アドバイス FXをはじめてから年末をはじめ…
  • 詳細へ
    2014年12月22日
    アメリカ国債の流れを知ることがFXにおいてとても重要!![国府勇太]
    今週の「米ドル/円」相場の見通しとワンポイント まずは先週(2014年12月12日から16日)の相場を振り返ってみましょう。チャートは見やすさを重視して、平均足(日足)というものを使っております。※平均足とは、値動きのブレを排除し、トレンドをわかりやすくとらえられるように、ローソク足に修正を加えたものです。 これを見ると先週は「もみあい」でした。 特に注目すべきは、12月16日(火)。 この日、米10年債利回り(つまりアメリカの国債)が一時2.0089%まで急激に低下し、ドル円も大きく下落(円高)しました。 ここでワンポイント講座。 アメリカ国債(特に10年債利回りが大切)が下がる ↓ アメリカの価値が下がる ↓ ドル円下落(ドル安) となります。 アメリカ国債の流れをチェックしていくことはFXにおいてとても重要です。「国債の金利なんて見たことないよ」という方は、まずは1年の大まかな流れから抑えるのがよろしいかと存じます。 ⇒米10年国債の確認はコチラから 今週の見通し 今週の注目は、先週の火曜につけた安値(115円555円)。 一度大きく安値をつけると、その後のマーケットはそのライン…
  • 詳細へ
    2014年12月15日
    「ドル円」相場はNYダウを見るのも有効[国府勇太]
    今週の「米ドル/円」相場の見通しとワンポイント まずは先週(2014年12月8日から12日)の相場を振り返ってみましょう。チャートは見やすさを重視して、平均足(日足)というものを使っております。※平均足とは、値動きのブレを排除し、トレンドをわかりやすくとらえられるように、ローソク足に修正を加えたものです。 これを見ると先週は下げ相場、いわゆる「調整」です。FX攻略さんで連載を始めてから、初めて「下げ」と書きました。それだけ上げていた相場だったことがわかります。先週のテーマは「年内に123円を超えるか?」でした。123円どころか122円も超えず、壁は厚かったということですね。 要因はとにかくダウが下げたこと ダウが下がる→米国経済が弱い→ドルが下がるというシナリオです。 10月中旬から上昇トレンドだったダウも、ここにきて下げが目立つようになりました。NYダウの動きをみることはドル円にとってとても有用なのでぜひご確認下さい。 ⇒NYダウの確認はコチラから 今週の見通し 下げたといってもちょうど25日移動平均線上(つまり過去1か月の平均のプライス)で止まっている状況です。 移動平均線はすべて…