国府勇太

  • 詳細へ
    2017年9月11日
    ディーラーによる今週のドル円「こんなに下げたの?マーケットテーマは北朝鮮!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「マーケットテーマは北朝鮮」 先週を一言で表すと「マーケットテーマは北朝鮮」です。 先週9月4日(月)には、109.64円でスタートしたドル円。 週を通して軟調な展開でした。 特にハイライトは8日(金)です。 大きく円高に進み、一時107.28円まで下げました。 要因は2つです。 まずは、9日(土)の北朝鮮の建国記念日を控えた動き。 9日にさらなるミサイル発射などを行うことへの警戒感が広がったことです。 そして、日本時間で8日(金)の午後2時頃にメキシコでマグニチュード8を超える巨大地震が発生したこと。 これを受けて発生当時、大きく円が買われました。 ドル円、今週の見通し EMA(指数平滑移動平均線)をプロットしてみましょう。 パラメーターは以下です。 短期線(白):25日 中期線(赤):75日 長期線(黄):200日 3つのEMAの順番が「白<赤<黄」となっています。 これはテクニカル的に下げのサインです。 ただ、まだ長期線(黄)の線が下向いていません。 この線がしっかり下…
  • 詳細へ
    2017年9月4日
    ディーラーによる今週のドル円「インパクトは雇用統計以上!あの国に振り回された1週間」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「お騒がせのあの国に振り回される」 先週を一言で表すと「お騒がせのあの国に振り回される」です。 先週8月28日(月)には、109.245円でスタートしたドル円。 続く29日(火)の早朝、大きくマーケットが動きました。 原因は、北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、北海道の上空を通過したニュースによるものです。日本ではJアラート(全国瞬時警報システム)が作動し、朝から大騒ぎとなりました。 このニュースを受け、円高が進み108.26円まで下落しました。 その後は反発し、31日(木)には高値110.679円まで上昇しました。 そして9月1日(金)は月に一度の雇用統計でした。 結果は以下です。 NFP(8月非農業部門雇用者数変化(前月比)) 予想:18万人 結果:15.6万人 失業率 予想4.3% 結果:4.4% 予想より悪い結果を受け、発表後は109.50近辺まで下げる場面も見られましたがその後全戻しの展開でした。 結局110.274円でクローズしています。 雇用統計よりもやはり北朝鮮情勢…
  • 詳細へ
    2017年8月28日
    ディーラーによる今週のドル円「勝手に失望?ジャクソンホールの結果は…」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「盛り上がらないマーケット」 先週を一言で表すと「盛り上がらないマーケット」です。 先週8月21日(月)には、109.259円でスタートしたドル円。 今週も109円と109円後半をいったり来たりする小幅な動きに終始しました。 注目は25日(金)23時のジャクソンホール会議でした。 ここでイエレン議長の発言に注目が集まっていました。 1週間の動きをより捉えやすく4時間足であらわしたチャートが以下です。 「イエレンが金融政策に関して発言するのでは?」との期待で直前にかけてその日の高値を追う展開となりました。 そして注目のジャクソンホール会議。 結果はまったくの期待ハズレで、イエレン議長は、金融政策には全く触れませんでした。 いわゆる「マーケットが勝手に期待して勝手に肩透かし」の展開でした。 これを受けてドル円は下げ、結局109.318円でNYクローズしました。 ドル円、今週の見通し 俯瞰して見ると現在ドル円はレンジ相場です。 下に抜ければ動く展開ですが、いまいちパッとしません。 …
  • 詳細へ
    2017年8月21日
    ディーラーによる今週のドル円「リスクオフ加速!108円台へ!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「110円近くまで上がるも一気にリスクオフ」 先週を一言で表すと「110円近くまで上がるも一気にリスクオフ」です。 先週8月14日(月)には、109.08円でスタートしたドル円。 今週も引き続き商いの薄いマーケットが続きました。 続く、8月15日(火)には大きく陽線をつけ、16日(水)には高値110.94をつけるもその後は軟調な展開でした。 トランプ大統領の減税政策の実現性が疑問視され、全体的にリスクオフの流れとなり、週末18日(金)に安値108.599まで下落。 その後は反発し109.215円でクローズしました。 ドル円、今週の見通し SMA(単純移動平均線)をプロットしてみましょう。 パラメーターは以下です。 短期線(白):25日 中期線(赤):75日 長期線(黄):200日 注目は短期線(白)です。 8月9日にデッドクロスを形成して以降、右肩下がりです。 そして、しっかりこのラインで反落している重要なラインです。 テクニカル的には下ですが、むやみにショートを持ちづらい難…
  • 詳細へ
    2017年8月7日
    ディーラーによる今週のドル円「注目ライン110円割れ!でも跳ね返るマーケット」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言 「とうとう110円割れ!しかし何度も反発」 先週を一言で表すと「とうとう110円割れ!しかし何度も反発」です。 先週31日(月)には、110.640円でスタートしたドル円。 今週も商いの薄いマーケットが続きました。  続く、8月1日(火)には一時110円割れをするもその後は反発。 2日(水)には一気に111円近くにまで上昇しました。 ただ、その後は下落し再び3日(木)には110円割れ。  そして、4日(金)は注目のアメリカの雇用統計。 結果は以下です。 7月非農業部門雇用者数変化(前月比) 予想:18万人 結果:20.9万人 指標発表時のチャート(15分足)はこちらです。 アメリカの雇用統計の見方は結果だけではなく、予想と結果との乖離です。予想より結果がよければ上昇し、わるければ下落するのが一般的です。  今回は予想より結果のほうが良かったので上昇しました。 結局110.71円で週末クローズを迎えました。 110円を少しでも割るとその後大きく上昇という動きを繰り返した1週間…
  • 詳細へ
    2017年7月31日
    ディーラーによる今週のドル円「パッとしないマーケットが続く」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「薄い商いが続く」 先週を一言で表すと「薄い商いが続く」です。 先週24日(月)には、111.11円でスタートしたドル円(余談ですが1のゾロ目。すごいですね!)。 その日はほとんど始値と終値が同時でした(寄付同時線といいます)。 続く火曜は陽線で上昇、水曜には112円を超える場面も見られたもののその日のうちに下落。さらに週末にかけて下げを加速させて110.70円でクローズしました。 とくに見せ場もないパッとしないマーケットでした。 あいかわらず商いは薄いです。  ドル円、今週の見通し EMA(指数平滑移動平均線)をプロットしてみましょう。 パラメーターは以下です。 短期線(白):25日 中期線(赤):75日 長期線(黄):200日 中期線と長期線が久しく横ばいでした。 これは動きがほとんどないということです。 ただ、直近短期線(白)が中期線(赤)とクロスしようとしています。 これはデッドクロスといい一般的に「下落」のサインです。  前回、この2本の線がクロス(ゴールデンクロス…
  • 詳細へ
    2017年7月24日
    ディーラーによる今週のドル円「トレンドではなくただの夏枯れでは?」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「さらに下がったマーケット」 先週を一言で表すと「さらに下がったマーケット」です。 先週17日(月)には、112.47円でスタートしたドル円。 月曜こそ陽線で少し上昇したものの、その後は週を通してすべて陰線。 週末21日(金)には111円割れ直前の111.01円まで下げました。  ドル円、今週の見通し EMA(指数平滑移動平均線)をプロットしてみましょう。 パラメーターは以下です。 短期線(白):5日 中期線(赤):25日 長期線(黄):75日 みると短期線がしっかり下げ、中期線と長期線ともにクロス(デッド)しています。 テクニカル的には下げです。一般的には売りのサインです。 ただ、先週から言っていますが「夏枯れ」です。 マーケットが薄いため、ちょっとしたことでチョッピーな動きをすることがしばしば出てきています。  これをそのまま「下げトレンド」と解釈するのは早計です。 無理をする場面ではありません。 あまり大きなアマウントで取引することないよう注意しましょう。 では、今週も…
  • 詳細へ
    2017年7月17日
    ディーラーによる今週のドル円「夏は枯れても意外と動く」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「あっさり下がったマーケット」 先週を一言で表すと「あっさり下がったマーケット」です。 先週10日(月)には、114.03円でスタートしたドル円。 続く火曜には前回高値を超え、114.50円手前の114.493円までつけました。 しかしその後は下落。13日(木)には少し反発したものの114円には届きませんでした。 そして、ハイライトは14日(金)です。 日本時間夜21:30のアメリカの重要な経済指標(小売売上高、消費者物価指数)が予想よりも悪い結果だったことを受けてドルが売られました。 この結果により、一時112.50円を割り112.25円までさげましたがその後は少し反発。 結局112.495円でクローズしました。 意外とあっさりここまで下がってしまったなというのが正直な感想です。 ドル円、今週の見通し ボリンジャーバンドをプロットしてみましょう。 ボリンジャーバンドとは移動平均を表す線(白)と、その上下に「値動きの幅(ボラティリティ)」を示す線(バンド)を加えたテクニカル分…
  • 詳細へ
    2017年7月10日
    ディーラーによる今週のドル円「114円超え!意外とあっさり上がるマーケット」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「あれよあれよと114円超え!」 先週を一言で表すと「あれよあれよと114円超え!」です。 先週3日(月)には、112.21円でスタートしたドル円。 月曜は大きく上昇。113円も軽く超え大きな陽線となりました。 火、水、木は動きなし。 火曜に北朝鮮がICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射に成功とのニュースがあり、一時円が買われる場面がありましたがマーケットへそこまで影響はありませんでした(こういった動きを「影響は限定的」といいます)。 ちなみに、北朝鮮がICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射に成功するということは「アメリカが射程圏内」に入るということです。教科書的にリスクオフ(円高)の流れとなります。 そして、金曜は注目の雇用統計でした。 結果は以下でした。 ・NFP 結果:22.2万人(予想:17.8万人) ・失業率 結果:4.4%(予想:4.3%) 見て分かる通り、予想より結果が良かったです。 教科書通り上昇(ドル高)となり、114円を超えましたがその後はパッとせず結局114…
  • 詳細へ
    2017年7月3日
    ディーラーによる今週のドル円「意外と堅調?それでも焦る必要はない」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「意外と堅調な1週間」 先週を一言で表すと「意外と堅調な1週間」です。  先週6月26日(月)には、111.26円でスタートしたドル円。 月・火は比較的長い陽線をつけました。 その後、29日(木)には一時113円に迫る場面もありましたが、113円超えはならずその後は大きく下げ112円割れ。 しかし111.70円からは再び上昇し、112.44の高値圏でクローズしました。  大きな材料がないものの堅調な1週間でした。 ドル円、今週の見通し SMA(単純移動平均線)をプロットしてみましょう。 パラメーターは以下です。 短期線(白):25日 中期線(赤):75日 長期線(黄):200日 3本の線が一層密集してきました。この3本の密集振りは今年一番です。 それだけ方向感がないということです。  あえてあげれば中期線が長期線を越えようとしています(中期線>長期線)。 これもゴールデンクロスと呼び、一般的には買いのサインとなります。 (ただ、一方で中期線が短期線を上回っており、こういったポ…