国府勇太

  • 詳細へ
    2018年2月26日
    ディーラーによる今週のドル円「反発!でも流れは下で変更なし!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「しっかり反発!しかし木曜には下落」 先週を一言で表すと「しっかり反発!しかし木曜には下落」です。 2月19日(月)に106.332円でスタートしたドル円。 先週までの安値更新の動きとは違い、今週はしっかり反発しました。 19日(月)、20日(火)、21日(水)と週の中盤まではしっかり反発。 特に、21日(水)には高値107.90まで上昇しました。 しかし反発はここまで。 22日(木)には一変。流れが変わりました。 特にNY時間にアメリカの長期金利低下に伴いドル円が下落しました。 週末23日(金)にはほとんど動きなし、結局106.83円でクローズしました。 ↓↓ 公式サイトで今すぐYJFX!の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓ ドル円、今週の見通し  先週も使ったボリンジャーバンドをプロットしてみましょう。 見ると、ボリンジャーバンドがしっかりワークしています。 先週は、「トレンドは下だけど反発もあり得る」と述べており、その目安となるマイナス1σを超え、MA(白色)近…
  • 詳細へ
    2018年2月19日
    ディーラーによる今週のドル円「とまらない下落!なんでそんなに下がるの?」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「下落加速!とうとう105円台まで!!」  先週を一言で表すと「下落加速!とうとう105円台まで!!」です。 2月12日(月)に108.84円でスタートしたドル円。 今週も大きく下げました。 13日(火)に重要ラインである108円を割り込むと、14日(水)には一気に107円割れの106.72円まで下落。 15日(木)には106円割れ寸前までさらに下げ、16日(金)には東京時間に106円ととうとう割れ、割れた途端一気にマーケットが崩れて105.55まで下げる大相場。 その後反発し、106.30円で週末クローズをしました。 とにかく下げましたね。 でも、実はこの下げは大きな経済ニュースが要因ではないです。 しいてあげれば下記2点です。 ①アメリカ株急落 → 利上げ観測後退→ドル売り ②黒田日銀総裁の続投が固まる → 円買い それよりも、テクニカル的に下値を割り込んだため大きく売られたことが原因です。 ↓↓ 公式サイトで今すぐYJFX!の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓ …
  • 詳細へ
    2018年2月12日
    ディーラーによる今週のドル円「下落止まらず!108円割れ目前!!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「下落!再び108円台へ」 先週を一言で表すと「下落!再び108円台へ」です。 2月5日(月)に110.177円でスタートしたドル円。 週明けからドル円は大きく下げました。 先週末のアメリカ株の大幅下落を受け、週明け日本でも日経平均が大きく下落し、それに伴いドル円も下げました。 続く6日(火)にも続落。 109円を割り、一時安値108.448円をつけました。 その後反発するも軟調なムードは変わらず週末にはNY時間にはさらにもう一段下げ、安値108.047円と108円台割れ直前まで進みました。 結局108.784円週末クローズ。下落した1週間となりました。 ↓↓ 公式サイトで今すぐYJFX!の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓ ドル円、今週の見通し 先週、25EMAが戻り売りのチャンスといい、それに沿ってしっかりショートを建てられた方は利益を上げられた相場かと思います。 ここからのマーケットどうみるのか? 今回はボリンジャーバンドをプロットしてみましょう。 注目すべきは…
  • 詳細へ
    2018年2月5日
    ディーラーによる今週のドル円「反発!戻り売りのチャンス到来?」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「反発!!」  先週を一言で表すと「反発!!」です。  1月29日(月)に108.086円でスタートしたドル円。 1月30日(火)には108.41円まで下げましたが、その後は3日連続上昇。 先々週までの下落基調から一転、先週は反発した1週間でした。  そして、1月31日(水)にはイエレン氏最後のFOMCがありました。 タカ派(どんどん利上げをしましょうというスタンス)の発言になり、これで3月に利上げは確実視、さらに年4回の利上げもあり得るのではとの見方が広がりドル円の反発を支える材料となりました。 週末はアメリカの超重要な経済指標である、雇用統計の発表が日本時間22:30にありました。 結果は以下です。 ・NFP(非農業部門雇用者数変化:前月比):予想18万人 結果20万人 ・失業率:予想4.1% 結果4.1%  雇用統計の発表は「予想」と「結果」がどれだか乖離しているかがポイントです。 一般的にNFPは予想よりも数字が良ければ(大きければ)ドル円上昇、逆なら下落となります。…
  • 詳細へ
    2018年1月29日
    ディーラーによる今週のドル円「下げ止まらない!原因は?」[国府勇太]
    国府勇太です。 インフルエンザ、流行っていますね。 皆さんは大丈夫でしょうか?(僕はうつらないかビクビクしています笑) 加湿して、暖かくしてお過ごし下さい。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言 「下げ止まらない」 先週を一言で表すと「下げ止まらない」です。  1月15日(月)に110.587円でスタートしたドル円。 15日(月)こそ反発したものの、長い陰線(1日を通して下落)の多い1週間でした。 特に24日(水)、ダボス会議でムニューシン米財務長官がドル安を容認する発言をするとマーケットが反応して大きくドル円は下落しました。 その後トランプ大統領が「最終的には強いドルを望んでいる」といわゆる火消しに走ると小反発しました。 そしてトドメは、黒田日銀総裁です。 2%の物価目標に「ようやく近づいている」と発言したことでさらにマーケットが反応。 ドル円下落がさらに進みました。  なぜこの発言でドル円が下落(円高)となるのか? ①物価目標を達成する → ②金融緩和政策が正常化 → ③そうすると金利が上昇 → ④そして円の価値が高まる → ⑤なので…
  • 詳細へ
    2018年1月22日
    ディーラーによる今週のドル円「下落!実は気になる2つのラインとは?」[国府勇太]
    国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「下値を探る展開」 先週を一言で表すと「下値を探る展開」です。  1月15日(月)に111.076円でスタートしたドル円。 先々週の大幅下落の流れを引き継ぎ今週も下落しました。 15日(月)には、111円をしっかり割り、安値110.330円をつけ、続く16日(火)にも安値更新し110.247円をつけました。 さらに17日(水)にも安値更新し110.192円と、じわじわと「110円割れ」が現実味を帯びてきました。  しかしその後は急反発。一気に111.30円台まで上昇するも、上値は重く週末の18日(木)・19日(金)と続いて下落。 結局110.773円でクローズしました。 ドル円、今週の見通し EMAをプロットしてみましょう。 パラメータ(設定値)は以下です。 短期:5 長期:25 このパラメータ(設定値)のEMA、実は「稼げる」ラインです。 特に去年からしっかり機能しており、こういったマーケットでもゴールデンクロスで買い、デッドクロスで売りというシンプルなトレードでもしっかり利益を出せて…
  • 詳細へ
    2018年1月15日
    ディーラーによる今週のドル円「2018年のFXは一味違う?」[国府勇太]
    国府勇太です。  謹んで新年のご挨拶申し上げます。 今年も皆様の投資のお役に立てるように少しでも良い記事を書いていく所存です。 本年も変わらぬご指導・ご鞭撻を宜しくお願い申し上げます。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「大きく下落」 先週を一言で表すと「大きく下落」です。  1月8日(月)に113.124円でスタートしたドル円。 今週はすべて陰線(いんせん:その日の始値より終値のほうが安い)で、軟調な展開が続きました。 大きなニュースはないのですが、9日(火)には、日銀が国債買い入れオペで「超長期債の購入額を減額」しました。 「国債買い入れオペ?」「超長期債?」「両者の関係がよくわからない」という方もいらっしゃるかとおもいます。わかりやすくいうと、一般的に日銀の行うオペレーション(公開市場操作)と金利の関係は以下となります。 1.国債買い入れオペで購入額を増額 → 国債の価格は上昇 →「長期金利は低下」→ ドル円上昇(円安) 2.国債買い入れオペで購入額を減額 → 国債の価格は下落 →「長期金利は上昇」→ ドル円下落(円高) 今回は、…
  • 詳細へ
    2017年12月25日
    ディーラーによる今週のドル円「反発!年内一勝負あるのか?」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「反発」 先週を一言で表すと「反発」です。 12月18日(月)に112.705円でスタートしたドル円。 先々週のFOMC後に大きく下げましたが、今週は反発しました。 反発の勢いは木曜まで続き、高値113.63円をつけました。 週末はほとんど動意なく113.315円でクローズしました。 ドル円、今週の見通し SMA(単純移動平均線)をプロップしてみましょう。 パラメータ(設定値)は以下です。 短期線:5 中期線:25 長期戦:75 先々週の下落は、長期線がローソク足の実体で反発し、短期線が中期線手前で上昇に転じています。 サインとしては「買いのサイン」です。悪くはありません。 仕掛けるならロング(買い)です。 この場合、短期線をサポートの目安とします。 年末となり取引が閑散とするなか流動性が低いので一気にマーケットが動く可能性もあります。 とはいえ、このままなにもなく今年が終わるというのがメインシナリオです。 トレードをする人は十分に注意しましょう。 では、今週もリスク管理に気…
  • 詳細へ
    2017年12月18日
    ディーラーによる今週のドル円「これでいいのか?FX」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「FOMCで下落!」 先週を一言で表すと「FOMCで下落!」です。  12月4日(月)に113.51円でスタートしたドル円。 前週までの上昇の勢いに乗りきれず、4日(月)、5日(火)は小動きでした。 そして、6日(水)は注目のFOMC。 結果は予想通りの「利上げ」(0.25%)発表で、まったくサプライズのない展開となりました。 しかし、この発表後、ドル円は大きくさげました。 なぜでしょうか? 通常「アメリカが利上げ→ドル上昇」が教科書通りの展開ですが、この利上げはすでに織り込まれていたため、発表をうけむしろ落ち着いた結果です。 このように、FXは結果そのものではなく、マーケットのコンセンサス(総意)が重要です。 雇用統計などの重要指標でも同じことが言えますが、いくらアメリカの経済指標が強くても「マーケットのコンセンサスがそれを織り込み済みならば」ドル円のインパクトは少ないです。 そういう意味で、ファンダメンタルズ分析においては「アメリカの経済は今後どうなるか?」ではなく「アメ…
  • 詳細へ
    2017年12月11日
    ディーラーによる今週のドル円「114.50円が見えてきた!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「上昇が見えてきた、かも」 先週を一言で表すと「上昇が見えてきた、かも」です。 12月4日(月)に112.752円でスタートしたドル円。 6日(水)までは軟調な展開で安値111.994円をつけました。 しかしその後はしっかり上昇。 とくに7日(木)に長い陽線をつけ、続く8日(金)でもしっかり上昇をみせ113.50円でクローズしました。 1時間足を見てみましょう。 このように1週間を見てみると大きな材料で「ドカン」というわけではなく、「ジワジワ」としっかり買われていることがわかります。 ドル円、今週の見通し  注目ラインはここです。 114.50円です。 今年の3月15日以降、上ヒゲで抜けたもののまだ一度も終値で超えていない重要ラインです。 いよいよ見えてきました。 このラインを終値で超えることでさらなる上昇が期待できます。  達成できなければ今年は本当に「なにもない1年」「仮想通貨に食われた1年」で終わってしまいます。 最後にファンダメンタルズについて。 今週は13日(水)2…