国府勇太

  • 詳細へ
    2018年7月16日
    ディーラーによる今週のドル円「112円に急上昇!ドル円が上がるのおかしくない?」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「6ヶ月ぶりの112円台へ!」 先週を一言で表すと「6ヶ月ぶりの112円台へ!」です。 7月9日(月)に110.393円でスタートしたドル円。 アメリカの株価指数が堅調なことを受け、110.90円まで上昇しました。 続く10日(火)、日経平均株価が上げ幅を拡大し、リスクオンの流れとなりさらに上昇。 11日(水)にはアメリカが中国への追加関税をかける中国製品リスト(2,000億ドル相当)を公表、これに対し中国も反撃する気マンマンの姿勢を見せるなど米中貿易戦争への懸念が再発しました。 しかし、NYではアメリカの株価指数が絶好調なこをうけドル円はとうとう112円台に到達。 その後も堅調な流れは変わらず4営業日連続の陽線、週末には高値112.798円までタッチしましたがその後は反落し結局112.30近辺でクローズしました。 ドル円絶好調ですね。 ただ、ここで違和感を感じます。 なぜ「米中貿易戦争への懸念があるのにドル円上昇なのか」という点です。 今までの一般的な流れは以下です。 ① …
  • 詳細へ
    2018年7月9日
    ディーラーによる今週のドル円「上昇の波にのれるか?111円に再チャレンジ!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「111円タッチも乗り切れず」 先週を一言で表すと「111円タッチも乗り切れず」です。 7月2日(月)に110.65円でスタートしたドル円。 続き、3日(火)には高値111.133円と111円超えを達成するも長くは続かず、すぐに110円台へ。 NY時間にはFOMCあるもほぼ無風(レートに影響がほとんどなかったということ)でした。 4日(水)はアメリカは独立記念日で休場。大きな見せ場はありませんでした。 そして5日(木)、日本時間23時にISM非製造業景況指数という重要指標の発表があり、強い数字でしたが、こちらも無風でした。 週末6日(金)、ビッグイベントの米雇用統計の発表がありました。 結果はこちら。 NFP(非農業部門雇用者数) 結果:213K 予想:195K →良い 失業率 結果:4.0% 予想:3.8% →わるい 平均時給 結果:0.2% 予想:0.3% →わるい この結果を受け、ドル円は一時下落。 その後大きく反発するもNY時間をかけてしっかり下落。 結局110.50…
  • 詳細へ
    2018年7月2日
    ディーラーによる今週のドル円「初心者向け!米中貿易摩擦とは結局どういうこと?」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「堅調!」 先週を一言で表すと「堅調!」です。 6月25日(月)に109.883円でスタートしたドル円。 日経平均が下げ幅を拡大したのにつられてドル円も一時109.368円まで下落しました。 続く、26日(火)にはトランプ政権「中国資本25%以上の企業に対する投資制限を検討」とのニュースでドル円は下落するも、その後NY時間に報道否定したことにより反発。 その後、さらに週後半にかけてはしっかり上昇。 110円をしっかり超え、28(木)には110.645円の高値、そして29日(金)TKY時間にEU大統領(トゥスク氏)が「EU指導者は移民に関して合意」と述べると、ユーロが全面高となり、それにつられてドル円も上昇。 結局110.693円で週末クローズしました。 マーケットのテーマは「米中貿易摩擦」です。 週前半はこのテーマに関して緊張が続くも、週後半には緩和し、ドル円上昇の大きな要因となりました。 今後もこのテーマに注目です。 この「米中貿易摩擦」を簡単に読み解くと以下です。 ■アメ…
  • 詳細へ
    2018年6月25日
    ディーラーによる今週のドル円「アメリカと中国の関税バトル勃発の行方は?」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「ドル高は一服(いっぷく)の兆し」 先週を一言で表すと「ドル高は一服(いっぷく)の兆し」です。 6月18日(月)に110.660円でスタートしたドル円。 この日、午前に大阪北部で地震が発生し、日経平均は軟調な動きをしたもののドル円への影響は限定的でした。 そして19日(火)。 この日が先週のハイライトです。 トランプ大統領が新たに中国に対する関税(2,000億ドル分の中国製品に対する制裁関税賦課の検討)を検討していることが報じられるとリスク回避の動きが強まりドル円は急落。 安値109.551円まで下げました。 その後、米中摩擦貿易に関するニュースにマーケットが注視しつつも週末まで小動きの状態が続き、結局110円ちょうど近辺でクローズしました。 保護主義姿勢を貫くトランプ大統領率いるアメリカと、対抗する気マンマンの中国との一触即発状態が続いています。 今後も、 ・米中の貿易摩擦が悪化するニュース(トランプ大統領が中国製品に追加で○億ドルの関税検討など) → ドル円下落 ・米中の…
  • 詳細へ
    2018年6月18日
    ディーラーによる今週のドル円「重要イベントも無難に終わる!意外と堅調な1週間!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「堅調!! 5連続陽線!」 先週を一言で表すと「堅調!! 5連続陽線!」です。 6月11日(月)に109.32円でスタートしたドル円。 この日は大きく上昇し、再び110円を超え高値110.116をつけました。 続く12日(火)も続伸。この日、110.50円目前まで上昇しました。 ちなみに、この日歴史上はじめてとなるアメリカと北朝鮮のトップの会談が行われましたが、とくに大きなサプライズもなくマーケットへの影響は限定的でした。 13日(水)には、FOMC(米連邦公開市場委員会)が開催され、予想通り利上げが発表されました。 こちらもマーケットに織り込み済みのため影響は限定的。 発表を受け一時110.844円まで急上昇するもその後は大きく反落し、上ヒゲの長い足となりました。 しかし14日(木)には再びしっかり上昇。 週末15日(金)もその勢いが続き、高値110.902円と111円近くまで上昇しました。 5日連続すべて陽線(始値より終値の方が高い)という堅調な一週間となりました。 ↓↓…
  • 詳細へ
    2018年6月11日
    ディーラーによる今週のドル円「方向感なし。今週の重要イベントに注目」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「方向感ない」 先週を一言で表すと「方向感ない」です。 6月4日(月)に109.457円でスタートしたドル円。 6日(水)に110.263円まで上昇したもののその後は反落。 8日(金)には安値109.199円タッチし、結局109.479円で週末クローズしました。 先々週と同じく、方向感のない一週間でした。 ↓↓ 公式サイトで今すぐYJFX!の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓ ドル円、今週の見通し SMA(単純移動平均線)をプロットしてみましょう。 設定値(パラメータ)は以下です。 短期線(白):5 長期線(赤):25 長期線(黄):75 うーん、方向感ないですね。 長期線は横ばい、短期・中期は入り乱れています。 これは、一言でいえば「無理をしてはいけない」相場です。 アナリストの方々もいろいろな要因を上げていますが、目立ったニュースもなく、方向感もつかめない状態です。 ほんとうに、トレードをするのが難しい展開です。 テクニカル分析は、エントリー(新規注文)やエグジッ…
  • 詳細へ
    2018年6月4日
    ディーラーによる今週のドル円「さらに下げるも…難しい展開が続く」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「下げ。そして急反発」 先週を一言で表すと「下げ。そして急反発」です。 5月28日(月)に109.776円でスタートしたドル円。 先週109円にタッチしたものの、週末に反発しましたが、今週再び下落でスタートしました。 特に29日(火)に急落。 NY時間に大きく下げ、108.113円と108円タッチに迫る勢いでしたが、その後すぐに急反発。 日足では、「下ヒゲの長い陰線」となりました。 その後30日(水)、31日(木)と「下ヒゲ」長い日が続いて108円後半で推移。 週末に大きく上昇し109.511円でクローズしました。 ↓↓ 公式サイトで今すぐYJFX!の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓ ドル円、今週の見通し 正直、方向感をつかむのが難しい、とてもトレードがしづらい動きです。 こんなときはベーシックなテクニカル分析をつかいましょう。 中学校のときに習った図形の問題でも補助線を引くことで、答えがパッと見えてくることがあります。 テクニカル分析も同じで、先が読みづらいチャー…
  • 詳細へ
    2018年5月28日
    ディーラーによる今週のドル円「直下!一気に109円タッチ!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「直下!」 先週を一言で表すと「直下!」です。 5月21日(月)に110.869円でスタートしたドル円。 上昇トレンドにのってどこまで行くかが注目されていました。 そんなドル円は月曜にさっそく大台111円をタッチしました。 しかしそこからは急降下です。 22日(火)にはあっさり111円割れ、23日(水)24日(木)には2営業日連続で長い陰線(下落)をつけ、安値108.955円と一時109円割れの場面も見せました。 その後週末にかけて反発し、109.55円で週末クローズしました。 気になるファンダメンタルズは、なんといっても米朝首脳会談の中止です。 この中止を受けて、地政学リスクが高まりドル円の下落材料となっています。 そもそも、「地政学リスク」について。 「地政学リスク」とは、「ある地域」が抱える政治的や軍事的な緊張の高まりが、地理的な位置関係により、「その特定地域」の経済などに影響を与えることをいいます。 今回の「米朝首脳会談の中止」を簡単に説明すると、「北朝鮮」の政治的・…
  • 詳細へ
    2018年5月21日
    ディーラーによる今週のドル円「金利上昇で楽観ムード?とうとう111円タッチ!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「楽観のドル高!とうとう110円超え」 先週を一言で表すと「楽観のドル高!とうとう110円超え」です。 5月14日(月)に109.302円でスタートしたドル円。 15日(火)には急伸し、110円を超えそのまま一気に110.45円までいきました。 その後は、110円と110.50円を往復。 16日(木)に110.50円をぬけるとさらにしっかり上昇し、 そのまま17日(金)のロンドン時間まで勢い続いて111円にタッチ(高値111.079円)しました。 その後は、反落。 結局110.70円前後でクローズしました。 まさにドル高の1週間でした。 原因は、アメリカの長期金利が絶好調であることです。 3%を超え、一時3.1%まで上昇していました(週末には3.06%まで下げており、これがドル円反落の原因となっています) ↓↓ 公式サイトで今すぐYJFX!の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓ ドル円、今週の見通し EMAをプロットしてみましょう。 EMAとは移動平均線(MA)の一種で…
  • 詳細へ
    2018年5月14日
    ディーラーによる今週のドル円「2度目のチャレンジも失敗!110円の壁が立ちはだかる!」[国府勇太]
    こんにちは。国府勇太です。 さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。 見るのは日足です。 先週の一言「110円の壁は重い!」 先週を一言で表すと「110円の壁は重い!」です。  4月30日(月)に109.078円でスタートしたドル円。 月曜、火曜は上ヒゲと下ヒゲが同じ長さの十字線。 そして水曜、木曜に上昇。 先々週に引き続き、2度目の110円を試す展開となりました。  しかし、木曜高値110.015円をタッチするとその後は下落(つまり110円超えのチャレンジは失敗)、結局109.33円で週末クローズしました。 (ちなみに週末金曜も十字線(上ヒゲと下ヒゲが同じ長さ)でした) 十字線だらけの1週間でしたね。 十字線は、売りと買いが拮抗(きっこう)している証拠であり、この動きの中での多数の十字線の出現は「相場の迷い」を表してます。 結局、上昇トレンドも一服し、「110円を手前に足止めを食らっている状態」です。 ↓↓ 公式サイトで今すぐYJFX!の魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓ ドル円、今週の見通し EMAをチャートに表示(プロット)させてみましょう。  EMA(イー・…
1 2 3 4 19