注文方法

  • 詳細へ
    2017年4月4日
    実践編3|【成行注文と指値・逆指値注文】FXにおける2系統の注文方法とは
    注文方法の種類を把握しておこう! FXの取引で売買注文を出すには、大別して2種類の方法があります。 一つは成行注文。 これはそのときの価格で、リアルタイムで売買するときに使う注文方法です。スキャルピングやデイトレードなど、その場の判断が重視される取引で多用されますが、相場が急激に動いたときには、そのときの価格で注文が通らないケースもあります。 もう一つは、指値・逆指値注文。 こちらは注文したい価格を予約するやり方で、指定した価格になったときに自動的に取引が実行されます。 なお指値注文が、現在の価格より有利な価格を指定するのに対し、逆指値注文は現在の価格よりも不利な価格を指定します。為替相場が予想に反して不利な展開になることを想定し、ある一定の範囲で損失を止める手段(損切り)として逆指値注文は使われます。 この指値・逆指値注文を組み込んだ予約注文方法についても覚えておきましょう。あらかじめ売買の価格を指定注文しておき、相場が指定した価格に到達した場合に注文が成立します。ここでは代表的な三つの予約注文方法を紹介しています(ポイント②参照)。 どの注文も指値と逆指値を組み合わせることで、決済…