鹿内武蔵

  • 詳細へ
    2018年8月2日
    最後は愛ですよ、愛[鹿内武蔵]
    FXで稼ぎたいならやっぱり好きじゃないと 「どうやったら、FXで利益を出す人を増やせるか。あるいは、FXで負ける人を減らせるか」 これが私の活動テーマであります。 最近思うのですが、最後は「好きかどうか」なんじゃないかと。FXの世界で成功する人を見ていると、だいたいみんな外国為替証拠金取引、もっといえば相場や投資そのものが大好きな気がします。チャートを分析したり、相場の展開をあれこれ予想したり、FX業界にあるいろいろなサービスを研究したり、こういうこと自体を楽しんで自発的に参加できている人が、トレードで稼げるようになるのではないかと。 FXで実績を出している人は、たいていFX以外の投資も知っていますよ。株や仮想通貨に資金を投じているか、投じていなくても一定の知識は当然のようにあります。なぜなら、投資自体が好きだから。FXで勝ちたいから、FXだけ勉強すればOK、という世界じゃないんでしょうね。 実際のところ、リーマンショックのようにFXが勝ちやすい相場もあれば、2017年の仮想通貨のような、その金融商品限定のバブルもあるわけで、金融全体に精通していた方が良いに決まっています。 お金が10…
  • 詳細へ
    2018年7月3日
    副業FXって本当のところはありなの?[鹿内武蔵]
    副業FXのデメリットはマジでハンパない 今、副業が流行していますよね。大手企業でも、社員の副業を認める動きが加速しています。これはつまるところ、「もう会社は社員の人生の面倒を見ませーん」ということ。いやむしろ、会社に寄りかかっていれば、無難に人生を終えられた昭和の一時代だけが、これまでの歴史の中で例外だったともいえます。 多くの方に、ぜひFXを副業の一つの選択肢としていただきたいわけですが、FXと他の副業を個人的に比較してみてしまおうということになりました。 副業としてのFXのデメリットから見ていきましょう。投資の基本は、リスクの管理。良いところには自然に目が行くので、まずい部分を意識的に見ていくべきです。 FXを副業として考えた場合、最大のデメリットは余裕で元本割れすることです。そもそもFXを含む投資は、ジャンル的には副業ではなく資産運用。何らかの価値提供(役務、商品など)と引き換えにお金を得るものではありません。相場に資金を投じるリスクに対して、見返りを得るものです。なので、当然のようにお金が減ることがあります。全身全霊をかけて、長時間取り組むことがあっても、あっさりお金を失います…
  • 詳細へ
    2018年6月1日
    「超長期トレードの仕掛け人」ゆったり為替 13000文字インタビュー「脱サラトレーダーが定義する、FX世界弱肉強食の構図」
    聞き手:鹿内武蔵(編集部) 大学時代は株に夢中。でも勝った記憶はなし 鹿内 改めて、専業トレーダーになる前にされていたことと、専業トレーダーになったきっかけを教えてください。たしか、サラリーマンだったとか。 ゆったり為替 今は専業トレーダーではなく、トレーダー兼ライターと名乗っています。というのは、文章を書いたりサイトを運営したり、インタビューを受けたりでも報酬を得ているので、専業ではないんですね。ちなみに、今だけかもしれませんが、最近の収入は仮想通貨の方が多いんですよ。 鹿内 トレード以外の収入も多いんですね。 ゆったり為替 質問からはそれますけど、FXは機関投資家とかスーパートレーダーがいっぱいいますけど、少なくとも2017年までにおいて仮想通貨はまだ素人ばかりなので、勝ちやすいんです。 鹿内 ぬるく感じると。 ゆったり為替 ぬるいというのはいいすぎですけど勝ちやすいです。 鹿内 仮想通貨FXですか? ゆったり為替 いや、現物です。というのは、証拠金取引は約定拒否が多々あるからです。 鹿内 スプレッドが広すぎません? ゆったり為替 ビットコインはまあまあやりやすいですね。FXでも仮…
  • 詳細へ
    2018年5月26日
    乗れないトレンドが僕を苦しめる[鹿内武蔵]
    ほぼ全員負け組という悲しい現実はある FXで勝つことは、ハッキリいってとても大変です。勝ち組トレーダーの割合は、5%だったり、20%だったりといろいろな意見がありますが、これは「どの期間にプラス収支だったら勝っているとみなす」という、基準となる期間の違いによるもの。どちらにせよ、FXの世界で利益を出している人が、全体の半分以上というデータは見たことも聞いたこともなく、参加者の一部しか利益を出せていない現実があります。 なぜ、ほとんどの人が利益を出せないのか? …これを探るのが、ある意味私のライフワークなわけですが、その一つの理由として、「トレンドに乗ることは、思いのほか難しい」があると思っています。 ほとんどのトレンドは乗れたもんじゃない トレンドとは相場が伸びている方向のことで、上昇トレンドなら買い、下降トレンドなら売りを仕掛ければ、もちろん利益は出るわけですが、実際にやろうとするとね、けっこう乗れないのですよ。これ、FXをそれなりにガチでやったことがある人なら、きっとうなずいてもらえることかと思っています。 トレンドというものは、そんなに簡単に発生しません。ごくたまにしか出ないんで…
  • 詳細へ
    2018年5月12日
    「マーケットの語り部」雨夜恒一郎 8000文字インタビュー「外銀時代の荒くれ者列伝と今後のFX業界」
    聞き手:鹿内武蔵(編集部)  為替の黎明期に外銀で感覚を鍛える 鹿内 雨夜さんといえば、大手外資系銀行を渡り歩いたという経歴をお持ちですが、なぜ大学卒業後に外資系銀行で働こうと思ったんですか。 雨夜 もともと、都銀の就職試験を受けましたが落ちてしまって。外資系も挑戦してみようと思ったのが最初のきっかけですね。で、受けてみたらそっちの方が面白そうだと分かったんです。 私が就職活動していた1985年当時は、まだJPモルガンやチェース・マンハッタンといった外銀が、やっと日本の学生の間で認知され始めた時期でした。バブルに突入する直前の時期で、就職活動は結構大変でしたね。いくつか外資系銀行を受けた結果、英語ができるということもあってファーストシカゴ銀行に進むことにしました。 鹿内 当時、外資系銀行に就職する人は結構珍しかったですか? 雨夜 会社名をいっても知っている人はあまりいませんでしたね。新卒で入社した同期も10名程度。ただ、ファーストシカゴは当時、業界ではダントツの存在感でした。また、円高に突入していく時代だったので、大きく儲けることができましたね。今みたいにコンプライアンスも厳しくなかっ…
  • 詳細へ
    2018年5月4日
    「テクニカル分析の達人」平野朋之 8000文字インタビュー「FX本を読みあさり到達したテクニカル分析の魅力と限界」
    ●聞き手:鹿内武蔵(編集部) 五年も経過すればほとんどがFXを続けていない  鹿内 最初から直球で質問をしますが、なぜFXで利益を出せない人が今も昔も多いのでしょうか。 平野 もちろんいろいろな要因はありますが、一つは飽きっぽい人が多いと思います。 私は自分の会社のサイトに、ある手法のトレード結果を毎日アップしているんですね。正直に本当のことを書いています。 鹿内 あ、それ見てます。 平野 どんなに良い手法でも、勝つときだけじゃなく、負けるときがあります。でも私は続けていけばその手法はお金が増えると分かっていますので、勝ってもそんなに喜びませんし、負けてもそんなに悔しがりません。約定メールが来たら一応確認はしますが、一喜一憂することはないです。 鹿内 それはやはり、検証をしてその手法が勝てるというデータ上の裏付けがあるからですか? 平野 そうですね。検証して優位性があると実証されているわけですから、あとは続けるだけです。良い手法なら、続ければいずれ結果は出ます。 運営サイトには日々の結果と共に、たまにこれまでの通算成績も出していますが、おおむね右肩上がりですよ。ただ、局面を切り取るとそ…
  • 詳細へ
    2018年4月29日
    超初級MT4講座|第10回 カスタムインジケーターを追加する[鹿内武蔵]
    FXのトレードを勉強していると、必ず「MT4」という単語に出くわすはず。また、雑誌やWEBで見かけるチャートの多くは、MT4のものです。この企画は、これから始める人のための、チャート分析を通じて無理なく覚えるMT4入門です。 ※この記事は、FX攻略.com2018年4月号の記事を転載・再編集したものです ・超初級MT4講座|第1回 チャート分析はMT4が一番!な理由[鹿内武蔵]   ・超初級MT4講座|第2回 豊富なテクニカルを使う準備をしよう[鹿内武蔵] ・超初級MT4講座|第3回 MT4が動かない時の対処法とチャートデザイン設定[鹿内武蔵] ・超初級MT4講座|第4回 テクニカル分析を縦横無尽に使いこなす方法[鹿内武蔵] ・超初級MT4講座|第5回 データ収集とライン分析のテクニック[鹿内武蔵] ・超初級MT4講座|第6回 チャートの上に情報を記録する方法[鹿内武蔵] ・超初級MT4講座|第7回 3種類の足(バーチャート・ローソク足・ラインチャート)と平均足を表示する流れ[鹿内武蔵] ・超初級MT4講座|第8回 MT4でオシレーター系指標を使いこなす方法[鹿内武蔵] ・超初級MT4…
  • 詳細へ
    2018年4月26日
    バックテストが楽しくて楽しくて[鹿内武蔵]
    ウィリアムズ父娘は同じシストレを使った 最近ですね、システムトレードへの興味が急騰しています。知人に作ってもらったり、市販のデモ版を手に入れたりして、MT4で手法のバックテストを日々楽しんでおります。まだ本運用には至っていませんが。 さて、システムトレードとは何か、ということになるんですが、これは私も実は長年大きな勘違いをしていました。シストレとは、一定のシステム(=ルール)に基づいて、淡々とトレードを繰り返す取引スタイルのことなんですが、このシステムは裁量・自動売買、どちらもあり得ます。ルール通りに売買することがシステムトレードなんですね。 例として、2018年2月いっぱいで日本での開催が終了したFX公式大会であるロビンスカップ(WTC)。本場米国のロビンスカップ1987年大会を圧倒的な成績で優勝し、一躍有名になったラリー・ウィリアムズは、あるシステムトレードを使いました。その後ラリーの娘であるミシェル・ウィリアムズも、同じシストレで1997年に優勝しています。 この説明を僕が初めて聞いたとき、この親子は自動売買の使い手なんだなと反射的に思いましたが、これは実はちょっぴり恥ずかしい勘…
  • 詳細へ
    2018年4月17日
    「スキャルピングの伝道師」為替鬼 8000文字インタビュー 「FX黎明期の裏話とスキャルピングの夢と現実」
    ●聞き手:鹿内武蔵(編集部) レバレッジ400倍でも超コストのFX業界黎明期 鹿内 まず、FX業界黎明期のお話を聞かせていただけますか。この雑誌は2008年の創刊ですが、為替鬼さんはそれ以前からFXをやられていたとか。 為替鬼 そうですね。私がFXを始めたのは2001年の終わりくらいです。 鹿内 FXが日本国内で解禁されたのは1998年ですから、かなり早いタイミングで参入されたんですね。 為替鬼 そういうことになりますかね。それまでは株をやっていたんですが、FXをやってみて超少額で参入できることにまず衝撃を受けました。なんだかんだいって、本腰を入れて株の取引をしようと思ったら、500〜1000万円は必要になるじゃないですか。それなのにFXの場合なら、僅か数十万円でトレードができます。こんな世界があるんだなと、カルチャーショックを受けましたよ。 鹿内 株の取引とは全く違う世界だったんですね。株でも稼いでらっしゃったんですか? 為替鬼 株には良い思い出がありません。当時予備校の講師をしていたので給料は良くて、有り金全部を株に突っ込んでは負け、追証を求められ、というサイクルでした。 鹿内 F…
  • 詳細へ
    2018年4月11日
    超初級MT4講座|第9回 各種ウィンドウ使いこなしのポイント[鹿内武蔵]
    FXのトレードを勉強していると、必ず「MT4」という単語に出くわすはず。また、雑誌やWEBで見かけるチャートの多くは、MT4のものです。この企画は、これから始める人のための、チャート分析を通じて無理なく覚えるMT4入門。パソコンが苦手な人のために書きました。 ※この記事は、FX攻略.com2018年3月号の記事を転載・再編集したものです ・超初級MT4講座|第1回 チャート分析はMT4が一番!な理由[鹿内武蔵]   ・超初級MT4講座|第2回 豊富なテクニカルを使う準備をしよう[鹿内武蔵] ・超初級MT4講座|第3回 MT4が動かない時の対処法とチャートデザイン設定[鹿内武蔵] ・超初級MT4講座|第4回 テクニカル分析を縦横無尽に使いこなす方法[鹿内武蔵] ・超初級MT4講座|第5回 データ収集とライン分析のテクニック[鹿内武蔵] ・超初級MT4講座|第6回 チャートの上に情報を記録する方法[鹿内武蔵] ・超初級MT4講座|第7回 3種類の足(バーチャート・ローソク足・ラインチャート)と平均足を表示する流れ[鹿内武蔵] ・超初級MT4講座|第8回 MT4でオシレーター系指標を使いこな…
1 2 3 4 12