田向宏行

  • 詳細へ
    2018年1月11日
    私がFXトレードで意識していること[田向宏行]
    FXのスキル向上に欠かせないのが、自分自身の意識改革です。専業トレーダーの田向宏行さんには、トレードで安定した結果を残すため常に意識し続けていることがいくつかあるようです。ここではFXの世界で長く生き残るために、どのような意識を持つべきかレクチャーしていただきます。 ※この記事は、FX攻略.com2017年11月号の記事を転載・再編集したものです 損失の回避こそがFXで収益拡大する秘訣! 今回は私がFXトレーディングで意識しているポイントをお話しさせていただきます。私が最も重視するのは、損失の回避です。もう少し正確に言うと、「無駄な損失の回避」です。 FXでは事前にさまざまな準備をしていても、損失を生むことがあります。これは仕方ありません。しかし無駄な損失はいけません。私は攻めのトレードで利益の拡大を追求するより、無駄な損失を抑えて収益を確保していくことを重視しています。 とても保守的に思われるでしょうが、何でも積極的に攻めれば良い、というのは無謀というものです。特にFXは簡単に損をしてしまいます。だからこそ損失をできるだけ小さくすることが収益の拡大には重要だと考えているわけです。 私…
  • 詳細へ
    2017年8月31日
    【虹色FX (7本の移動平均線)】「虹」が出たときだけトレンドフォローする簡単FX手法[田向宏行]
    虹に見立てた七色の移動平均線は、明確なトレンドが発生しているときのみ、奇麗な虹を描きます。「虹色FX」と名づけられたこの手法は、本物のトレンドをしっかりと見極めることができ、精度の高い取引を可能にします。 ※この記事は、FX攻略.com2016年5月号の記事を転載・再編集したものです 田向宏行さんのプロフィール 田向宏行(たむかいひろゆき) 大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間に投資を開始。事業譲渡後の現在は個人投資家。FX会社のセミナー企画・構成も手がけている。著書に『臆病な人でも勝てるFX入門』(池田書店)。 公式サイト:虹色FX twitter:https://twitter.com/maru3rd 田向宏行さんのFX買い合図ポイント ■ 準備するもの 【チャート】日足、1時足 【テクニカル】移動平均線(EMA)7本 移動平均線は「5」「10」「20」「35」「50」「75」「100」のEMAを表示します。(チャートソフトMT4の使用を推奨) ■ トレードの手順 日足で虹が出ている(7本が奇麗に並んでいる)かを確認 1時間足でも虹が出ている局…
  • 詳細へ
    2013年11月15日
    トレードの成否はエントリーにある!![田向宏行]
    エントリーと決済はトレードの核心です。トレーダーは誰もが「どこでエントリーすればいいのか」、「どこで決済すればいいのか」をいつも考えています。トレードが上手くいけば、次はさらに欲が出て利幅を広げたくなりますし、損をすれば理由を検証します。これをずっと続けるのがトレーダーという仕事だと思います。 わかりやすい相場 相場は素人でも勝ちやすい場面を提供してくれることがあります。これはトレンドが明確な上昇相場と下落相場で、昨年からのアベノミクス相場ではドル円が明確な上昇相場で取引しやすい相場でした(図1参照)。 上昇相場は誰もが買っているから上がり、下落相場は誰もが売っています。この波にうまく乗って順バリし、欲張らなければ、素人でも確率高く利益を上げることができます。ただ、上昇相場のなかにも押し目があり、押し目と思ったら下げてしまうことがあるので、そうした場面の見極めと資金管理が重要となります。私はマーケットの流れを見つけるために、7本の移動平均線を表示していて、この7本が虹のように描かれるときは、トレンドが視覚的になります。 しかし、トレンドは永久に続くわけではありません。「ドル/円」でいえ…
  • 詳細へ
    2013年9月16日
    儲けやすい相場、負けにくい相場でトレードする[田向宏行]
    今回はFX取引で負けないことがテーマですが、100%負けない手法はありません。しかし、相場は損小利大というように、損を少なくすることは収益に重要です。 負けにくい相場 金融市場ではアマチュアの私でも儲けやすい相場、負けにくい相場、という局面があります。それは、大きな流れが続くトレンド相場です。 直近では、昨年末から始まったFXの円売り相場、古い話なら1980年代のバブル期の株式相場がこうしたトレンド相場の典型です。 相場でトレンドが重視されるのは、そこが誰でも儲けやすく、負けにくい場面だからです。逆に、トレンドレスの場面では値動きの方向が読みにくくなり、損をする確率が高くなります。負けトレードを減らすには、素人が手を出せるトレンド相場と、そうでない相場の区別が重要です。 トレンドを見つける では、トレンドをどう把握するかですが、私は7本の移動平均線を表示する虹色チャートを使っています。モニターに7本線を表示させて見ていると、値動きが視覚化されるので、マーケットを理解しやすくなると思います。 上昇相場では虹は上向きですが、トレンドの終息とともに虹が乱れ、徐々に反転して、最終的には、逆向き…
  • 詳細へ
    2013年5月22日
    FXはバランスがもっとも大事[田向宏行]
    FXを始めると、チャートを見ればワクワクし、ポジションをもったらドキドキして、本業に集中できない、という経験をされた方も多いと思います。 このトレードの興奮は、ある意味で異常な心理状態です。 FXは平常心でバランスを取りながら続けることが、長期的な収益の確保には大事になると思います。 生活のバランス トレーディングは一種の技術や技能だと考えています。 FXが上手い人に共通するのは、FXを長く続けるなかで、技術と経験を磨いて、さらに儲かるようになっていることです。 相場で成長し、トレードが良い循環になるためには、日常生活とのバランスを大切にして、本業や家族との生活に支障がないようにすることが大事です。 一時的にFXに過熱してしまうと、結局は、現実の生活が崩れて、トレードそのものも上手くいかなくなってしまいます。 24時間取引できるFXでは、マーケットに没頭しすぎると睡眠不足で、体調を崩す原因ともなります。また、本業の合間にトレードするほうが、本業に支障がでるようでは、それこそ本末転倒です。 トレーディングには心の乱れが出やすいので、FXが自分の収入の柱となるためには、ベースとなる自分の生…
  • 詳細へ
    2013年3月21日
    虹色FX〜5つの法則〜[田向宏行]
    人生にはいいときも悪いときもありますが、これを運だけで片づけてしまう人は、たぶん相場には向きませんし、何ごとも成功しにくいのではないかと思っています。それは、私の周囲で成功していると思える人を観察していると、活躍する分野が違っても、同じような特徴、成功法則といえるようなアプローチをしていると気づいたからで、これはFXにも応用できると思っています。 FX 5つの法則その1:目的が明確である ビジネスでもスポーツでも、目的なく結果が出ることはありません。なんとなくやってたら上手くいった、なんて話はあり得ませんし、そう語る人は照れ隠しだと思ったほうがいいと思います。学生の頃の試験前に「勉強した〜?」「うんうん、全然してない」というやりとりをした人も多いと思いますが、やってないという人に限って、成績が良かったりしませんでしたか(笑)。 FX 5つの法則その2:バランス スポーツでも事業でもFXでも、時間も資金も限られたなかで結果を出すためには、何を重視するか、バランスが大事です。これは自分の健康も含めて、常にバランスを取りながらやらないと、何ごとも上手くいきません。 FX 5つの法則その3:小…