将来の米国の金利水準を計算する方法[月光為替]

では、今回は“マーケットが考える”将来の米国金利の水準を計算する方法を紹介します。

米国金利水準の計算方法とは?

ここでいう米国金利というのは、FF金利(フェデラルファンズ・レート)、つまりFRBが操作をしている短期金利のことです。

これが今現時点でいくらかというのは調べればすぐに出てきますが、問題は将来です。

マーケットというのは、時間軸が我々の生きる世界より一歩先に進んでいます。

つまり、将来のFFレートを織り込んで現在の為替の水準が決まるわけですので、今現時点でどの程度の金利になることをマーケットが織り込んでいるのかを知ることができれば、自分のポジション構築の手助けとなります。

例えば、自分が様々なファンダメンタルズから総合的に考えた将来のFF金利が、マーケットの織り込んでいるFF金利より高ければ、ドルロング、低ければドルショート、という具合に活用することができます。

よく、FOMCで利上げされるかどうか、という話題はされますが、現時点でどの程度マーケットが利上げを織り込んでいるのかを数値化して話している人というのはごく少数に思われます。

結局は水準感ですので、おおざっぱな情報というのはトレードにおいて役に立ちません。

厳密に数値として出せる、マーケットに織り込まれたFF金利の計算方法を知ることで、より他の相場参加者よりも有利にたてることでしょう。

といっても、bloomberg端末や、その他高額な有料サービスが必要であれば、一般参加者にとっては厳しいものになります。

でも安心してください、全て無料で見ていくことができます!

FF金利(フェデラルファンズ・レート)の具体的な計算方法

計算方法としては、先物価格を用います。

CME Groupで確認できる、FFレート先物価格を用いましょう。

そこで、100 – FFレート先物価格で得られた差が、織り込まれたFFレートとなります。

そして、その織り込まれたFFレートを用いて、以下の計算式に当てはめます。

(織り込まれたFFレート – 現在のFFレート) / (次回変化後のレート – 現在のFFレート)

これで、どの程度利上げ、もしくは利下げが織り込まれているのか、その確率を得ることができます。

しかし、めんどうくさい…。

そもそも次回の変化後のレートも、変化幅に自由度があるため、それも加味した複雑な計算ができないといけないということになります。
 
こんなもん一々計算してられるかい! 何か一目でわかるいい方法はないんかーい! きっとここまで読まれた方の多くがそう思っていることでしょう。

ごもっともです。でも安心してください。そんなあなたに朗報です。

http://www.cmegroup.com/trading/interest-rates/countdown-to-fomc.html

このURLはCMEグループのウェブサイトです。上のサイトに入ってもらうと、いきなりグラフと、Current Probabilityが見られます。

以下のようなページですね。

例えば上の画面で言うと、14 Dec2016のタブには、2016年12月14日において(つまり次のFOMC)、FFレートがどのようになるとマーケットは織り込んでいるのかが分かります。

この場合、50-75bps(ベーシスポイントと呼び、0.01%のこと)になる確率が90.6%、25-50bpsになるのが9.4%と織り込まれているということになります。

これは、上のタブを移動させていくと、その時のFFレートの現時点での織り込まれ方を見ていくことができます。

まとめ リアリストな専門家になろう

これで、無料でいつでも、現時点でのFFレートのマーケットでの織り込まれ度を見ることができました。

このマーケットでの織り込まれたFFレートと、自分が様々な材料を用いて予想するFFレート、そして現在の金利との水準感、各経済指標やイベントからの金利に対する影響を、総合的に判断することで、ファンダメンタルズ分析というのはできていきます。

最初は難しいですが、慣れると経済・金融に関するニュースではテレビの専門家よりよほど詳しい状態になれますので、頑張りましょう。私もこのコラムでお手伝いさせていただきます。

そもそも、分析だけしている専門家とそこにポジションを張るトレーダーでは、後者の方がリスクを取っている分、現実的な専門家にならなければいけないわけですからね。

では、次回から、現在のFRBの金利に対する考え方についてみていきます。

手始めに、現時点でどのようにFOMCの委員達が金利をみているのか、ドットチャートというものを使って、解説していきたいと思います。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替とデューカスコピー・ジャパンとのタイアップキャンペーン!
今なら新規口座開設&1回の取引完了で月光為替書き下ろしレポートが手に入ります。
キャンペーンの詳細とレポート内容は下のバナーをクリックしてご確認ください!

デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase

FX力を鍛える有名人コラム | ファンダメンタルズ分析手法 | 月光為替の最新記事
新たな大相場の幕開けか?[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「112円に急上昇!ドル円が上がるのおかしくない?」[国府勇太]
天候相場を迎えるトウモロコシ[佐藤りゅうじ]
米中貿易戦争懸念台頭でもFRBは静観を決め込む理由[安田佐和子]
本音はどっち?ドルは強いのがいいのか、それとも弱いのがいいのか[森晃]
テーマは成長率と金利格差からリスク回避の動きへ[太田二郎]
どうなる米中貿易戦争[井口喜雄]
超実践的 本当にお金を稼げるファンダメンタルズ分析|第2回 相場の流れが丸裸になる情報源(後編)[雨夜恒一郎]
フォーメーション分析を理解する その5|リバーサルフォーメーション(スパイク、ソーサー)とは[マックス岩本]
GMMA(複合型移動平均線)&ストキャスティクス、平均足、MACD|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
貿易戦争はドル売り材料にあらず[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「上昇の波にのれるか?111円に再チャレンジ!」[国府勇太]
相場で生き残るためのテクニカル特化型戦略|第2回 [田向宏行]
トレンド・イズ・フレンド[水上紀行]
【速報】FXトレードニュース|2018年7月2日〜7月8日[FX攻略.com]