経済指標のグルーピング(各国共通の指標と米国独自の指標)[月光為替]

それでは、今回から具体的な経済指標についてのお話しをしていきたいと思います。

といっても、経済指標を細かく一つ一つみていくのは、膨大にありますし、あまり意味もありません。

大抵の経済指標は、特別なものを除いて、その名前ごとにグループ分け出来ます。

そのグループ内での個々の指標は、その時々によって勿論注目度は異なりますので一概にそのボラティリティや方向を決めることは不可能です。

ですが、グループ内の指標の意味が理解できれば、その数字がどういう意味を持つのかが分かりますので、すんなりと自分のシナリオ分析に従ってトレードの一助にしていくことができます。

ですので、まずは指標をグルーピングし、そのグループ内に対して細かく解説を入れていくという形にすることで、系統だって学習していって頂きたいと思います。

経済指標を2つにグルーピング

ということで、まずはグルーピングです。グループとしては、まず、各国の共通指標と、米国独自の指標に分けて考えていきます。

さらに、米国独自の指標のなかで、

  1. 労働・雇用関連
  2. 企業関連
  3. 個人消費関連
  4. 住宅関連

と、細かくグルーピングして解説していきます。

例えば、有名な雇用統計は、米国独自の、1.労働・雇用関連のグループに帰属することとなります。

基本的には、解説の流れとして、

  1. その指標の持つ意味。基本的なファンダメンタルズにおける知識の解説 
  2. コンセンサスや前回数値に対してどのような数値がでれば、どのようなインプリケーションを得ることができるのか
  3. (もしあれば)チャートを用いた指標とマーケットの実践的な考え方

というものを考えております。

3.は全ての指標でできるわけではないので、基本的に毎回行う解説は、1.と2.です。

多分この1年をしっかり使っていっての解説になるかと思いますが、しっかりとついてきていただければ、とりあえずファンダメンタルズ分析で、ある程度は語れるレベルになるかなと思います。頑張ってください!

次回はPPIを解説

では、次回は第一弾。

各国共通の経済指標の中から、PPI(生産者物価指数)を取り上げて、解説をしていきたいと思います。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替とデューカスコピー・ジャパンとのタイアップキャンペーン!
今なら新規口座開設&1回の取引完了で月光為替書き下ろしレポートが手に入ります。
キャンペーンの詳細とレポート内容は下のバナーをクリックしてご確認ください!

デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase

FX力を鍛える有名人コラム | ファンダメンタルズ分析手法 | 月光為替の最新記事
週刊FXシナリオ|週末24日はドイツ総選挙(9/22 6:50)[阪谷直人]
価格ベースのFXテクニカル分析|トレンドラインとは?[月光為替]
いよいよ今夜はFOMC!パラダイムチェンジとなるか[井口喜雄]
超初級MT4講座|第3回 MT4が動かない時の対処法とチャートデザイン設定[鹿内武蔵]
北朝鮮のミサイルに政策金利とファンダ主体の1週間[木里ゆう]
ディーラーによる今週のドル円「いよいよ秋相場、はじまりました!」[国府勇太]
FOMCはバランスシート正常化発表へ 年内利上げ確率も急上昇[雨夜恒一郎]
超初級MT4講座|第2回 豊富なテクニカルを使う準備をしよう[鹿内武蔵]
超初級MT4講座|第1回 チャート分析はMT4が一番!な理由[鹿内武蔵]
週刊FXシナリオ|現実主義へと変質するトランプ大統領(9/15 4:21)[阪谷直人]
【例題】ダウ理論とサポート&レジスタンスを用いた簡単な売買ルールとその検証方法[月光為替]
リスクオフ巻き戻しを材料にしたドル高は短命に終わるか[井口喜雄]
2017年ここまでのトレード成績を公開![木里ゆう]
ディーラーによる今週のドル円「こんなに下げたの?マーケットテーマは北朝鮮!」[国府勇太]
ハリケーン被害で利上げ遠のく?!ドル円は弱気トレンド再開[雨夜恒一郎]