FXに活かす経済指標|PPI(生産者物価指数)とは?[月光為替]

では、まず各国共通指標の一つ目として、PPI(生産者物価指数)を取り上げていきたいと思います。

PPI(生産者物価指数)とは?

これは、製造業者の商品・サービスの販売価格を測る物価指標で、毎月発表されます。表記の仕方として、卸売物価指数と表記することもあります。

次回説明するCPI(消費者物価指数)とともに、各国金融当局が注目している経済指標となります。

簡単に言えば、物価指数を生産者、つまり売り手側から算出したものとなります。CPIは、逆に買い手側から物価指数を算出したものです。

また、このPPIには、コア指数というものがあり、こちらの方がより注目されます。

コア指数とは、広範な項目をいっしょくたにした総合指数から、食料やエネルギーを除いた指数のことです。

なぜこれらを除くかというと、需要や季節で価格変動が激しく、これらに大きくひっぱられてしまうからです。ですので、この食料・エネルギー関連を除いたコア指数のほうが、より正確に物価動向を把握できるということになります。

PPI(生産者物価指数)との向き合い方

さて、ではどのようこの経済指標と向き合っていくのか。

PPIは、ご承知の通り物価指数の一つなので、インフレなのかデフレなのかを測る指標となります。

ですので、指数が上昇していれば、インフレ。逆に指数が下落していれば、デフレに傾いているということになります。

勿論、このPPIだけがインフレかデフレかを判断する指標ではないので、あくまで参考の一つとしてとらえておいてください。

PPI(生産者物価指数)をFXに活かす方法とは?

では、このPPIからFXのロングショートに活かすにはどうすればいいか。

インフレになれば通貨安、デフレになれば通貨高、という一般論は確かにあります。まぁ、これはイメージも付きやすいでしょう。

ですが、これは鶏が先が卵が先か、いわゆるジョージソロスの再帰理論的な話で、「通貨安だからインフレになって、だから通貨安になって…」というような感じで一概に言えるものでもありません。

つまり、例えばコンセンサスより上に結果が出れば、常にその通貨は売られるのかというと、勿論そういうわけではないということです。

はっきり言うと、今後全ての経済指標においてそうですが、経済指標が上に出れば通貨高(安)みたいな法則は、まったく当てはまりませんし、覚えてもほぼ無駄といえるでしょう。では、どのように考えていくべきなのか。

それは、“金利動向”or“現在市場で注目されている事象”にどのような影響を与えるのかに立ち返って考えてみることです。

たとえば、Fedは、今でも米国のインフレ率をとても気にしている描写がFOMCの声明文や議事録から伺えます。

そうなると、PPIやCPIにも、おのずと注目することになるわけです。そして、どのような数値がでれば利上げペースに影響がでるのか、と想像していくことができることになります。

例えば、今Fedではインフレ率が目標の2%を下回り続けていることに対してよく言及されていますが、今ですとインフレ率が過度に下がるような指標が出た場合は、もしかすると金利の引き上げにより慎重になることが見込まれ、ドル安に傾く可能性もあります。

ただ、その時の米ドル/円の水準がかなり下であれば、すでに織り込み済みで、セルザファクトで上がる可能性もあるわけです。

このように、マーケットは生もの。常に“こうなったらこう”という法則はありません。法則がないのが唯一の法則といえるでしょう。

ですので、自分で調べたシナリオに対して、その指標の結果がどのような影響を及ぼすのかという観点で、見ていくようにしてください。

では、次回はもう一つの物価指数、CPI(消費者物価指数)についてお話ししていきます。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替とデューカスコピー・ジャパンとのタイアップキャンペーン!
今なら新規口座開設&1回の取引完了で月光為替書き下ろしレポートが手に入ります。
キャンペーンの詳細とレポート内容は下のバナーをクリックしてご確認ください!

デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase

FX力を鍛える有名人コラム | ファンダメンタルズ分析手法 | 月光為替の最新記事
FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第5回 伝統的金融政策と非伝統的金融政策[雨夜恒一郎]
価格ベースのFXテクニカル分析|ピボットとは?[月光為替]
一目均衡表入門|第5回 転換線と基準線[監修:細田哲生(三世一目山人)]
ドル膠着状態も欧州通貨に妙味あり[井口喜雄]
システムトレードで資産運用!season2|第5回 ループ系シストレにおける通貨ペアの選び方[ゆきママ]
トラッキングトレード入門|第15回 ボリンジャーバンドでトレンドの継続を見極める[斉藤学]
コイントストレード&両建てスワップさやとりの二本立て[木里ゆう]
達人が教えるバイナリーオプション入門講座|第2回 デモでバイナリーを練習[矢澤明美(ボリ平)]
米国税制改革問題もノイズ 基調ドル高に変わりなし[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「盛り上がる日経平均!デカップリングってなに?」[国府勇太]
トラッキングトレード入門|第14回 トラッキングトレードで、ユーロの上昇を狙ってみよう[斉藤学]
月足トレードで生きてます|第4回 政策金利とドル円の関係[ゆったり為替]
私のトレンド看破術[不動修太郎]
為替のプロが見た中国最新事情[水上紀行]
トラッキングトレード入門|第13回 複数の指標を組み合わせたマナブ式テクニカル分析[斉藤学]