FXに活かす経済指標|製造業PMIとは?[月光為替]

製造業PMIとは?

では、今回は製造業PMIについてお話ししていきます。

PMIというのは、Purchasing Manager Indexの略で、企業の購買部担当者が、好況なのか不況なのかどのように考えているかを総合して表した指数です。

といっても、これは政府が公式に取り集めて発表している指数ではありません。これは、Markit社が共通の項目で、各国・各地域における企業の購買部担当者に対する調査を毎月行い、発表しているものです。

質問内容としては、各企業の生産・事業環境、新規受注、雇用などについて、「改善、変化なし、悪化」のいずれかを選択回答する形式です。

基本的に、好況不況のポイントは、50ポイントが分岐点になります。

また、一般的に発表されるPMI値はヘッドラインのみで、その詳しい内容については、Markit社との特別契約がなければ閲覧できないことになっています。

製造業PMIとの向き合い方

さて、ではこの製造業PMIとどのように向き合っていけばよいのでしょうか。

このPMIは、直接アンケートをとることで景気実態を正確に測れるという点と、GDPなどよりも早く発表されるため速報性があるという点が特徴です。

当然、景気の良し悪しを判断するものですから、素直に50を上回っていれば通貨にポジティブ、下回っていればネガティブと考えられます。

ですので、基本的には、現在の景気に対するコンセンサス的な考えに対して、PMI指数の50からの乖離幅をみて、ポジティブサプライズかネガティブサプライズかを判断しながら、トレードに活かして行けばよいかと思います。

製造業PMIをFXに活かす方法とは?

実践的には、経験上これで物凄く相場が動いた、ということはありません。
ただ、一瞬、短期的には、アルゴが働いているのだと思いますが、振れることがあります。

トレードチャンスとして使用する、というよりは、自分のポジションに対して、例えば短期でスキャルピングを行う時はこの時間帯を避けるだとか、デイトレならすこし振れてもいいようストップをゆるめにもつだとか、リスク管理において気を付ける指標の一つとして使っていくのが良いかと思います。

さて、次回はこの流れで、サービス業PMIについお話しします。といってもほとんど内容は同じですが(笑)。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替とデューカスコピー・ジャパンとのタイアップキャンペーン!
今なら新規口座開設&1回の取引完了で月光為替書き下ろしレポートが手に入ります。
キャンペーンの詳細とレポート内容は下のバナーをクリックしてご確認ください!

デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase

FX力を鍛える有名人コラム | ファンダメンタルズ分析手法 | 月光為替の最新記事
FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第5回 伝統的金融政策と非伝統的金融政策[雨夜恒一郎]
価格ベースのFXテクニカル分析|ピボットとは?[月光為替]
一目均衡表入門|第5回 転換線と基準線[監修:細田哲生(三世一目山人)]
ドル膠着状態も欧州通貨に妙味あり[井口喜雄]
システムトレードで資産運用!season2|第5回 ループ系シストレにおける通貨ペアの選び方[ゆきママ]
トラッキングトレード入門|第15回 ボリンジャーバンドでトレンドの継続を見極める[斉藤学]
コイントストレード&両建てスワップさやとりの二本立て[木里ゆう]
達人が教えるバイナリーオプション入門講座|第2回 デモでバイナリーを練習[矢澤明美(ボリ平)]
米国税制改革問題もノイズ 基調ドル高に変わりなし[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「盛り上がる日経平均!デカップリングってなに?」[国府勇太]
トラッキングトレード入門|第14回 トラッキングトレードで、ユーロの上昇を狙ってみよう[斉藤学]
月足トレードで生きてます|第4回 政策金利とドル円の関係[ゆったり為替]
私のトレンド看破術[不動修太郎]
為替のプロが見た中国最新事情[水上紀行]
トラッキングトレード入門|第13回 複数の指標を組み合わせたマナブ式テクニカル分析[斉藤学]