番外編|世界を取り巻く様々な地政学リスクまとめ(2017年5月24日時点)[月光為替]

今回は番外編として、現状の世界を取り巻く様々な地政学リスクについて、まとめていきたいと思います。

編集部注:記事内容は2017年5月24日時点のものです。

現在のマーケットを左右しかねない3つの地政学リスク

北朝鮮が連日ミサイルを発射する中でも、ほとんどマーケットが揺れ動く、ということはありませんでした。そして、中東・ラテンアメリカの地政学的なリスクが高まっている中でも、こちらもマーケットに大きな影響を与えてはいません。

現在マーケットが、比較的地政学リスクに対して鈍感になっているからこそ、今世界を取り巻く状況がどのようになっているのか、再度おさらいをしていきたいと思います。

現状、世界を取り巻く主な地政学リスクは三つです。

・朝鮮半島情勢
・イラン情勢
・ラテンアメリカ情勢

朝鮮半島情勢

まず、朝鮮半島に関してですが、こちらは我々の住む日本がまさにステークホルダーであることから、特に今さら言及することはないのかなと思います。

北朝鮮に対して同盟国として圧力をかけていく側の米国・日本・韓国も一枚岩ではなく、北朝鮮が現実的な譲歩を見せていく気配もありません。

外交的解決がなされる可能性も見えませんが、かといって即座に軍事衝突がなされる可能性も、双方に与える損害の大きさから現実的には低いでしょう。

結局のところ、問題の先延ばしにしかなりませんが、上手い解決策があるわけでもなく、ある意味膠着状態が引き続き続くのだと思います。マーケットもよほどの事態の進展となる動きがない限りは、鈍感な状態が続くのではないでしょうか。

イラン情勢

次にイラン情勢ですが、こちらも地政学リスクが増大する向きにはありますが、目前に危機が迫っているという状態でもありません。イラン大統領選ではロウハニ氏が再選され、中東を歴訪しているトランプ大統領からも、目立った発言はありません。

ラテンアメリカ情勢

むしろ、足元で静かに不安定化しているのは、ベネズエラ・ブラジルです。こちらは、経済の不調により、現政権への国民の不満が高まっており、特にベネズエラでは暴動が多発しているようです。

ただ、基本的によくも悪くも、マーケットが注目しているのは結局米国の動きです。実際に危機を大きくするのも、平和的に鎮圧するのも、暴力的に鎮圧するのも、大きな意思決定権を握っているのは米国だけだとマーケットが認知しているからです。

現状、トランプ大統領の発言や、政府高官(マティス氏など)の発言をみていると、弾劾騒動などもありますし、一時見られた積極姿勢は後退し、なるべく混乱を避けようとする姿勢が見て取れます。

まとめ

いつまでこのかりそめの安定が続くのかは分かりませんが、2016年、2017年と基本的にマーケットを大きく動かしてきたのが地政学リスクであるだけに、投資家の皆様は、ある程度何が世界で起こっているかに関してのアンテナは、張り巡らせるようにしていただければと思います。

現役ヘッジファンドトレーダーの日々の売買ルールを分かりやすく解説!

現役ヘッジファンドトレーダーの人気メルマガをレポート化!

月光為替とデューカスコピー・ジャパンとのタイアップキャンペーン!
今なら新規口座開設&1回の取引完了で月光為替書き下ろしレポートが手に入ります。
キャンペーンの詳細とレポート内容は下のバナーをクリックしてご確認ください!

デューカスコピー・ジャパン × 月光為替 新規口座開設スペシャルレポートタイアップキャンペーン 

月光為替の写真

月光為替(げっこうかわせ)

現役ヘッジファンドトレーダー。FXで毎月200~300pips、金額ベースでは1~2億円を安定的に稼ぎだした経歴を持つ。現在は日本株運用がメインで、引き続き個人資産でもFX取引を継続中。会社に内緒で、月光為替の名で活動、厳しい言葉のなかに相場の真実が見え隠れする個人投資家の味方。

公式サイト:FXブログ 月光為替の勝利のFX

twitter:https://twitter.com/gekkokawase

FX力を鍛える有名人コラム | ファンダメンタルズ分析手法 | 月光為替の最新記事
新たな大相場の幕開けか?[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「112円に急上昇!ドル円が上がるのおかしくない?」[国府勇太]
天候相場を迎えるトウモロコシ[佐藤りゅうじ]
米中貿易戦争懸念台頭でもFRBは静観を決め込む理由[安田佐和子]
本音はどっち?ドルは強いのがいいのか、それとも弱いのがいいのか[森晃]
テーマは成長率と金利格差からリスク回避の動きへ[太田二郎]
どうなる米中貿易戦争[井口喜雄]
超実践的 本当にお金を稼げるファンダメンタルズ分析|第2回 相場の流れが丸裸になる情報源(後編)[雨夜恒一郎]
フォーメーション分析を理解する その5|リバーサルフォーメーション(スパイク、ソーサー)とは[マックス岩本]
GMMA(複合型移動平均線)&ストキャスティクス、平均足、MACD|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
貿易戦争はドル売り材料にあらず[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「上昇の波にのれるか?111円に再チャレンジ!」[国府勇太]
相場で生き残るためのテクニカル特化型戦略|第2回 [田向宏行]
トレンド・イズ・フレンド[水上紀行]
【速報】FXトレードニュース|2018年7月2日〜7月8日[FX攻略.com]