ヒロセ通商、NZドル円の買いスワップが激減し戦略を変更[木里ゆう]

先週は2勝2敗で、1ポジション持ち越しです。

平均足を使った新コイントストレード売買ルール
通貨ペア
時間足
ポンド円で日足の平均足を表示
ルール → 朝のトレード時は、前日の平均足をチェック。夜のトレード時は、当日の平均足をチェック
→ 平均足が陽線なら買い、陰線なら売りで入る
→ 利食いは100pips、損切りは90pipsでOCOでセット
補足 ・同時に3ポジション以上は保有しません
・20pips以内の価格差の同方向のポジションは保有しません

記事内では「○=利益確定」「×=損切り」となっています。
旧トレードルールは、『いよいよ今週からコイントストレードを実運用!』で解説しています。

コイントストレード運用結果:4/16(月)〜4/20(金) 

4月16日(月)

朝の買い→×

夜は20pips以内に同方向ポジションがあったので、エントリーはせず。 

4月17日(火) 

朝の買い→× 

夜は20pips以内に同方向ポジションがあったので、エントリーはせず。

4月18日(水) 

朝は20pips以内に同方向ポジションがあったので、エントリーはせず。

夜の売り→○

4月19日(木)

朝は20pips以内に同方向ポジションがあったので、エントリーはせず。

夜の売り→○

4月20日(金)

朝の売りは翌週持ち越し。

夜は用事があってノーエントリー。

というわけで、先週は2勝2敗で、1ポジション持ち越し。勝率が5割でも利食い幅が損切り幅より10pips広いので、+20pipsとなりました。

これで豪ドル円の両建てが50万通貨に

ヒロセ通商が、NZドル円の固定スワップ60円を廃止してしまいました。これにより、ヒロセ通商で買い、DMMFXで売りを同じ枚数だけ両建てし、そのスワップ差を得る戦略の旨味がなくなってしまいました。 

よって、保有していたNZドル円買いと売りの30万通貨を全てか決済し、豪ドル円の買いと売りを30万通貨ずつ追加しました。

というわけで、上の画像のようにヒロセ通商で豪ドル円の買いを50万通貨、DMMFXで豪ドル円の売りを50万通貨保有している状態に。

0.8pipsのスプレッドで両建てできたので一安心。この運用で一番緊張する瞬間である、エントリーはうまくいきました。

おまけ 

夏も近づいてきたので、大好きなカラーメイクを再開。マスカラをグリーンにしてみました。

木里さんがコイントストレードで運用しているFX口座は?

コイントストレードのリアル運用を始めた木里ゆうさん。そんな彼女がお気に入りのFX会社の一つが、SBI FXトレード。「スプレッドが狭い、1通貨からトレード可能なので、複利運用にも最適♪」とのこと。SBI FXトレードの取引環境やツールについて詳しく知りたい方は、下のバナーをクリックしてご確認ください! お得なキャンペーンもお見逃しなく!!

↓↓ 公式サイトで今すぐSBI FXトレードの魅力と口座開設方法【無料】をチェック ↓↓

FX攻略.com公式サイトでSBI FXトレードの基本情報を見る
⇒ SBI FXトレード [SBI FXトレード]

【関連記事】
SBI FXトレードが2018年オリコン顧客満足度調査でFX取引「取引手数料」第1位を獲得!

木里ゆうの写真

木里ゆう(きざと・ゆう)

FX歴5年以上の個人トレーダー。書籍や雑誌中心にさまざまなトレード手法、分析テクニックを独学で学ぶ。スキャルピングからスイングトレードまで様々な投資スタイルを実践していくなかで、現在の省エネ手法に到達。東京時間のみのシンプルなトレードで安定して利益をあげるも、なお手法の精度向上に余念がない。パンクやテクノを中心に音楽大好き。東北地方在住。

公式サイト:木里ゆうのスワップFX生活

twitter:https://twitter.com/KizatoFX