システムトレードで資産運用!season2|第3回 選択型シストレの運用テクニックと考え方[ゆきママ]

皆さま、こんにちは! SEASON2も早や第3回を迎えました。1回目はストラテジー、EAと呼ばれる自動売買プログラムの選び方、2回目はMT4の環境構築方法についてまとめてきました。そして、今回はいよいよ実践編として、選択型シストレを運用する際の具体的なテクニックや考え方について詳しく解説していきます。

※この記事は、FX攻略.com2017年8月号の記事を転載・再編集したものです

【連載記事】
システムトレードで資産運用!season2|第1回 選択型シストレ・ストラテジーの選び方[ゆきママ]
システムトレードで資産運用!season2|第2回 MT4を利用したシストレ運用[ゆきママ]

購入する前にまずお試しから!

自動売買プログラムは一般にも販売されていますが、最低でも数万円、高いものになると100万円以上となっており、非常に高価なのが実情です。資金に相当な余裕があれば別ですが、いきなり購入するのはあまりお勧めできません。

したがって、資金もそれほどなく、これから始めてみようという方は、まずはミラートレーダーなど各FX会社が提供している選択型シストレサービスを利用し、実際に運用しながら優秀なプログラムを探すと良いでしょう。もちろん、上位にランキングされるような優秀なプログラムは、ほとんどが販売されていて購入することができます。

しかもこの場合、FX会社側が一定レベル以上のプログラムをあらかじめ選抜していますから、質の低いプログラムを避けることができるという利点もあります。ミラートレーダーを例に挙げると、プログラムのプロバイダになるには平均合格率5%という厳しい審査をクリアしなければならないそうです。つまり、一定の基準を満たしたプログラムのみが提供されているということです。

巷では30か月連続無敗というような触れ込みで、極端なカーブフィッティング(過去の相場で勝つようにのみ調整)が施された質の低いプログラムが、異常に高額な値段で販売されていることがままありますので、ご注意いただければと思います。

プログラムを入れ替え続ける必要性は?

放ったらかし投資とも呼ばれる選択型シストレですが、実は完全に放ったらかすのはNGで、プログラムを定期的に入れ替える必要があります。なぜなら、永遠に勝ち続けるプログラム、どんな為替の値動きにも対応できるトレードルールというものが存在しないからです。

結局のところ、為替相場の値動きによって相性があるため、都度パフォーマンスを確認しながら調子の良いものに入れ替えていくという作業が必須となります。

多くのプログラムの特徴を知るために

そして、効率的な入れ替えを実行するためには、いろいろなプログラムを実際に運用して、特徴や癖をつかむ必要があります。これはたくさんのプログラムが用意されている各社の選択型シストレサービスを利用することでしか、ほとんどの方は経験できないことでしょう。

MT4を活用することでスプレッドなどを含めたトータルのトレードコストを大幅に削減することが可能となりますが、やはり最初から試みるのではなく、ある程度理解が深まった段階で移行していくのが良いでしょう。

入れ替えの際に邪魔な感情が入ることも

人間の感情が入らずトレードしてくれるのがシストレの良さではありますが、当然のことながら入れ替えの際には自身の感情が反映されることもあり、それが元で失敗してしまうこともままあります。

行動心理学においては、人間は利益が目の前に見える段階では、利益が手に入らないということをできるだけ避け、損失を前にすると、一か八かの勝負で損失そのものを取り戻そうとするような行動をとる傾向があると証明されています。

せっかくプログラムがトレードしていても、手動で利食いをしてしまう。また、利益が出ている局面はまだ冷静に対応できる方が多いですが、損失が出てしまうと意外にも入れ替えの判断が遅くなってしまいがちです。実際に右肩下がりで損失が膨らんでいるのにもかかわらず、逆転を信じて使い続けて、最終的に退場してしまったという話は本当によく聞きます。

これは裁量トレードほどではないにせよ、選択型シストレでも邪魔な感情が入り込んでしまうことが十分にあり得るということでしょう。

フルオートで機械的・定期的な入れ替えを実現

プログラムの特徴や入れ替えのコツが理解できるまで、インヴァスト証券で提供されている「フルオート」という入れ替えを自動で行ってくれる機能を活用するのも一つの方法です(画像①)。これは入れ替える頻度や運用資金、通貨ペア、収益率、最大ドローダウンなどの条件を設定するだけで機械的かつ定期的な入れ替えを実行します。

いくつかの項目を設定するだけで、それに合った最良のプログラムを選択してくれる機能です。


フルオートの詳細をインヴァスト証券公式サイトで今すぐチェック!

FX攻略.com公式サイトでインヴァスト証券の基本情報を知る
⇒ インヴァスト証券 [シストレ24] 

そもそも、入れ替えのルールを作ること自体が初心者の方にとっては難しいですし、なおかつ効果的なルールとなると、かなり慣れたトレーダーでも悩ましいですからね。

また、仮にルールを作ったとしても、ほとんどの方はプログラムがプラスでさえあればそのまま、マイナスとなるなど成績が悪化したら入れ替えるといった方向性になりがちです。

ただ、このルールだと損失の拡大は防げるかもしれませんが、他にもっと相場にフィットした好調なプログラムがあっても入れ替えを行うことはありませんから、本来得られる利益をみすみす逃してしまうことも考えられます。

このようにルール作りは難しく、人間では、常に迷わずベストと想定される選択をし続けるのは困難ですが、一定のルールに従ってプログラムを選択して入れ替える、このフルオートを使用することでそれが可能になるというわけですね。

ちなみに、条件をどう設定したら良いか分からないという場合でも、インヴァスト証券が用意したフルオートがたくさんありますので、その中から高収益なものをそのまま使ったり、それを参考に自身でカスタマイズしたりして運用することもできます。特に不安がる必要はないでしょう(画像②)。

デフォルトで用意されているパッケージもあるので、初心者の方でも安心して使うことができます。

今回は以上になります。選択型シストレは選ぶだけという手軽さはありますが、裁量トレードと同じく、やはり少しずつレベルアップをしていくことが成功への秘訣かと思いますので、今回紹介したステップをしっかり踏んでMT4に移行していただければ幸いです。 

※この記事は、FX攻略.com2017年8月号の記事を転載・再編集したものです


フルオートの詳細をインヴァスト証券公式サイトで今すぐチェック!

FX攻略.com公式サイトでインヴァスト証券の基本情報を知る
⇒ インヴァスト証券 [シストレ24] 

ゆきママの写真

ゆきママ(ゆきまま)

普通の主婦で1児の母。2008年からFXを始め、失敗を繰り返しながらも着実に利益を上げて、合計1500万円以上稼いでいます。裁量トレード信奉でしたが、最近は子育ての忙しさからシストレ(自動売買)も積極的に取り組み始めました。ブログでは日々の相場状況や経済イベントなどについて解説している他、収支についてもまとめています。

公式サイト:普通の主婦がFXで10万円を300万円にした(継続)

twitter:https://twitter.com/yukiyukimama

FX力を鍛える有名人コラム | インヴァスト証券 | システムトレードで資産運用!season2 | シストレ | ゆきママの最新記事
米感謝祭ウィークで様子見も突発的な値動きには警戒を[井口喜雄]
月足トレードで生きてます|第5回 豪ドル円・NZドル円のスワップポイントと月足トレード[ゆったり為替]
トラッキングトレード入門|第16回 5244.6pipsの利益!トラッキングトレードでユーロ高を追いかけてみよう[斉藤学]
先週のコイントストレードはいまいち[木里ゆう]
ディーラーによる今週のドル円「一気に112円割れ!次の注目ポイントは?」[国府勇太]
10倍制限のFX新レバレッジ規制案は見直しを[山中康司]
感謝祭ウィークは投機筋のポジション巻き戻しに注意[雨夜恒一郎]
FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第5回 伝統的金融政策と非伝統的金融政策[雨夜恒一郎]
価格ベースのFXテクニカル分析|ピボットとは?[月光為替]
一目均衡表入門|第5回 転換線と基準線[監修:細田哲生(三世一目山人)]
ドル膠着状態も欧州通貨に妙味あり[井口喜雄]
システムトレードで資産運用!season2|第5回 ループ系シストレにおける通貨ペアの選び方[ゆきママ]
トラッキングトレード入門|第15回 ボリンジャーバンドでトレンドの継続を見極める[斉藤学]
コイントストレード&両建てスワップさやとりの二本立て[木里ゆう]
達人が教えるバイナリーオプション入門講座|第2回 デモでバイナリーを練習[矢澤明美(ボリ平)]