【水平&トレンドライン+MACD】初心者も使いこなせるテクニカルの組み合わせ[不動修太郎]

兼業トレーダーの不動修太郎さんに教えてもらうのは、初心者でも簡単に扱える水平&トレンドラインと、MACDを使った手法。デイトレードだけでなく、スキャルやスイングにも応用が利く、万能型のテクニックです。

※この記事は、FX攻略.com2016年10月号の記事を転載・再編集したものです

不動修太郎さんのプロフィール

不動修太郎の写真

不動修太郎(ふどうしゅうたろう)

国際エコノミスト、為替の講師、執筆者。出版社からセミナーDVD、対談CDを発売。金融取引所、証券取引所、FX業者、投資信託業者などで講演の他、雑誌への執筆、FX・株式のスクール講師を務めている。

公式サイト:不動修太郎の「ニュース報道の裏側」

twitter:https://twitter.com/syutaro_fudo

不動修太郎さんのFX買い合図ポイント

■ 準備するもの

【チャート】
<中長期レンジの分析>週足、日足、4時間足
<スキャル・デイトレ>1時間足以下
【テクニカル】MACD

■ トレードの手順

1. 長期足で現在のトレンドを確認

2. 長期足の方向でトレード(重要指標の有無も確認。発表時は控える)

3. MACDの交差(ゴールデン・デッドクロス)でエントリー

4.<利確>エントリー後の交差
 <損切り>2%ルールにて調整

■ 狙い目の通貨ペア

・基本的に万能。しいて挙げるなら下がる要素がある通貨(ポンドやトルコリラ)と、上がる可能性がある日本円のペア

■ この戦略のメリット

・初心者でも分かりやすい
・間違いが起こりにくい
・上達に応じて他テクニカルの組み合わせも可能

不動修太郎さんのFX買い合図戦略

まずは中長期の展望が重要

不動さんに紹介してもらうFX手法は、MACD(マックディー)を主役としたもの。MACDはメジャーなテクニカルなので、ほとんどのFX会社のチャートソフトが搭載しているはずです。

そのMACDは、エントリーと決済の判断に用いますが、その前段階で、水平ライン、トレンドラインを用いて中長期トレンドや相場の天底、および今後の予測をつけることに努めます。

水平ラインとは、チャートの主立った天井や底に引くラインのこと。相場に参加する人々が注目するため、過去に天井(底)となった価格帯は、将来的にも同様の働きをしやすい、といった性質を持ちます。そして、それは中長期展望につながるともいえます。

一方のトレンドラインとは、高値と高値、安値と安値を結ぶことにより、抵抗として可視化するラインのこと。前者を上値抵抗線、後者を下値支持線と呼ぶこともあります。こちらも、多くの人々に注目されるため、抵抗として働きやすいという性質を持ちます。

不動さんは、「まず中長期レンジの分析が大切」だといいます。つまり、週足、日足、そして4時間足のチャートで、水平ラインやトレンドラインを駆使して、トレンドの把握と今後の値動きの予測を立てることが、トレードの前提となります。

水平ラインでは、相場が転換する節目の価格を読み取れます。またトレンドラインでは、トレードすべき方向を判断できます。そのトレンドに乗ることが、MACDの性能を生かすことにもつながるのです。

以上の情報を持った上で、1時間足以下でのトレードに臨みます。

分かりやすい売買サイン

MACDとは、移動平均収束拡散手法のことで、つまり移動平均線をアレンジしたテクニカル。具体的には、短期と長期の指数平滑移動平均線(EMA)の差を「MACD」、その移動平均を「シグナル」として求めたものです。パラメーターとしては、「12、26、9」が一般的で、12と26はEMA、9はシグナルの移動平均の期間にあたります。

このMACDは、売買の判断が分かりやすいのが特徴です。使い方としては、MACDとシグナルの交差(ゴールデンクロス、デッドクロス)を買いサイン、売りサインと解釈します。

またMACDの山が高いときはトレンド発生、低いときはトレンドがない、と視覚的に判断することも可能。基本的に前者でのみトレードします。

フィルターがけで精度を向上

エントリーのルールとしては、まず中長期分析によるトレンドの方向にのみトレードします。また、MACDの山が高いところでトレードし、低いところではしないというフィルターをかけることで、取引の精度が向上します。

具体的なタイミングを下降相場の場合で紹介すると、MACD本体がシグナルを下に抜けたところでエントリー。その流れを追いかけ、MACD本体がシグナルを上に抜けたところで利確とします(ポイント4 参照)。

損切りに関しては、エントリー前に決めるのが鉄則です。2%ルール(損切り幅を資金の2%に止める)に従い、取引数量と損切り水準を定め、それからエントリーをします。これにより、損失を最小限に食い止めることができるのです。

ポイント1|相場の流れを水平ラインで確認

長期チャートの天井や底に水平線を引くと、過去の天井や底、もみ合ったレートで、その後の相場が転換することが分かります。これらの節目を、今後の相場における天井、底の予測に役立てます。 

ポイント2|トレンドラインで中長期トレンドを把握

図内Aまでは、上値抵抗線と下値支持線が共に右肩下がりで、明確な下降トレンド。このようなトレンド発生時は、その流れに乗ってトレードをします。

【中長期トレンド予測の例】

英国国民投票により急激な円高になったが(A)、その後に上値抵抗線を越えたので(B)、今後は上昇の可能性が高いと考えられる

ポイント3|MACD(マックディー)とは?

Moving Average Convergence Divergence=移動平均収束拡散手法

・【定義式】MACD=短期EMA-長期EMA

MACDは、短期EMAと長期EMAの差(MACD)と、その移動平均線(シグナル)で構成されます。左チャートでは青の縦線がMACD、赤線がシグナルを表します。

EMAとは

Exponential Moving Averageの頭文字をとったもので、日本語では指数平滑移動平均線。直近の価格に比重をかけて計算するタイプの移動平均線です。

ポイント4|MACDが教えてくれる売買機会

クロスを目安として機械的にトレード

MACDでショートを狙う場合は、上チャートに水色で示したデッドクロスで新規売りエントリー、ピンクで示したゴールデンクロスで決済、といった戦略が基本となります。取引の精度を上げるためには、山の高いところのみを狙うというフィルターをかける必要があります。

ゴールデンクロスとは

2本の線が交差することを、ゴールデンクロス、デッドクロスと呼びます。MACD本体がシグナルを下から上に抜ければゴールデンクロス、上から下に抜ければデッドクロス。前者は買いサイン、後者は売りサインとなります。

エントリータイミング|山の高いところのゴールデン・デッドクロスを選ぶ

1.長期足で現在のトレンドを確認

2.長期足の方向でトレード(重要指標の有無も確認。発表時は控える)

長期足で分析したトレンドの方向に対してのみ、トレードをします。ただし重要指標が発表されるときには、トレードを控えます。

3.MACDの交差(ゴールデン・デッドクロス)でエントリー

ゴールデンクロス、デッドクロスが、エントリーや決済のタイミングとなります。MACDの山が高いところ(トレンドがある)を選び、低いところ(トレンドがない)を捨てると、精度が上がります。

決済タイミング|利確はMACDで、損切りは2%ルール

4.<利確>エントリー後の最初の交差

エントリーした後、最初に交差が発生した箇所で、利確とします。ローソク足で判断すると欲や恐怖が生じてしまうこともありますが、MACDだけで判断すればそうしたメンタル上の問題を回避することができます。

4.<損切り>2%ルールにて調整

このトレードで失っても良い金額を、総資金の2%と定めて、取引数量と損切り幅を調整します。どうしてもいくつかのダマシが生じる手法なので、損失は最小限に食い止めようというのがポイントです。

FXトレード例①|大きな山からショートで攻める(ドル円 4時間足 2016年5月20日~6月13日)

トレードの流れ

① 長期トレンドは下降
② 戦略はショートです。重要指標が控えていないことを確認します
③ MACDの山が低いときはトレンドがないと判断し見送り。その後の山が大きくなったところでのデッドクロスでエントリーします
④ ゴールデンクロスが発生したところで利確

FXトレード例②|エントリーを厳選してトレード(ドル円 30分足 2016年7月12日~7月15日)

トレードの流れ

① 長期トレンドは上昇
② 戦略はロングです。重要指標が控えていないことを確認します
③ MACDの山が低いときはトレンドがないと判断し見送り。山が低い2回を見送り(チャート内×印)、それらよりも大きくなった3回目のゴールデンクロスでエントリーします
④ デッドクロスが発生したところで利確

FXトレード例③|上昇トレンドの押し目買い(ユーロ円 30分足 2016年7月11日~7月13日)

トレードの流れ

① 長期トレンドは上昇
② 戦略はロングです。重要指標が控えていないことを確認します
③ チャート外から続く上昇トレンドを押し目買いする形で、ゴールデンクロスが発生。ここでエントリーします
④ デッドクロスが発生したところで利確

FXトレード例④|続伸せずに損切りになったパターン(ドル円 1時間足 2016年5月5日~5月31日)

トレードの流れ

① 長期トレンドは上昇
② 戦略はロングです。重要指標が控えていないことを確認します
③ チャート外から上昇トレンドが続いており、押し目買いの形に。ゴールデンクロスでエントリーします
④ エントリー後に急落し、損切りラインに達したところで決済しました

※この記事は、FX攻略.com2016年10月号の記事を転載・再編集したものです

【編集部厳選】この手法が使えるオススメのFX口座

不動さんに教えていただいたFX手法、いかがでしたか? 使うテクニカルも少なくポピュラーなものですから、すぐに使うことができるはずです。

ここでは、このFX手法を再現できるオススメのFX会社をFX攻略.com編集部が4社選んでみました。いずれも必要なテクニカル指標が揃っていて、安心して利用できる、人気のFX会社です。

1. マネックス証券

ドル円スプレッド0.2銭キャンペーン中マネックスFX×口座開設で選んでもらえるメルマガ1ヶ月・タイアップキャンペーン(YEN蔵氏)
ドル円スプレッド0.2銭キャンペーン中マネックスFX×口座開設で選んでもらえるメルマガ1ヶ月・タイアップキャンペーン(YEN蔵氏)ドル円スプレッド0.2銭キャンペーン中マネックスFX×口座開設で選んでもらえるメルマガ1ヶ月・タイアップキャンペーン(YEN蔵氏)?|?fx-on.com
↑↑ 口座開設はこちらから【無料!!】↑↑

マネックスグループ100%出資のマネックス証券。各種取引手数料無料。使い勝手を重視したシンプルなものからプロも満足の高機能アプリまで、トレーダーの都合に合わせた取引ツールが揃っています。マネックスFXのスプレッドは、発注時の取引数量に応じてスプレッドが変化。

「期間限定でドル円スプレッドが原則0.2銭」など、トレーダーにメリットのあるキャンペーンも頻繁に行っています。

【マネックスFXの取引ツールをチェック!】
ユーザーの要望を形に!マネックスFX「MonexFX SPEED」が大幅パワーアップ!!
モバイルトレード最前線【マネックスFX】MonexFX SPEED iPhone/MonexFX SPEED Android

口座開設・申込み(マネックス証券公式ページへ)

2. 外為オンライン


↑↑ 口座開設はこちらから【無料!!】↑↑

バランスのとれたサービス体制・内容で、初心者から上級者までを手広くカバーしており、遂に50万口座を突破。進化したオールインワンで直感に訴える取引ツールや高性能な取引システムの搭載はもちろん、充実した投資情報コンテンツも大きな魅力。

また、簡単な設定をするだけで最適な取引条件を算出、自動で売買が繰り返される「iサイクル注文」にも注目が集まっています。

口座開設・申込み(外為オンライン公式ページへ)

3. 外為どっとコム


↑↑ 口座開設はこちらから【無料!!】↑↑

FX専業の取引会社として誕生し、今もFX一筋でサービスを提供中。頻繁にバージョンアップする取引ツールの使い勝手の良さが高く評価されています。

FX取引を通じて外国為替全体に対する情報発信にも力を入れており、初心者向けの動画コンテンツや相場分析記事などの質が高いことで有名。取引数量が最小1000〜最大500万通貨と幅広いのも特徴です。

口座開設・申込み(外為どっとコム公式ページへ)

4. ヒロセ通商


↑↑ 口座開設はこちらから【無料!!】↑↑

2013〜2015年の3年連続でオリコン顧客満足度ランキングFX部門総合1位を獲得したヒロセ通商のLION FXは、23行の銀行からレートの提供を受けており、業界最狭水準のスプレッドを実現。成功約定率・約定スピードも高水準で、24時間電話サポートありと安心かつ安全に取引できます。

また、1000通貨単位での取引やATMからのクイック入金が可能。通貨ペア&注文方法も豊富に取り揃えられており、万全のサービス内容となっています。

口座開設・申込み(ヒロセ通商公式ページへ)

不動修太郎の写真

不動修太郎(ふどうしゅうたろう)

国際エコノミスト、為替の講師、執筆者。出版社からセミナーDVD、対談CDを発売。金融取引所、証券取引所、FX業者、投資信託業者などで講演の他、雑誌への執筆、FX・株式のスクール講師を務めている。

公式サイト:不動修太郎の「ニュース報道の裏側」

twitter:https://twitter.com/syutaro_fudo

テクニカル分析手法 | 不動修太郎 | 特集 | 誰でも分かる買い合図|シンプルFX手法の最新記事
低コスト口座で積極的なデイトレに挑戦!移動平均線で大局を知り平均足のダマシで稼ぐ方法[セントラル短資FX]
テクニカル分析の極意・実践編|第2回 ローソク足からチャートを徹底的に分析する[FXプランナー]
移動平均線+RSI etc. トレンド系&オシレーター系の組み合わせ|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦チャート術
ケッティーのFXテクニカル虎の巻|第8回 逆張り手法アラカルト
移動平均線を理解する その4|複数本分析[マックス岩本]
GogoJungleプレゼンツ!今週のMT4インジケーター・電子書籍人気商品ランキング[2018/5/18情報]
元為替ブローカーから学ぶFXの売買プランの作り方|第6回 これまでのまとめ[浅野敏郎]
移動平均線を理解する その3|グランビルの法則[マックス岩本]
テクニカル分析の極意・実践編|第1回 チャートの中から優位性の高い場所を見つける方法[FXプランナー]
200日移動平均線+一目均衡表+MACD|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦チャート術
ローソク足と酒田罫線|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦チャート術
ケッティーのFXテクニカル虎の巻|第7回 本当に専業トレーダーが美味しい仕事なのか?
移動平均線を理解する その2|単線分析について[マックス岩本]
移動平均線を理解する その1|パラメーターの種類について[マックス岩本]
元為替ブローカーから学ぶFXの売買プランの作り方|第5回 値幅の半値ラインに着目したチャート分析法[浅野敏郎]