【平均足+移動平均線】1日1回のチェックでトレンドを大きく獲得できるFX手法[平野朋之]

平均足と移動平均線という、どのチャートソフトにも入っている基本的なツールだけを用いて、トレンドにうまく乗って利益をあげる平野朋之さんの手法を解説します。日足が基準なので、時間のない方でも安心です。

※この記事は、FX攻略.com2016年4月号の記事を転載・再編集したものです

平野朋之さんのプロフィール

平野朋之の写真

平野朋之(ひらのともゆき)

米国の大学を卒業後、海外取引所関連の仕事に従事後、ひまわり証券へ入社。FX業務全般、自己売買部門でディーラー、投資情報室にてFX、日経225の情報発信、セミナー講師を務める。現在は独立して株式会社トレードタイムを設立。自己売買、投資教育、個人投資家支援を行いつつ、FX会社などへの情報発信やセミナーを精力的に開催中。

公式サイト:トレードプレス 勝てるFXブログ

twitter:https://twitter.com/trade_time

平野朋之さんのFX買い合図ポイント

■ 準備するもの

【チャート】日足
【テクニカル】平均足、移動平均線

日足のチャートに期間を30にした移動平均線と、平均足を表示するだけでトレードの準備はOK。

■ トレードの手順

1. 移動平均線の傾きからトレンド判断

2. 平均足に上昇中なら陰線が現れるのを待つ(下降中なら陽線)

3. 平均足がトレンドの色に戻ったらエントリー

4.<利確>平均足がトレンドと逆行
 <損切り>直近高値、安値を越える

■ 狙い目の通貨ペア

・米ドル/円、ユーロ/ポンド、ユーロ/豪ドル、米ドル/カナダドル

■ この戦略のメリット

・色を見るだけで買い合図が分かる
・1日1回のチェックでOK
一度で大きなトレンドを取れる

平野朋之さんのFX買い合図戦略

誰でもできる簡単手法!特別な環境も不要

テクニカル分析のエキスパートとして名高い平野朋之さんが、最も得意とするのは平均足を使った手法。今回はいくつかある手法の中でも、シンプルで実行しやすいものを解説していただきました。

実行するために必要な環境は右にまとめた通り、非常にスタンダードであり、特別な準備は必要ないでしょう。また日足ベースなので、頻繁にチャートをチェックする必要もありません。後述しますが、基本的に売買するのは日本時間朝だけで、仕事との両立が簡単です。手順自体も簡単で、一度覚えればその都度の判断は不要。普段いそがしい人でも難なくこなせるでしょう。

具体的な手順を覚える前に、まずはこの手法の核となる平均足について学んでいきましょう。平均足はローソク足の派生パターンで、始値と終値の算出方法に工夫を加えることで、トレンド発生時に同じ色の足が連続して出現しやすくなっています。実際にチャートを見ると分かるように、かなり強いトレンドが発生していても、ローソク足の色はバラバラになりがち。明らかに価格が上昇している局面でも、陽線ばかり出るわけではなく、かなりの比率で陰線も現れます。

しかし平均足は、最新の足が一つ前の足に対して、上がっているか、下がっているかを4本値(始値・終値・高値・安値)の平均値から総合的に判断するため、上昇トレンド中には陽線が、下降トレンド中には陰線が立て続けに出現しやすいように設計されています。つまり視覚的にトレンドが分かりやすいので、トレードの基本的な判断を間違えにくいというわけです。

そのときに動いている通貨ペアを選択

こちらの手法は基本的にどんな通貨ペアでも通用しますが、平野さんからはこんなコメントも。

「米ドル/円やユーロ/米ドルのようなメジャーな通貨ペアはもちろんですが、あまりメジャーでなくてもそのときにトレンドが出ている通貨ペアを選んだ方がチャンスは広がります。日足でのトレードなので、スプレッドもそんなに気になりません。そういう意味で口座は、取扱い通貨ペアが多いヒロセ通商なんか良いんじゃないですか」

手法に慣れてきたら、チェックする通貨ペアを少しずつ増やしていくのも良いでしょう。慣れている通貨ペアであっても、明確なトレンドが出ていなければ利益を出すことは難しいので、注目する通貨ペアが多いほど、勝率は高くなっていくといえます。

1日1回、朝確認するだけで運用可能

平均足だけでもトレンドの流れは見えますが、さらに30日移動平均線を併用することで、分析の精度を高めます。

この手法では、トレンドの転換や継続の判断は、ニューヨーク市場が終わるタイミング(時差の関係で日本時間の早朝)に行います。朝の時点での、平均足の色や、移動平均線の傾きを確認し、必要に応じて新規エントリーや利益確定を行います。

そのため、例えば日中は仕事をしている方でも、出勤前に少しのチェックをするだけで問題なく運用ができるのです。

また損切りは、ポジションを取った時点で逆指値注文を入れることで、相場を見続けなくても自動的に実行されます。まさに兼業トレーダー向けの簡単手法なのです。

ポイント1|そもそも平均足ってなに?

1本前との比較を重視

高値・安値・始値・終値の平均価格が、1本前の足より総合的に上がっているのか下がっているのかを判断するのが平均足です。一つ前の足との比較を重視しているため、トレンド発生時には同じ色の足が続きやすくなっています。

始値も終値も文字通り平均をとる

平均足は、ローソク足と形は似ていますが、始値と終値に特殊な計算方法がほどこされています。始値は1本前の平均足の始値と終値の平均、つまり実体部分の中間からスタートします。終値は高値・安値・始値・終値の平均価格です。

ポイント2|平均足とローソク足の違い

視覚的にトレンドが判断できる!

例えばはっきりした上昇トレンドが発生している局面でも、ローソク足では陽線ばかりが並ぶわけではなく、陰線がときおり混じります。それに対して平均足は、トレンドが発生していればその同じ色のローソク足が並びやすいです。

ポイント3|チャート上で見る平均足とローソク足の違い

チャート上でローソク足と平均足を比べてみましょう。ともに明確な下降トレンドが発生している場面でも、ローソク足ではところどころに陽線が現れているのに対し、平均足ではすべて陰線となっています。

ポイント4|30日移動平均線で余裕を持ってトレンド判断

30日線によるトレンドの定義

ニューヨーク市場のクローズ時間(日本時間早朝)の数値が、前日より上がっていれば上昇トレンド、下がっていれば下降トレンドと見なします。ですが、厳密に数値を比較することはほとんどなく、視覚的に前日よりも上がっていれば上昇、下がっていれば下降とラフに判断してOKです。

シンプルにトレンドが分かる

この手法では、30日移動平均線でトレンドを判断します。30日線はほどよい速度でトレンドを追いかけるためダマシはそれほど多くなく、また押し目や戻りになることも多いので使い勝手が良いです。 

エントリータイミング|平均足の色が流れに戻ったら取引

1.移動平均線の傾きからトレンド判断

まずは30日線で基本となるトレンドを判断します。前日より上がっていれば買い、下がっていれば売りのタイミングを探します。

2.平均足に上昇中なら陰線が現れるのを待つ(下降中なら陽線)

30日線からトレンドが分かったら、平均足の色が終値ベースでトレンドと逆になるタイミングを待ちます。これが押し目や戻りになります。

3.平均足がトレンドの色に戻ったらエントリー

平均足が、終値ベースでトレンドと同じ色に戻ったタイミングで、トレンド方向にエントリーをします。

決済タイミング|利益確定は手動、損切りは自動

4.<利確>平均足がトレンドと逆行

ポジションを持った状態で、平均足がトレンドと逆の色になったら利益を確定します。もし利益が乗っていなくても一度ここで決済してください。

4.<損切り>直近高値、安値を越える

エントリーしたら、その時点での高値や安値を基準に、あらかじめ損切りの予約を入れておきましょう。こうしておけば、相場急変時でも安心です。

FXトレード例①|強力な上昇波を丸ごとゲット!(ドル円 日足 2015年8月〜12月)

トレードの流れ

① 30日移動平均線が前日より上がっていて上昇トレンドと判断できる状況で陰線が出たのでロングの準備
② 平均足が陰線から陽線に変化したので買いエントリー
③ 平均足の陽線から陰線に変化したので買いポジションを決済

FXトレード例②|発生しているトレンドに途中乗車(ユーロドル 日足 2015年10月〜2015年12月)

トレードの流れ

① 30日移動平均線が前日より下がっていて下降トレンドと判断できる状況で陽線が出たのでショートの準備
② 平均足が陽線から陰線に変化したので売りエントリー
③ 平均足が陰線から陽線に変化したので売りポジションを決済

FXトレード例③|陽線一色の強烈な上昇トレンド(ドルカナダドル 日足 2015年11月〜2016年1月)

トレードの流れ

① 30日移動平均線が前日より上がっていて上昇トレンドと判断できる状況で陰線が出たのでロングの準備
② 平均足が陰線から陽線に変化したので買いエントリー
③ 平均足の陽線から陰線に変化したので買いポジションを決済

FXトレード例④|トレンドが続かない負けパターン(ドル円 日足 2015年10月〜12月)

トレードの流れ

① 30日移動平均線が前日より上がっていて上昇トレンドと判断できる状況で陰線が出たのでロングの準備
② 平均足が陰線から陽線に変化したので買いエントリー
③ 直近安値に設定した損切りにヒットしてトレード終了

※この記事は、FX攻略.com2016年4月号の記事を転載・再編集したものです

【編集部厳選】この手法が使えるオススメのFX口座

平野さんに教えていただいたFX手法、いかがでしたか? 使うテクニカルも少なくポピュラーなものですから、すぐに使うことができるはずです。

ここでは、このFX手法を再現できるオススメのFX会社をFX攻略.com編集部が4社選んでみました。いずれも必要なテクニカル指標が揃っていて、安心して利用できる、人気のFX会社です。

1. マネックス証券

ドル円スプレッド0.2銭キャンペーン中マネックスFX×口座開設で選んでもらえるメルマガ1ヶ月・タイアップキャンペーン(YEN蔵氏)
ドル円スプレッド0.2銭キャンペーン中マネックスFX×口座開設で選んでもらえるメルマガ1ヶ月・タイアップキャンペーン(YEN蔵氏)ドル円スプレッド0.2銭キャンペーン中マネックスFX×口座開設で選んでもらえるメルマガ1ヶ月・タイアップキャンペーン(YEN蔵氏)?|?fx-on.com
↑↑ 口座開設はこちらから【無料!!】↑↑

マネックスグループ100%出資のマネックス証券。各種取引手数料無料。使い勝手を重視したシンプルなものからプロも満足の高機能アプリまで、トレーダーの都合に合わせた取引ツールが揃っています。マネックスFXのスプレッドは、発注時の取引数量に応じてスプレッドが変化。

「期間限定でドル円スプレッドが原則0.2銭」など、トレーダーにメリットのあるキャンペーンも頻繁に行っています。

【マネックスFXの取引ツールをチェック!】
ユーザーの要望を形に!マネックスFX「MonexFX SPEED」が大幅パワーアップ!!
モバイルトレード最前線【マネックスFX】MonexFX SPEED iPhone/MonexFX SPEED Android

口座開設・申込み(マネックス証券公式ページへ)

2. 外為オンライン


↑↑ 口座開設はこちらから【無料!!】↑↑

バランスのとれたサービス体制・内容で、初心者から上級者までを手広くカバーしており、遂に50万口座を突破。進化したオールインワンで直感に訴える取引ツールや高性能な取引システムの搭載はもちろん、充実した投資情報コンテンツも大きな魅力。

また、簡単な設定をするだけで最適な取引条件を算出、自動で売買が繰り返される「iサイクル注文」にも注目が集まっています。

口座開設・申込み(外為オンライン公式ページへ)

3. 外為どっとコム


↑↑ 口座開設はこちらから【無料!!】↑↑

FX専業の取引会社として誕生し、今もFX一筋でサービスを提供中。頻繁にバージョンアップする取引ツールの使い勝手の良さが高く評価されています。

FX取引を通じて外国為替全体に対する情報発信にも力を入れており、初心者向けの動画コンテンツや相場分析記事などの質が高いことで有名。取引数量が最小1000〜最大500万通貨と幅広いのも特徴です。

口座開設・申込み(外為どっとコム公式ページへ)

4. ヒロセ通商


↑↑ 口座開設はこちらから【無料!!】↑↑

2013〜2015年の3年連続でオリコン顧客満足度ランキングFX部門総合1位を獲得したヒロセ通商のLION FXは、23行の銀行からレートの提供を受けており、業界最狭水準のスプレッドを実現。成功約定率・約定スピードも高水準で、24時間電話サポートありと安心かつ安全に取引できます。

また、1000通貨単位での取引やATMからのクイック入金が可能。通貨ペア&注文方法も豊富に取り揃えられており、万全のサービス内容となっています。

口座開設・申込み(ヒロセ通商公式ページへ)

平野朋之の写真

平野朋之(ひらのともゆき)

米国の大学を卒業後、海外取引所関連の仕事に従事後、ひまわり証券へ入社。FX業務全般、自己売買部門でディーラー、投資情報室にてFX、日経225の情報発信、セミナー講師を務める。現在は独立して株式会社トレードタイムを設立。自己売買、投資教育、個人投資家支援を行いつつ、FX会社などへの情報発信やセミナーを精力的に開催中。

公式サイト:トレードプレス 勝てるFXブログ

twitter:https://twitter.com/trade_time

テクニカル分析手法 | 平野朋之 | 特集 | 誰でも分かる買い合図|シンプルFX手法の最新記事
「元ゲーマー、現クオンツ運用者」シーク&アルファ 9000文字インタビュー
動画だから超わかりやすい!有名トレーダーにFX手法を聞いちゃいました!!
陳満咲杜氏 特別インタビュー|プライスアクションは相場を雄弁に物語る
【無料動画】スキャルピング成功の秘訣を為替鬼さんから3日間で学ぶ!
エリオット波動&200日移動平均線、一目均衡表、MACD etc|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
フォーメーション分析を理解する 最終回|すぐに実践できるダマシの回避方法[マックス岩本]
元為替ブローカーから学ぶFXの売買プランの作り方|第13回 三波動の考え方を取り入れたドル円相場分析⑥[浅野敏郎]
GogoJungleプレゼンツ!今週のMT4インジケーター・電子書籍人気商品ランキング[2018/7/13情報]
フォーメーション分析を理解する その5|リバーサルフォーメーション(スパイク、ソーサー)とは[マックス岩本]
GMMA(複合型移動平均線)&ストキャスティクス、平均足、MACD|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
相場で生き残るためのテクニカル特化型戦略|第2回 [田向宏行]
トレンド・イズ・フレンド[水上紀行]
フォーメーション分析を理解する その4|コンティニュエーションフォーメーションとは[マックス岩本]
GogoJungleプレゼンツ!今週のMT4インジケーター・電子書籍人気商品ランキング[2018/6/29情報]
元為替ブローカーから学ぶFXの売買プランの作り方|第12回 三波動の考え方を取り入れたドル円相場分析⑤[浅野敏郎]