【MACD2+トレンドライン】トレンドの初動を狙う!兼業向けのFX手法[マックス岩本]

15分足をベースに、短期のトレンドが生まれる箇所を狙う。FXにあまり時間をかけられない兼業トレーダーでも、着実に運用できるのがこのFX手法。トレンドの初動をごっそりと獲得できるため、相応の利益が見込めます。

※この記事は、FX攻略.com2017年3月号の記事を転載・再編集したものです

マックス岩本さんのプロフィール

マックス岩本の写真

マックス岩本(まっくすいわもと)

「中卒認定テクニカルアナリスト」という異名の通り、アナリスト業界ではまれに見るノー学歴。学歴社会が色濃く残る昨今でも、そんなことがいっさい関係しないFX市場を相手に日々奮闘中。「誰もが気軽にFXを始められる今だからこそ、しっかり勝ち続けられる技術を身につけて欲しい」という気持ちで、連載やセミナー講師を務めています。

公式サイト:マックス岩本公式サイト

マックス岩本さんのFX買い合図ポイント

■ 準備するもの

【チャート】15分足推奨(それ以外でもOK)
【テクニカル】MACD2

■ トレードの手順

  1. MACDラインでトレンドを確認(0ラインより上/下で、上昇/下降と判断)
  2. ヒストグラムが減り/増え始めたら、トレンドラインを引く
  3. トレンドラインのブレイクと、MACDラインとシグナルラインの明確なクロスの二つを満たしたら終値ベースでエントリー
  4. <利確>ヒストグラムがピークアウトした終値
    <損切り>1本前の高値(安値)

■ 狙い目の通貨ペア

  • 「米ドル/円」「ユーロ/円」「ポンド/円」「ユーロ/米ドル」「ポンド/米ドル」

■ この戦略のメリット

  • トレンドの初動を捉えられる
  • その分、損切り幅が狭くて済む
  • 兼業トレーダー向き

マックス岩本さんのFX買い合図戦略

MT4必須のFXテクニック!

マックス岩本さんには、2016年4月号で「節目突破+移動平均線」のFX手法を教えてもらいました。それに続く第二弾として用意いただいたのが、MACD2とトレンドラインを用いたFX手法です。

MACDとは、Moving AverageConvergence  Divergenceの頭文字を取った呼び名で、日本語では移動平均線収束拡散手法と訳されます。簡単にいえば、2本の移動平均線(MA)が近づいたり離れたりする状況を指標化。MAの差(距離)をMACDライン、その移動平均線をシグナルラインとして示します。

それを進化させたMACD2には、もう一つ、ヒストグラムが追加されます。これは、MACDラインとシグナルラインの差を、棒グラフで示したもの。トレンドの勢いを読み取るのに適しています。

このMACD2は、一般的なFX会社の取引ソフトには搭載されておらず、MT4を使用することが条件となります。なお、そのMT4自体にもMACD2は標準搭載されていないので、インターネット上からダウンロードし、インストールする必要があります(ポイント2参照)。

もう一方のトレンドラインは、2本以上の高値(安値)を結んだラインのこと。トレンドがあるときはサポートラインとして値動きを跳ね返すように機能し、トレンドが転換するときにはブレイク(ラインをローソク足が上抜く/下抜く)されます。

【関連記事】
MT4についてゼロから学びたい方はこちらのMT4総力特集ページへ!


MT4総力特集|知識ゼロから始めるメタトレーダー4(Meta Trader4)の使い方入門

二つのサインからエントリー!

今回解説する手法では、まずMACDラインでトレンドを確認します。判断方法は簡単で、0ラインより上なら上昇、下なら下降トレンドです。

次に、トレンドの勢いを示唆するヒストグラムに注目します。これが減る/増えるということは、トレンドの勢いに変化があったということ。そこで、トレンドが転換するタイミングを見極めるべく、直近の値動きに対してトレンドラインを引きます。ここまでが、エントリー前にする作業です。

実際にエントリーするのは、以下の二つの条件を満たしてからとします。一つは、トレンドラインをブレイクすること。もう一つは、MACD、シグナルラインが明確にクロスすることです。この両者が発生し、ローソク足が確定したら、その終値でエントリーします。

この手法は、転換したトレンドの初動を捉えやすいという性質があります。よって、値幅を稼ぎやすく、一方で損切り幅が狭くて済むという特徴もあります。

ロンドンやNYの時間帯にトレードのチャンスがあるため、兼業トレーダーに向いているといえます。狙い目の通貨ペア5種類をチェックしていれば、毎日トレードの機会をつかむことも可能です。

決済の目安はヒストグラム

もちろん、エントリー前には損切りを決めておくべきです。この手法では、エントリーするローソク足の一本前の高値(安値)を損切りラインとします。利益確定はヒストグラムに着目し、これがピークアウトしたところで、決済とします。

基本的にリスクリワード(受け入れる損失と、狙う利益の比率)1対1以上、理想をいえば1対1.5以上を目指します。とはいえ、最初のうちはヒストグラムのピークアウトで機械的に利確し、利益を積み上げながら慣れていくと良いでしょう。

ポイント1  MACD2とは?

Moving Average Convergence Divergence = 移動平均収束拡散手法

・MACD=短期EMA−長期EMA
・シグナル=MACDの移動平均線
・ヒストグラム=MACD−シグナル

MACDが0になるということは、短期と長期のEMAがクロスしていることを指します。同様に、ヒストグラム=0は、MACDとシグナルがクロスする局面を表します。

EMAとは

Exponential Moving Averageの頭文字をとったもので、日本語では指数平滑移動平均線。直近の価格に比重をかけて計算するタイプの移動平均線です。

ポイント2 MT4でMACD2をインストール〜表示する手順

1.ダウンロードサイトを検索

上記のように「mt4 macd2」とインターネット検索し、インジケーターを配布しているサイトを見つけます(配布サイトはさまざま)。

2.インジケーターをダウンロード

「mq4」(または「ex4」)という拡張子が、インジケーターです。これを探してダウンロードします。デスクトップに保存すると、見失うことがなくなります。

3.MT4フォルダに格納(インストール)

MT4を開き、「ファイル」→「データフォルダを開く」と進みます。次に、「MQL4」フォルダを開け、さらに「Indicators」フォルダを開き、そこにダウンロードした「mq4」ファイルを入れます。これで、インジケーターのインストールが完了します。一度MT4を閉じて再び起動してください。

4.MT4に表示

ナビゲーター画面で表示したい「mq4」をクリックし、それをチャート上へドラッグ&ドロップします。

ポイント3 トレンドラインの引き方

高値、安値を結ぶ

上昇相場では安値と安値、下降相場では高値と高値を結んだ線を、トレンドラインと呼びます。相場の方向性が可視化するのはもちろんのこと、押し目買いや戻り売りの目安になったり、ブレイクによってトレンドの転換が分かるなど、用途はさまざまです。

直近高値(安値)からラインを引いてみよう

直近の高値(安値)を起点として、その次に明確な高値(安値)を結ぶことで、トレンドラインを引くことができます。上図では、トレンドラインのブレイク(①、②)を機に、逆方向へのトレンドが発生していることが分かります。

ポイント4 終値ベースとは

ラインを越えたかどうかは終値で判断します。AやBのように一時的に越えたものの、ヒゲを伸ばして元に戻った場合はノーカウント。Cの終値がラインを越えて確定し、陰線aが始まったタイミングがエントリーポイントです。

ポイント5 リスクリワード

行き当たりばったりの決済ではなく、損失と利益のバランスに、明確な基準を定めると収益が安定します。これにより、計画的なトレードが可能になるのです。

エントリータイミング エントリーは二つの条件を満たしてから

1.MACDラインでトレンドを確認(0ラインより上/下で、上昇/下降と判断)

2.ヒストグラムが減り/増え始めたら、トレンドラインを引く

トレンド確認後はヒストグラムに注目し、その勢いに変化が生じるタイミングを見極めます。それからトレンドラインを引いて、エントリーに備えます。

3.トレンドラインのブレイクと、MACDラインとシグナルラインの明確なクロスの二つを満たしたら終値ベースでエントリー

エントリーのためには、上記二つの条件を満たす必要があります。後者は”明確な”クロスであるべきで、ちょっと絡んだくらいは除外して考えます。

決済タイミング 損切りは直前の足、利確は成行で

4.<利確>ヒストグラムがピークアウトした終値

リスクリワードを考慮しない簡易版手順としては、ヒストグラムがピークアウトしローソク足が確定したところで成行決済。この手法に慣れたら、リスクリワードを意識した手順にアレンジすると良いでしょう。

4.<損切り>1本前の高値(安値)

損切り水準としては、エントリーした1本前の高値(安値)を第一候補とします。この値幅があまりにも狭すぎたり、広すぎたりするようなら、アレンジを加えます。別の目安を基準としましょう。

FXトレード例① NYオープン後の反転を獲る(ポンド/円 15分足 2016年11月16日)

トレードの流れ

① MACDラインが0ラインより上で、上昇トレンドが継続中
② ヒストグラムが切り下がったのでトレンドラインを引く
③ 長い陰線で明確なブレイクをし、クロスも確認。その足の終値でエントリーします
④ ヒストグラムが切り上がったところで利確

FXトレード例② エントリー後は順調に続伸(ユーロ/米ドル 15分足 2016年11月29日)

トレードの流れ

① MACDラインが0ラインより下で、下降トレンドが継続中
② ヒストグラムが切り上がったのでトレンドラインを引く
③ 陽線がブレイクし、遅れてクロスを確認。その足の終値でエントリーします
④ ヒストグラムが切り下がったところで利確

FXトレード例③ 勢いの強い短期トレンド丸々獲得(米ドル/円 15分足 2016年12月21日)

トレードの流れ

① MACDラインが0ラインより下で、下降トレンドが継続中
② ヒストグラムが切り上がったのでトレンドラインを引く
③ ほぼ同時にブレイクとクロスを確認。その足の終値でエントリーします。損切りは直近安値にアレンジ
④ ヒストグラムが切り下がったところで利確 

FXトレード例④ 勢いが出ずトレンド不発のパターン(ポンド/円 15分足 2016年12月22日)

トレードの流れ

① MACDラインが0ラインより下で、下降トレンドが継続中
② ヒストグラムが切り上がったのでトレンドラインを引く
③ ブレイクの後にクロスを確認。その足の終値でエントリーします
④ 相場は思うように上昇せず、横ばいから下降へ。逆指値の価格まで下がり損切りの決済

※この記事は、FX攻略.com2017年3月号の記事を転載・再編集したものです

【編集部厳選】この手法が使えるオススメのFX口座

マックス岩本さんに教えていただいたFX手法、いかがでしたか? MACD2は、一般的なFX会社の取引ソフトには搭載されていないため、MT4を使用することが条件となります。MT4初心者の方も、この機会にぜひ導入にチャレンジしてみてください。

ここでは、MT4でチャート分析ができるオススメのFX会社をFX攻略.com編集部が4社選んでみました。安心して利用できる人気のFX会社です。

1.ゴールデンウェイ・ジャパン[限定タイアップキャンペーン中]

裁量トレード・自動売買ともに対応した「FXTF MT4」、話題のバイナリーオプション「バイトレ」と、さまざまなニーズに対応した取引サービスを提供しています。取引ツールで注目なのが、ダウンロードなしでMT4を利用できる「FXTF MT4ウェブトレーダー」。

Macにも対応しており、MT4をストレスなく使いたいMacユーザーなら口座開設しない手はない。また、投資サポートツールとして、過去の値動きから未来の値動きを予測する「FXTF未来チャート」も無料で提供。初心者から上級者まで満足できる高レベルの取引環境が整っている。

<FXTF × FX攻略.com 限定タイアップ>
上記バナー経由で期間内に新規口座開設&諸条件を満たすと、FX攻略.com作成『5人のプロが教える即戦力テクニカル手法(PDF)』をプレゼント!5人のプロが伝授する手法の詳細は、上記リンク先のタイアップページ(公式ページ)にてご確認いただけます。

2.楽天証券

楽天グループのインターネット証券会社「楽天証券」は、1999年6月に日本初のオンライン専業証券会社としてスタート。FXでは、スタンダードな「楽天FX」と、大手ネット証券で唯一MT4を導入した「楽天MT4」といった2つの口座があります。

楽天FXでは、ドル円0.3銭(例外あり)の業界最狭水準のスプレッド、グッドデザイン賞(2012年)を受賞した「マーケットスピードFX」をはじめとする各種取引ツールなど、充実した取引環境が用意されています。

3.YJFX!

あのヤフーグループのFX会社なので、安心感は抜群。業界最狭水準の低スプレッドや、25万DL(2015年4月7日調査時点)されたスマホ取引アプリ「Cymo」、1000通貨単位からの取引可能などなど、投資家のあらゆるニーズに対応しています。新規口座開設のキャッシュバックキャンペーン金額も魅力的。

マックス岩本の写真

マックス岩本(まっくすいわもと)

「中卒認定テクニカルアナリスト」という異名の通り、アナリスト業界ではまれに見るノー学歴。学歴社会が色濃く残る昨今でも、そんなことがいっさい関係しないFX市場を相手に日々奮闘中。「誰もが気軽にFXを始められる今だからこそ、しっかり勝ち続けられる技術を身につけて欲しい」という気持ちで、連載やセミナー講師を務めています。

公式サイト:マックス岩本公式サイト

テクニカル分析手法 | マックス岩本 | 特集 | 誰でも分かる買い合図|シンプルFX手法の最新記事
相場の方向もエントリーポイントもシグナル点灯で一目で分かる!「WBRインジケーター&シグナルインジケーター(※1)」応募者もれなくダウンロード
私たちを惑わせる相場のノイズを除去!「練行足×移動平均線MT4インジケーター(※1)」応募者もれなくダウンロード
「元ゲーマー、現クオンツ運用者」シーク&アルファ 9000文字インタビュー
動画だから超わかりやすい!有名トレーダーにFX手法を聞いちゃいました!!
陳満咲杜氏 特別インタビュー|プライスアクションは相場を雄弁に物語る
【無料動画】スキャルピング成功の秘訣を為替鬼さんから3日間で学ぶ!
エリオット波動&200日移動平均線、一目均衡表、MACD etc|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
フォーメーション分析を理解する 最終回|すぐに実践できるダマシの回避方法[マックス岩本]
元為替ブローカーから学ぶFXの売買プランの作り方|第13回 三波動の考え方を取り入れたドル円相場分析⑥[浅野敏郎]
GogoJungleプレゼンツ!今週のMT4インジケーター・電子書籍人気商品ランキング[2018/7/13情報]
フォーメーション分析を理解する その5|リバーサルフォーメーション(スパイク、ソーサー)とは[マックス岩本]
GMMA(複合型移動平均線)&ストキャスティクス、平均足、MACD|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
相場で生き残るためのテクニカル特化型戦略|第2回 [田向宏行]
トレンド・イズ・フレンド[水上紀行]
フォーメーション分析を理解する その4|コンティニュエーションフォーメーションとは[マックス岩本]