【一目均衡表+ATR】1時間足を見るだけ!簡単サインでトレンドをつかむFX手法[森田真之]

森田真之さんに教えてもらうのは、「米ドル/円」1時間足のチャートだけでトレンドに乗れ、迷わずに決済できる手法(その他の通貨ペア、時間足にも応用可能)。一目均衡表を用いた「ひと目」で攻略するテクニックです。

※この記事は、FX攻略.com2016年10月号の記事を転載・再編集したものです

森田真之さんのプロフィール

森田真之の写真

森田真之(もりたさねゆき)

元証券会社勤務。為替関連の商品を主に扱った経歴を持つ。金利の流れをはじめとした世界的に大きな流れを読む技術に長けている。

森田真之さんのFX買い合図ポイント

■ 準備するもの

【チャート】1時足
【テクニカル】一目均衡表、ATR

■ トレードの手順

  1. ローソク足の実体と一目均衡表の転換線、基準線の位置関係を確認
  2. 実体>転換線、基準線ならショートの待機
    実体<転換線、基準線ならロングの待機
  3. 実体と転換線、基準線の位置が逆転したらエントリー
  4. <利確>ATRの現在値の2倍 <損切り>ATRの現在値の2倍

■ 狙い目の通貨ペア

「米ドル/円」が初心者向き

■ この戦略のメリット

  • トレンドに乗れる
  • ルールを守れば大きな損にならない
  • ATRにより相場の流れに適した目標値幅を決められる

森田真之さんのFX買い合図戦略

MT4標準搭載のテクニカルを使用

森田さんの手法は、一目均衡表とATRといったテクニカルを使用するもの。まずは両方のテクニカルの概要をお伝えします。

一目均衡表とは、「ひと目で相場が分かる」ように設計されたもの。転換線、基準線、先行スパン、遅行スパンで構成され、それぞれの交わりなどによって、相場の今後の展開が予測可能となるテクニカルです。森田さんの手法では、転換線と基準線の二つを用います。

一方のATRとは、アベレージ・トゥルー・レンジのことで、過去の値動きを基に「これからどれくらい値動きをしそうか」といったボラティリティの予測値を算出するテクニカル。トレンドの確認やエントリーではなく、利確や損切りの値幅設定に用います。

なお、森田さんはチャート分析をMT4で行うので、この手法を真似したい場合は同ソフトの使用が推奨されます。

【MT4導入に関する記事】
インストール、初期設定から基本機能までMT4の使い方簡単まとめ
使いづらい初期設定を変更!MT4を好みの環境にカスタマイズする基本操作
MT4でチャートのテクニカル分析を始めよう!そのために知っておくべき基本操作

1時間足で各線の位置関係をチェック

チャートは、1時間足を用意します。そして、ローソク足と、一目均衡表の転換線、基準線との位置関係を確認し、それに応じて今後のエントリーをする方向を定めます。

ローソク足の実体が転換線と基準線の上にあれば、その位置関係が逆転するときにショートを狙います。反対に、ローソク足の実体が転換線と基準線の下にあれば、その位置関係が逆転するときにロングを狙います。

これによりトレンドの初動を取ることができるというのが、ポイントです。また1時間足だけで完結できるというのも、初心者にとって慣れやすい要素だといえるでしょう。

ボラティリティの変遷を示すATR 

ATRを用いることで、機械的に利確、損切りの値幅を決めることができます。そのため、メンタルの問題に悩まされることも、裁量によるブレが生じることも防止でき、こちらも初心者にとってプラスの要素となります。

そのATRとは、窓あきを考慮した「真の変動率」を数値化および移動平均化したもので、1日に動く値幅の目安を示します(日足の場合)。小幅の変動で推移してきた流れは、やはり小幅の動きを予想できますし、その逆もまた然り、というわけです。

これのおかげで、最近のボラティリティを反映した、より現実的な利確、損切り幅の設定が可能に。このルールを徹底すれば、大きく負けることは皆無となります。

決済はATRから機械的に決定

トレンドが発生する際には、ローソク足の実体が、転換線および基準線と位置を入れ替えます。このタイミングを狙うわけですが、エントリー時のポイントとして、価格のブレイクだけでは条件クリアとはなりません。実体(始値と終値)が位置を逆転していなければ、エントリーしてはいけないのです。

決済については、ATRの値をpipsに換算して、その2倍の値を利確や損切り値幅とします。例えばATRが0.2であれば、20pipsと換算し、その2倍の4pipsが決済の値幅に。100.50円でロングのエントリーなら、損切りは100.10円、利確は100.90円とします。

このように機械的に決めることで、初心者特有の決済時の迷いを封じることができます。 

ポイント1 一目均衡表とは?

相場のすう勢が一目でつかめる

一目均衡表の各線は、その見た目から、相場の流れを直観的に認識できるようになっています。ローソク足>転換線>基準線なら上昇トレンド、ローソク足<転換線<基準線なら下降トレンド、それらが交わっているならもみ合い相場と判断できます。

合計5本の線で構成

転換線と基準線は、当日を含む9日、26日間の半値を結んだ線。先行スパンは、当日を含む52日間の半値を26日先に先行させた線、および転換線と基準線の半値を26日先に先行させた線。遅行スパンは、終値を26日後に表示した線です。

ポイント2 一目均衡表はもみ合いと、放れを見つけやすい

転換線、基準線の向きから方向性を知ることができる

転換線や基準線が横ばいを続けるということは、半値を算出するための高値と安値が更新されていない=一定の値幅でもみ合っているのが原因。これを逸脱すれば、トレンド発生と共に転換線や基準線に傾きが生まれます。

もみ合いはやがて放れる

もみ合い相場は、時間を経過すると、やがて上下のいずれかに放れていく=トレンドが発生することになります。その際には、ローソク足と転換線、基準線の位置関係が逆転するというチャート上のパターンが、多く見られます。

ポイント3 ATR(アベレージ・トゥルー・レンジ)とは?

窓あきを考慮した「真の変動率(トゥルー・レンジ)」を定義し、その平均を結んだのがATR。その見た目は、下チャートで確認してください。簡単にいえば、1日に動く値幅の目安になります。その値が大きいほどボラティリティが大きいことを意味します。

ポイント4 ATR(アベレージ・トゥルー・レンジ)の使い方

ATRでエントリーはせず決済水準の決定に用いる

水色の線で示されているのがATR。ローソク足が大きくなる=ボラティリティが大きくなるとATRは上昇していることが分かるでしょう。例えば「米ドル/円」でATRが0.5なら50pipsと換算して、利確や損切り水準の算出に用います。

これから動きそうな値幅

ATRはこれから動きそうな値幅の目安をつけられるもの。エントリー価格にATR値(の2倍)を足したり引いたりすることで、利確や損切りの目標とするというルールを構築することが可能になります。

エントリータイミング 転換線、基準線との位置関係に注目

1.ローソク足の実体と一目均衡表の転換線、基準線の位置関係を確認

2.実体>転換線、基準線ならショートの待機。実体<転換線、基準線ならロングの待機

ローソク足と転換線、基準線の位置が入れ替わってから発生するトレンドをフォローするのが狙いです。

3.実体と転換線、基準線の位置が逆転したらエントリー

ローソク足の始値と終値が共に、転換線と基準線の下になったら、エントリーします(ショートの場合)。これによりトレンドの初動を取ることが可能に。

決済タイミング エントリー価格にATRの2倍値を足し引き

4.<利確>ATRの現在値の2倍

損切りと同様に、ATRの値を100倍にしてpipsに換算し、その値幅を利確の目標とします。上図のようにショートならば、エントリーした価格からATR2倍値を引きます。逆にロングならば、足し算を行います。

4.<損切り>ATRの現在値の2倍

利確と同様に、ATRの値を100倍にしてpipsに換算し、その値幅を損切りの目標とします。上図のようにショートならば、エントリーした価格にATR2倍値を足します。逆にロングならば、引き算を行います。

FXトレード例① 一目均衡表横ばいからの下げ(米ドル/円 1時間足 2016年7月26日~7月28日)

トレードの流れ

① ローソク足の実体が転換線、基準線の上にあります
② ショートのチャンスを待ちます
③ 陰線が転換線、基準線をブレイクし、そして実体が完全に下回ったのでエントリーします
④ ATR値は0.28なので、28pipsと換算。その2倍の56pipsを、利確と損切りの値幅に設定し、利確となりました

FXトレード例② わずか1時間で目標値獲得(米ドル/円 1時間足 2016年7月26日~7月28日)

トレードの流れ

① ローソク足の実体が転換線、基準線の下にあります
② ロングのチャンスを待ちます
③ しばらく両線の間を推移するも、陽線がブレイクし実体が完全に上回ったのでエントリーします
④ ATR値は0.20なので、20pipsと換算。その2倍の40pipsを、利確と損切りの値幅に設定し、利確となりました

FXトレード例③ 高ボラのポンドにも応用可能(ポンド/円 1時間足 2016年7月14日~7月18日)

トレードの流れ

① ローソク足の実体が転換線、基準線の上にあります
② ショートのチャンスを待ちます
③ 陰線の実体が完全に下回ったのでエントリーします
④ ATR値は、高いボラティリティのポンドらしく0.89。89pipsと換算し、その2倍の178pipsが利確と損切りの値幅に設定され、見事に利確となりました

FXトレード例④ 逆行して損切りになったパターン(米ドル/円 1時間足 2016年7月5日~7月8日)

トレードの流れ

① ローソク足の実体が転換線、基準線の下にあります
② ロングのチャンスを待ちます
③ 陽線の実体が完全に上回ったのでエントリーします
④ ATR値は0.30なので、30pipsに換算。その2倍の60pipsが利確と損切りの値幅に。エントリー後は値動きが逆行し、損切りとなりました

※この記事は、FX攻略.com2016年10月号の記事を転載・再編集したものです

【編集部厳選】この手法が使えるオススメのFX口座

森田さんに教えていただいたFX手法、いかがでしたか? ATRと一目均衡表を使うことのできるFX会社の取引ツールはいくつかありますが、森田さんはチャート分析をMT4で行うので、この手法を真似したい場合は同ソフトの使用が推奨されます。MT4初心者の方も、この機会にぜひ導入にチャレンジしてみてください。

ここでは、MT4でチャート分析ができるオススメのFX会社をFX攻略.com編集部が4社選んでみました。安心して利用できる人気のFX会社です。

1.ゴールデンウェイ・ジャパン[限定タイアップキャンペーン中]

裁量トレード・自動売買ともに対応した「FXTF MT4」、話題のバイナリーオプション「バイトレ」と、さまざまなニーズに対応した取引サービスを提供しています。取引ツールで注目なのが、ダウンロードなしでMT4を利用できる「FXTF MT4ウェブトレーダー」。

Macにも対応しており、MT4をストレスなく使いたいMacユーザーなら口座開設しない手はない。また、投資サポートツールとして、過去の値動きから未来の値動きを予測する「FXTF未来チャート」も無料で提供。初心者から上級者まで満足できる高レベルの取引環境が整っている。

<FXTF × FX攻略.com 限定タイアップ>
上記バナー経由で期間内に新規口座開設&諸条件を満たすと、FX攻略.com作成『5人のプロが教える即戦力テクニカル手法(PDF)』をプレゼント!5人のプロが伝授する手法の詳細は、上記リンク先のタイアップページ(公式ページ)にてご確認いただけます。

2.楽天証券

楽天グループのインターネット証券会社「楽天証券」は、1999年6月に日本初のオンライン専業証券会社としてスタート。FXでは、スタンダードな「楽天FX」と、大手ネット証券で唯一MT4を導入した「楽天MT4」といった2つの口座があります。

楽天FXでは、ドル円0.3銭(例外あり)の業界最狭水準のスプレッド、グッドデザイン賞(2012年)を受賞した「マーケットスピードFX」をはじめとする各種取引ツールなど、充実した取引環境が用意されています。

3.YJFX!

あのヤフーグループのFX会社なので、安心感は抜群。業界最狭水準の低スプレッドや、25万DL(2015年4月7日調査時点)されたスマホ取引アプリ「Cymo」、1000通貨単位からの取引可能などなど、投資家のあらゆるニーズに対応しています。新規口座開設のキャッシュバックキャンペーン金額も魅力的。

4.EZインベスト証券

EZインベスト証券

2016年から日本でサービスを開始した新興FX会社ながら、投資家一人ひとりに寄り添うサポート体制と、スキャルピングからスイングトレード、自動売買にまで対応した取引システムで急速にユーザーを増やしているEZインベスト証券。

「EZ MT4」は約定スピード・約定力に定評あり。NDD(ノンディーリングデスク)方式を採用しており、透明性の高い公正な価格で取引が可能です。専門スタッフによる電話やメールでのサポートにとどまらず、対面相談も行なうなどサポート体制も充実。

森田真之の写真

森田真之(もりたさねゆき)

元証券会社勤務。為替関連の商品を主に扱った経歴を持つ。金利の流れをはじめとした世界的に大きな流れを読む技術に長けている。

テクニカル分析手法 | 森田真之 | 特集 | 誰でも分かる買い合図|シンプルFX手法の最新記事
プロトレーダー×天才プログラマーが偶然発見した未来予測サイン 天井と大底を人工知能が当てる!AIインジケーター(※1)を無料ゲット!!
相場の方向もエントリーポイントもシグナル点灯で一目で分かる!「WBRインジケーター&シグナルインジケーター(※1)」応募者もれなくダウンロード
私たちを惑わせる相場のノイズを除去!「練行足×移動平均線MT4インジケーター(※1)」応募者もれなくダウンロード
「元ゲーマー、現クオンツ運用者」シーク&アルファ 9000文字インタビュー
動画だから超わかりやすい!有名トレーダーにFX手法を聞いちゃいました!!
陳満咲杜氏 特別インタビュー|プライスアクションは相場を雄弁に物語る
【無料動画】スキャルピング成功の秘訣を為替鬼さんから3日間で学ぶ!
エリオット波動&200日移動平均線、一目均衡表、MACD etc|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
フォーメーション分析を理解する 最終回|すぐに実践できるダマシの回避方法[マックス岩本]
元為替ブローカーから学ぶFXの売買プランの作り方|第13回 三波動の考え方を取り入れたドル円相場分析⑥[浅野敏郎]
GogoJungleプレゼンツ!今週のMT4インジケーター・電子書籍人気商品ランキング[2018/7/13情報]
フォーメーション分析を理解する その5|リバーサルフォーメーション(スパイク、ソーサー)とは[マックス岩本]
GMMA(複合型移動平均線)&ストキャスティクス、平均足、MACD|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
相場で生き残るためのテクニカル特化型戦略|第2回 [田向宏行]
トレンド・イズ・フレンド[水上紀行]