【ボリンジャーバンド+エンベロープ】トレンドの初動を着実に狙いシグナルで利食いするFX手法[バカラ村]

ボリンジャーバンドにより、相場を五つの状況に仕分けすることがポイント。これにより、トレンドが生まれる初動が見抜けるようになり、またそれが失速する手仕舞いのポイントも明らかになります。

※この記事は、FX攻略.com2017年7月号の記事を転載・再編集したものです

バカラ村さんのプロフィール

バカラ村の写真

バカラ村(ばからむら)

2015年ロビンズカップ優勝。国際テクニカルアナリスト連盟・認定テクニカルアナリスト。テクニカルだけでなく、市場の動向も読み取り、相場観は多くのマーケット参加者が注目している。トレードの傍らセミナー講師も務める。

公式サイト:FXだけで生活しちゃおー

twitter:https://twitter.com/fxbaccarat

バカラ村さんのFX買い合図ポイント

■ 準備するもの

【チャート】5分足
【テクニカル】ボリンジャーバンド、エンベロープ

■ トレードの手順

  1. ユーロドルにて、欧州市場~ニューヨーク市場(15時~深夜2時推奨)を狙う
  2. ボリンジャーバンドで、相場を五つの状況に仕分け。スクイーズからエクスパンションになる局面を探す
  3. ボリンジャーバンドがエンベロープを突き抜けたら終値ベースでエントリー
  4. <利確>トレンドと逆側の2σが反転(上昇トレンドなら-2σの反転)
    <損切り>直近のサポートやレジスタンスラインと相談(目安として20pipsに収まるよう)

■ 狙い目の通貨ペア

  • 比較的トレンドの把握しやすいユーロドルがお勧め

■ この戦略のメリット

  • 短期的なトレンドの初動がつかめる
  • エクスパンション時の大きな値幅の獲得が期待できる

バカラ村さんのFX買い合図戦略

人気トレーダーの簡単デイトレ手法

FXのトップトレーダーとして各メディアで活躍するバカラ村さんは、2015年ロビンスカップ(トレーディングの世界大会)で優勝するなど、確かな実力の持ち主。ここでは、彼のベストセラーDVD『15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析』にも収録されている、デイトレードの手法を教えてもらいます。

【WTC(ロビンスカップ)関連記事】
国内最強FXトレーダーを決めるWTCへのエントリー受付中!

テクニカル指標として用いるのは、メーン役のボリンジャーバンド(期間「21」、偏差「2」)と、フィルター役のエンベロープ(期間「21」、偏差「0.1%」)です。

大きなポイントとなるのは、ボリンジャーバンドにより相場状況を五つのパターンに分類すること。そしてそのパターンに応じて採るべき売買戦略を切り替えます。具体的には、

① スクイーズ:様子見
② エクスパンション:成行で順張りエントリー
③ トレンドと反対のバンドが反転:(②のポジションを)利食い
④ 両バンドがトレンド方向に推移:押し目買い/戻り売りを待ってエントリー
⑤ 横ばいで幅が広い推移:逆張りエントリー

とします(ポイント1参照)。このうち今回は、②と③のエントリーから利食いまでを取り上げ、④や⑤はまたの機会に紹介しましょう。

もう一方のエンベロープは、移動平均線を上下に一定の割合かい離させた線を描画するもの。見た目はボリンジャーバンドに似ていますが、こちらは移動平均線そのままの形をコピーしているだけです。標準偏差の算式により収縮するボリンジャーバンドは、スクイーズからエクスパンションする局面でエンベロープを突き抜ける動きを見せ、これがエントリーのシグナルとなります。

この手法は、比較的トレンドが続きやすいユーロドルの5分足を対象とします。そして特に15時の欧州時間のスタートから、深夜2時の米国時間の値動きが落ち着くまでの間を狙うことが推奨されます。東京時間を対象としないのは、値動きの幅が小さく、収益にしにくいからです。

なお、デイトレではポジションの偏りを意識することが重要だと、バカラ村さんは言います。

「ゼロサムのFXでは、自分の利益は他者の損失から成ります。市場は参加者同士が他者の損切りを刈り合う構図。そしてトレンドの推進力は、多数の損切りから生まれるのです」

トレンドの初動を見極めて捉える

エントリーのタイミングは、ボリンジャーバンドがスクイーズして横ばいに推移しているところから(必然的にボリンジャーバンドはエンベロープの内側で推移)、エクスパンションしてエンベロープの外側へ突き抜け、そのローソク足が確定したところ。そこで成行注文をします。

損切りは直近のサポート、レジスタンスラインと相談し、20pipsに収まるよう設定。もしくは、1回のトレードの損失を資金の2~3%に止めるというルールを機械的に採用するのも良いでしょう。利食いは、トレンド方向とは逆側の2σが反転したところ。こちらも終値ベースで判断します。

ポイント1|ボリンジャーバンドから分かる五つの局面

ボリンジャーバンドは、スクイーズとエクスパンションのみで語られることが多いですが、バカラ村さんは五つの局面に分けて考えます。この仕分けにより、トレンドの初動から一服まで、トレンド回帰、続伸から成熟までの流れが分かります。

ポイント2|エンベロープとは

エンベロープは、移動平均線に対して一定割合の幅を持たせて上下に描くもの。中央の移動平均線をずらすだけなので、常に一定の幅がキープされるのが特徴です。なお、移動平均線の期間、偏差の設定により、読み取れる情報が変わります。

ポイント3|ボリンジャーバンドとエンベロープの違い

ボリンジャーバンドは値動きが大きくなったり小さくなったりすることをバンドの収縮によって表現します。一方、エンベロープは常に一定の距離を保ちます。両者を重ねると、値動きの乏しい局面では同調しますが、トレンドが発生すると別の形になります。

ポイント4|東京、欧州、米国時間の値動き

欧州市場の早出組が参入する15時以降は、投機筋による他者の損切りを狙うトレードが増加。それまでの流れとは打って変わり、激しく上下に振れる値動きになるという特徴があります。

エントリータイミング|フィルター役を突き抜けるタイミング

1.ユーロドルにて、欧州市場~ニューヨーク市場(15時~深夜2時推奨)を狙う

ユーロドルで短期的なトレンドを狙うのが、この手法のポイント。推奨の時間帯では、投機筋による小さなトレンドの応酬が目立ちます。

2.ボリンジャーバンドで、相場を五つの状況に仕分け。スクイーズからエクスパンションになる局面を探す

収縮して力をため込んだところから、一気に拡散して大きく値動きする、その勢いづいた流れに乗じます。

3.ボリンジャーバンドがエンベロープを突き抜けたら終値ベースでエントリー

エンベロープのフィルターをかけることにより、ボリンジャーバンドのダマシを回避します。

決済タイミング|トレンドの初動が一服するところで手仕舞い

4.<利確>トレンドと逆側の2σが反転(上昇トレンドなら-2σの反転)

エントリー後は、トレンドが進む方向とは反対側の2σの動きに注目。エクスパンション初期はトレンドと逆行して広がりますが、これがトレンド方向へ反転すると、勢いが衰えたサイン。ここで一旦の手仕舞いとします。

4.<損切り>直近のサポートやレジスタンスラインと相談(目安として20pipsに収まるよう)

損切りは、それまでのスクイーズのサポートやレジスタンスになっていたラインを目安にすると良いでしょう。およそ20pipsを許容範囲とし、それ以上になってしまう場合は、別のポイントに設定します。 

FXポイント|上位時間軸と取引方向を相談

複数の時間軸から順張りを意識する

ここで紹介しているのは5分足でのデイトレ手法ですが、それよりも上位の時間足を確認することで、総合的なトレンドを意識することが可能になります。複数の時間軸を見てトレンドを確認し、その方向へ順張りするのが、基本的な戦略となります。

FXトレード例①|初動はもたつくも、無事に決済へ(ユーロドル 5分足 2017年4月18日)

トレードの流れ

① 上位時間軸では上昇基調。戦略はロング
② ボリンジャーバンドのスクイーズが、エクスパンションしていく流れを確認
③ ボリンジャーバンドがエンベロープを突き抜け、(陰線だったが)ローソク足が確定したところでエントリー
④ −2σが反転し、ローソク足が確定したところで決済

FXトレード例②|+2σを押し広げる初動を獲得(ユーロドル 5分足 2017年1月31日)

トレードの流れ

① 上位時間軸では上昇基調。戦略はロング
② ボリンジャーバンドのスクイーズが、エクスパンションしていく流れを確認
③ ボリンジャーバンドがエンベロープを突き抜け、ローソク足が確定したところでエントリー
④ −2σが反転し、ローソク足が確定したところで決済

FXトレード例③|逆行の大陽線が立ち、損切りに(ユーロドル 5分足 2017年3月30日)

トレードの流れ

① 上位時間軸では下落基調。戦略はショート
② ボリンジャーバンドのスクイーズが、エクスパンションしていく流れを確認
③ ボリンジャーバンドがエンベロープを突き抜け、ローソク足が確定したところでエントリー
④ エントリー後から逆行し、大陽線が損切りにかかり決済

※この記事は、FX攻略.com2017年7月号の記事を転載・再編集したものです

【編集部厳選】この手法が使えるオススメのFX口座

バカラ村さんに教えていただいたFX手法、いかがでしたか? エンベロープはさほどメジャーなテクニカルではないため、FX会社の取引ツールでは表示できないものもありますが、MT4なら標準搭載されているため簡単な操作で表示できます。MT4初心者の方も、この機会にぜひ導入にチャレンジしてみてください。

ここでは、MT4でチャート分析ができるオススメのFX会社をFX攻略.com編集部が4社選んでみました。安心して利用できる人気のFX会社です。

【MT4を勉強したい方におすすめの記事】
MT4総力特集|知識ゼロから始めるメタトレーダー4(Meta Trader4)の使い方入門
超初級MT4講座

1.FXトレード・フィナンシャル[限定タイアップキャンペーン中]

裁量トレード・自動売買ともに対応した「FXTF MT4」、話題のバイナリーオプション「バイトレ」と、さまざまなニーズに対応した取引サービスを提供しています。取引ツールで注目なのが、ダウンロードなしでMT4を利用できる「FXTF MT4ウェブトレーダー」。

Macにも対応しており、MT4をストレスなく使いたいMacユーザーなら口座開設しない手はない。また、投資サポートツールとして、過去の値動きから未来の値動きを予測する「FXTF未来チャート」も無料で提供。初心者から上級者まで満足できる高レベルの取引環境が整っている。

<FXTF × FX攻略.com 限定タイアップ>
上記バナー経由で期間内に新規口座開設&諸条件を満たすと、FX攻略.com作成『5人のプロが教える即戦力テクニカル手法(PDF)』をプレゼント!5人のプロが伝授する手法の詳細は、上記リンク先のタイアップページ(公式ページ)にてご確認いただけます。

口座開設・申込み(FXトレード・フィナンシャル公式ページへ)

2.楽天証券

楽天グループのインターネット証券会社「楽天証券」は、1999年6月に日本初のオンライン専業証券会社としてスタート。FXでは、スタンダードな「楽天FX」と、大手ネット証券で唯一MT4を導入した「楽天MT4」といった2つの口座があります。

楽天FXでは、ドル円0.3銭(例外あり)の業界最狭水準のスプレッド、グッドデザイン賞(2012年)を受賞した「マーケットスピードFX」をはじめとする各種取引ツールなど、充実した取引環境が用意されています。

口座開設・申込み(楽天証券公式ページへ)

3.YJFX!

あのヤフーグループのFX会社なので、安心感は抜群。業界最狭水準の低スプレッドや、25万DL(2015年4月7日調査時点)されたスマホ取引アプリ「Cymo」、1000通貨単位からの取引可能などなど、YJFX!は投資家のあらゆるニーズに対応しています。新規口座開設のキャッシュバックキャンペーン金額も魅力的。

口座開設・申込み(YJFX!公式ページへ)

4.EZインベスト証券

EZインベスト証券

2016年から日本でサービスを開始した新興FX会社ながら、投資家一人ひとりに寄り添うサポート体制と、スキャルピングからスイングトレード、自動売買にまで対応した取引システムで急速にユーザーを増やしているEZインベスト証券

「EZ MT4」は約定スピード・約定力に定評あり。NDD(ノンディーリングデスク)方式を採用しており、透明性の高い公正な価格で取引が可能です。専門スタッフによる電話やメールでのサポートにとどまらず、対面相談も行なうなどサポート体制も充実。

口座開設・申込み(EZインベスト証券公式ページへ)

バカラ村の写真

バカラ村(ばからむら)

2015年ロビンズカップ優勝。国際テクニカルアナリスト連盟・認定テクニカルアナリスト。テクニカルだけでなく、市場の動向も読み取り、相場観は多くのマーケット参加者が注目している。トレードの傍らセミナー講師も務める。

公式サイト:FXだけで生活しちゃおー

twitter:https://twitter.com/fxbaccarat

テクニカル分析手法 | バカラ村 | 特集 | 誰でも分かる買い合図|シンプルFX手法の最新記事
1分で完了!FXTF MT4で為替鬼さんの手法環境を完全再現する手順
「EAつくーる」集中講座|第1回 ボリンジャーバンドの手法を作りたい![岩渕恵輔]
勝率75%、PF2.16、3年間で77万円勝ちの安定手法はこちら
賢者の【トレード手法解説レポート】を5本も!!マネックスFXが実施中の新規口座開設キャンペーンが熱い!
【東京時間・高値安値ブレイク】テクニカル分析いらずの簡易FX手法が進化[木里ゆう]
一目均衡表入門|第14回 『一目均衡表』原著の内容[監修:細田哲生(三世一目山人)]
私がFXで使う移動平均線の期間[スキャトレふうた]
オリジナルMT4指標を永久利用!動画で学べるFX講座[鹿内武蔵]
一目均衡表入門|第13回 B、Yの活用方法[監修:細田哲生(三世一目山人)]
一目均衡表入門|第12回 週間実線のB、Yと仲値線[監修:細田哲生(三世一目山人)]
一目均衡表入門|第11回 9週足と9か月足[監修:細田哲生(三世一目山人)]
私が使う移動平均線の期間[不動修太郎]
一目均衡表入門|第10回 準備構成の「型」と9週足[監修:細田哲生(三世一目山人)]
一目均衡表入門|第9回 先行スパンと遅行スパン②[監修:細田哲生(三世一目山人)]
一目均衡表入門|第8回 先行スパンと遅行スパン①[監修:細田哲生(三世一目山人)]