テクニカル分析の極意|第3回 独自のエントリー基準を定めよ[FXプランナー]

前回は、大きな流れで目線をつかむことの重要性と、それに基づく戦略の大前提について解説してもらいました。今回は独自の基準をきちんと定めた上で、その基準に従ってエントリー候補を決定する方法について教えてもらいます。

※この記事は、FX攻略.com2017年4月号の記事を転載・再編集したものです

【テクニカル分析の極意[FXプランナー]】
第1回 買い手と売り手の心理をつかめ!
第2回 大きな流れで目線をつかめ!
第3回 独自のエントリー基準を定めよ
第4回 分からないと判断できる力を持つ
第5回 目標到達した後にするべきこと 

目線を決めて戦略を立てる

前号で大きな流れを分析して目線を決定することが第一だと書きました。そして目線が決まったのであれば、次はいよいよトレードに対する戦略を立てていくことになります。

図①を見てください。大きな流れの中において、サポートで押し目買いが入って、目標でもあるエリアに向かっている最中です。つまり目線がロングとなり、このロングを狙うために短期足のチャートの形を見てエントリー候補を探すことになります。 

短期足でエントリー候補を決定する

では実際に、短期足のチャートを見ながらエントリー候補を決定していきます。今回のケースでは目線がロングなので短期足の中からサポート候補を探すことになります。

図②のⅠを見てください。短期足がこのようなチャートを形成していた場合、皆さんであればどの部分をサポート候補に決定するでしょうか。ここで注意しておきたいことは、自分の中にサポートやレジスタンス(以下サポレジ)候補を探す基準があるのかどうかということです。

そして、その候補はそれぞれの基準によって決められるので、トレーダー全員のサポレジが一致することはありません。サポレジの候補に正解はないということです。大事なのは自分の基準がしっかりとあること、そしてその基準に従ってトレードできるのかということです。

FXプランナーでは独自のテクニカル手法「エリア手法」を基に、この候補を決定していきます。まだ自分の基準が決まっていない方や迷っている方はブログの方でも手法を公開していますので参考にしてください。

次に図②のⅡを見てください。FXプランナーではサポート候補をこのように決定しました。これがサポート候補であり、エントリー候補となります。このⅡで示した赤のエリアでエントリーを狙うことになるのですが、ここでさらに大切になるのがシナリオになります。

複数のシナリオを事前に考えておく

サポート候補やレジスタンス候補を決めるということは、その候補から押し目買いまたは戻り売りが入ることを予測しているともいえます。このときトレーダーにはバイアスがかかりやすくなります。その候補はあくまでも候補であって確実にサポレジされる保証はありません。

しかし人は一度思い込むとその考えに固執してしまいます。そのような状態になると自分の決めた候補が絶対的な存在だと考え、ここで必ずサポレジされなければならないと思い込みます。そうなると仮に逆の動きになった場合、すぐに受け入れることができずに、最悪メンタル崩壊につながる可能性も高くなります。

そうならないためには、事前に複数のシナリオを考えておく必要があります。図③を見てください。先ほどの図②のⅡにその後のシナリオがいくつか書かれています。Xのように順当に押し目買いが入っていくというのが理想の形であり、これを期待してエントリーしていくことになります。

しかし、Yのように反応はするものの売り叩かれて下に抜けるシナリオや、Zのように反応することなく下に抜けるシナリオも頭に入れておく必要があります。

あらかじめこれらのシナリオも頭に入れておけば、YやZになった場合は次にどうするのかというところまで準備できるので、実際に期待通りの動きにならなくても焦る必要はなくなります。

候補の基準に意味を見いだす

先ほどのシナリオで、Xのような動きになれば何も問題はないですが、YやZのように基準となる候補が敗れた場合、その後の対応はその基準の持つ意味で変わってきます。例えばサポート候補を決めていた場合、それを下に抜けたときに自分の中の狙いはまだロング継続なのかどうかということです。

ロング継続なのであれば再びサポート候補を探す必要がありますし、下に抜けることによって状況が変化するのであれば、その後のチャート形成を確認する必要があります。

後者であればロスカットになった場合に受け入れやすくなります。なぜならばそのサポート候補を抜かれたら状況が変わるのであれば、ここの負けは仕方ないと思えるからです。逆に前者であれば、負けてもまだロングを狙う必要があるので、後者に比べてロスカットが受け入れにくくなります。

FXプランナーでは、後者のようにロスカットすることによって状況が変わるような場所を候補にすることをお勧めしています。皆さんも自分の基準にはどのような意味があるのかをしっかりと把握して、トレードに生かしていただければと思います。

※この記事は、FX攻略.com2017年4月号の記事を転載・再編集したものです

【テクニカル分析の極意[FXプランナー]】
第1回 買い手と売り手の心理をつかめ!
第2回 大きな流れで目線をつかめ!
第3回 独自のエントリー基準を定めよ
第4回 分からないと判断できる力を持つ
第5回 目標到達した後にするべきこと

FXプランナーの写真

FXプランナー(えふえっくすぷらんなー)

圧倒的なテクニカル分析と独自の「エリア手法」で相場から利益を上げ続けている投資家。

公式サイト:FX初心者の為のFXプランナー

twitter:https://twitter.com/fxplanner2016