フォーメーション分析を理解する その2|リバーサルフォーメーションとは[マックス岩本]

前号では、数あるフォーメーション分析の中でも、比較的に発生頻度の高いトライアングルフォーメーションについて学びました。それに続き、今回はトレンド反転型のリバーサルフォーメーション、および市場参加者の心理を読み解く極意をまとめてもらいます。

※この記事は、FX攻略.com2017年6月号の記事を転載・再編集したものです

【フォーメーション分析を理解する[マックス岩本]】
その1|トライアングルフォーメーション(三角保ち合い)とは

【関連記事】
トレンドラインを理解する その1|トレンドラインとは?[マックス岩本]
移動平均線を理解する その1|パラメーターの種類について[マックス岩本]
【スローストキャスティクス】押し目買い/戻り売りの簡単デイトレード手法[マックス岩本]

ヘッドアンドショルダーズトップ

相場の継続的なトレンド(上昇or下落)を形成後の値動きには、大きく二つのパターンがあります。一つは、そのトレンドが反転するケース、もう一つはそのままトレンドが継続するケースです。前者は、天井や大底局面などのトレンドの終盤に現れるのに対して、後者はトレンド中盤の保ち合い局面に現れます。

このうち、前者のトレンド反転型のチャートパターンをリバーサルフォーメーションと呼び、後者のトレンド継続型のチャートパターンをコンティニュエーションフォーメーションと呼びます。

リバーサルフォーメーションには、ヘッドアンドショルダーズトップ(ボトム)、ダブルトップ(ボトム)、スパイクトップ(ボトム)などがあり、コンティニュエーションフォーメーションには、前回解説したトライアングルも含めて、ペナントやフラッグ、ウエッジなどがあります。

このように、一口にフォーメーションと言っても、それがどのパターンで、どこで確認されたかにより、その信憑性や後のトレードシナリオは大きく変わってくるため、注意が必要です。

今回は、リバーサルフォーメーションの代表格ともいえるヘッドアンドショルダーズトップ(ボトム)を解説していきます。このパターンは前述の通り、トレンドの終焉局面に訪れるチャートパターンです。

発生頻度は決して高くありませんが、トレンドの転換を示唆するチャートパターンである他、数あるパターンの中でも、ゆっくりと時間経過を伴って完成するため、トレンド転換後の価格の勢いには目を見張るものがあります。大きな利幅を狙えるチャンスでもありますので、ぜひ覚えておきましょう。

図①はヘッドアンドショルダーズトップの値動きのイメージです。時系列に解説していきます。高値Aを付けた後、反落して安値Bを付け、再び高値Cまで上昇しました。ここまでは、何の変哲もない上昇チャネルが形成された局面です。

ところが、その後は上昇トレンドラインに下支えられることなく、一気に水準を切り下げると、安値Dを経てEまで小幅反発してきました。トレンドライン分析の観点からは、明確に上昇トレンドの衰えを示唆する局面です。

しかしこの段階では、いまだ信憑性の高い方向性を見いだすことはできません。なぜならこの時点では、以下の三つのトレードシナリオが想定できるからです。

① 高値Cを突破する(中期上昇)
② 高値Cの水準にてダブルトップとなる(短期上昇)
③ 高値Aの水準で失速し、再び安値Dを試しにいく(下落)

ここで気を付けておきたい大事なことは「どれを選択するのが正しいのか」ということではありません。三つの選択肢があるということは、その分だけ市場参加者の見方も割れるということです。

具体的には、事前に上昇トレンドラインを割り込んだことに着目して「再び下落するだろう。売ろうかな」と考えるトレーダーがいる一方、安値Bと安値Dを付けたことに着目して「ダブルボトムを付けた。再び上昇するはずだ。買っていこう」と考えるトレーダーもいます。

ではさらに、事前にポジションを保有していたトレーダーたちは、何を思い、何を考え、チャートを見つめ続けるでしょうか。これも当然、どこに重きを置くかによって見方は割れるものと思います。そのため、このEの局面では売り方と買い方が拮抗することに伴って、方向感が乏しくなり、レンジ相場となることが少なくありません。

パターンが作られた市場心理を考えることが重要!

次に、一定期間保ち合った後に、三つ目のシナリオである「高値Aの水準で失速し、再び安値Dを試しにいく」が現実のものとなったとき、市場参加者の心理はどのように変化するでしょうか。

価格が再び下落し始めたわけですから、売り方が徐々に増えつつあることはチャート上からも明らかです。中には、安値Dを割り込むことをメインシナリオとし早仕掛けをするトレーダーや、事前に保有していた買いポジションを手仕舞うトレーダーも増えてくることでしょう。

そして、この動きは安値Bと安値Dを結んだネックラインを割り込む、つまりヘッドアンドショルダーズトップが完成することでさらに加速します。それまで買いポジションを持っていたトレーダーの損失確定の売り決済に加えて、これ以上は上昇しないと判断したトレーダーによる利益確定の売り決済。さらに、直近の安値更新を好機と捉えたトレーダーによる新規の売り注文などが一気に市場に雪崩れ込み、強い動意を伴なってヘッドアンドショルダーズトップは完成するのです。

なお、ネックラインを割ってからの下げ幅は、高値CーNL(ネックライン)の値幅が一つの目標値とされます。もちろん、必ず到達するということではありませんが、トレンドの強さを測る上では有用な目標値です(チャート①参照)。

今回はヘッドアンドショルダーズトップをメインに解説しましたが、いかがでしたでしたでしょうか。ヘッドアンドショルダーズボトムはその裏返しですから見方は同じです(図②参照)。こちらは発生頻度が低い分、それがチャート上に現れたときには注目を集め、多くの市場参加者の心理に影響を与えます。

ゆえに、単に「三つの山(谷)を付けたから」「ネックラインを割り込んだから」という一面的な見方ではなく、それが完成するまでのプロセスから、常に市場心理の変化を考えながらトレードすることが利益をモノにする秘訣です。

※この記事は、FX攻略.com2017年6月号の記事を転載・再編集したものです

【フォーメーション分析を理解する[マックス岩本]】
その1|トライアングルフォーメーション(三角保ち合い)とは

【関連記事】
トレンドラインを理解する その1|トレンドラインとは?[マックス岩本]
移動平均線を理解する その1|パラメーターの種類について[マックス岩本]
【スローストキャスティクス】押し目買い/戻り売りの簡単デイトレード手法[マックス岩本]

マックス岩本の写真

マックス岩本(まっくすいわもと)

「中卒認定テクニカルアナリスト」という異名の通り、アナリスト業界ではまれに見るノー学歴。学歴社会が色濃く残る昨今でも、そんなことがいっさい関係しないFX市場を相手に日々奮闘中。「誰もが気軽にFXを始められる今だからこそ、しっかり勝ち続けられる技術を身につけて欲しい」という気持ちで、連載やセミナー講師を務めています。

公式サイト:マックス岩本公式サイト

FX力を鍛える有名人コラム | テクニカル分析手法 | マックス岩本の最新記事
新たな大相場の幕開けか?[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「112円に急上昇!ドル円が上がるのおかしくない?」[国府勇太]
天候相場を迎えるトウモロコシ[佐藤りゅうじ]
米中貿易戦争懸念台頭でもFRBは静観を決め込む理由[安田佐和子]
本音はどっち?ドルは強いのがいいのか、それとも弱いのがいいのか[森晃]
テーマは成長率と金利格差からリスク回避の動きへ[太田二郎]
どうなる米中貿易戦争[井口喜雄]
超実践的 本当にお金を稼げるファンダメンタルズ分析|第2回 相場の流れが丸裸になる情報源(後編)[雨夜恒一郎]
フォーメーション分析を理解する その5|リバーサルフォーメーション(スパイク、ソーサー)とは[マックス岩本]
GMMA(複合型移動平均線)&ストキャスティクス、平均足、MACD|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
貿易戦争はドル売り材料にあらず[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「上昇の波にのれるか?111円に再チャレンジ!」[国府勇太]
相場で生き残るためのテクニカル特化型戦略|第2回 [田向宏行]
トレンド・イズ・フレンド[水上紀行]
【速報】FXトレードニュース|2018年7月2日〜7月8日[FX攻略.com]