トレンドラインを理解する その3|トレンドラインとチャネルラインの実践的活用方法[マックス岩本]

マックス岩本さんに「トレンドライン」の基本から応用までを体系的にまとめてもらう当企画。今回はトレンドライン分析の総集編として、トレンドラインとチャネルラインのより実践的な活用方法を教えていただきましょう。

※この記事は、FX攻略.com2017年4月号の記事を転載・再編集したものです

【トレンドラインを理解する[マックス岩本]】
その1|トレンドラインとは?
その2|エントリーや決済の判断方法

【関連記事】
移動平均線を理解する その1|パラメーターの種類について[マックス岩本]
【スローストキャスティクス】押し目買い/戻り売りの簡単デイトレード手法[マックス岩本]

トレンド転換局面とエントリーポイント

前回は、トレンドライン分析を使ったエントリータイミングの見極め方と、トレンドの継続性を図る上で欠かすことのできないチャネルラインの活用方法についてお伝えしました。

トレンドライン分析を取り上げて3回目となる今回は総集編として、具体的なチャート事例を対象に、より実践的な活用方法について解説していきたいと思います。

それでは、はじめにおさらいです。図1(「米ドル/円」15分足)をご覧ください。こちらは価格の下落に伴って下落トレンドラインが引け、後に下落トレンドラインを上方に突破したトレンド転換局面です。

エントリーポイントとなるのは、下落トレンドラインを突破した赤丸のポイントですね。2点の高値を結んで右肩下がりのトレンドラインを突破したということは、トレンドライン分析の観点から、下落トレンドの終焉と上昇トレンドへの転換を示唆するシグナルとなるからです。

しかし、トレンドライン分析を実践で活用する上で、単に任意で引いたラインの突破を認識するだけでは不十分とされてしまうのは、なぜだと思いますか? トレンドラインを突破したにもかかわらず、それが不十分である理由を考えてみてください。

それは、トレンドラインの突破はトレンド転換を示唆するたった一つの根拠に過ぎないからです。本事例のようにトレンドが順行する局面もある一方で、トレンドラインを突破したにもかかわらず、再び元のトレンドに回帰してしまう、いわばダマシになってしまうことも往々にしてあるということを忘れてはいけません。

では、トレンドラインの突破とは別に、どこに注目すれば良いのでしょうか。それは、それ以前の値動きです。この事例において、下落トレンドラインの突破が確認される前に安値を切り上げているのが確認できますでしょうか。

下落トレンドラインが引ける根拠となった2点目の暫定戻り高値形成後の下値探りは、チャネルラインまで届いていません。つまりこれは、価格の方向性(下落)にこそ明確な変化は見られていないものの、決して売り勢いは強くないということを示唆していると受け止めて良いでしょう。

下落トレンドラインは通常、レジスタンスラインとして意識されやすいところがありますが、一旦突破されるとサポートラインとして意識されます。そのことをふまえると、次のエントリーポイントとなるのが赤矢印のポイントです。トレンドが強いときには価格がどんどん順行しますが、そうでないときにはもう一度その価格を試すことがあります。

それでも下げ止まったとなればエントリーのチャンスに値するといえるでしょう。突破時にエントリーできなかったという場合にも、こういったチャンスを生かすことができれば、機会損失にならずに済みます。

トレンドの勢いが増した局面では…

続いて図2(「豪ドル/米ドル」15分足)です。前出の事例はトレンドの転換によるエントリーでしたが、今回はトレンドの勢いが増した場面です。

これは、下落のトレンドラインとそのチャネルラインが引かれた中で、本来は下支えとして意識されるチャネルラインを割り込んでいます。エントリーポイントとなるのは、チャネルラインをしっかり下抜いたことが確認できる青丸のタイミングです。

先の事例と同様に、高値を切り下げていることが見て取れていたため、売りが強まることが想定されていた中での価格の下降です。もともと下落トレンドの最中だったこともあり、チャネルラインを割り込んだ後そのまま値を下げているというのは、トレンドの強さを示す一つの大きな特徴といえます。

最後にもう一つ、図3(「ポンド/円」15分足)はトレンドが強まった際の事例です。こちらは、上昇チャネルラインの突破を根拠に赤丸のポイントでエントリーとなります。もともと上昇トレンドだった中で、さらに買いの勢いが強まったことが分かるポイントですね。

こちらも、突破以前は上値を抑える存在であるチャネルラインを突破できたことで、今度はサポートラインとなった場面です。ここでは、突破後に何度も下値を探る場面がありますが、大きく割り込むことなく戻りが確認できているため、3点の赤矢印のタイミングで押し目買いにも成功できる動きとなりました。

いかがでしたでしょうか。本号までの3回で、トレンドラインとチャネルラインを理解して実際に活用するところまでに至ったのではないでしょうか。次回からは、このトレンドラインをさらに応用した、フォーメーション分析について解説して参りたいと思います。

※この記事は、FX攻略.com2017年4月号の記事を転載・再編集したものです

【トレンドラインを理解する[マックス岩本]】
その1|トレンドラインとは?
その2|エントリーや決済の判断方法

【関連記事】
移動平均線を理解する その1|パラメーターの種類について[マックス岩本]
【スローストキャスティクス】押し目買い/戻り売りの簡単デイトレード手法[マックス岩本]

マックス岩本の写真

マックス岩本(まっくすいわもと)

「中卒認定テクニカルアナリスト」という異名の通り、アナリスト業界ではまれに見るノー学歴。学歴社会が色濃く残る昨今でも、そんなことがいっさい関係しないFX市場を相手に日々奮闘中。「誰もが気軽にFXを始められる今だからこそ、しっかり勝ち続けられる技術を身につけて欲しい」という気持ちで、連載やセミナー講師を務めています。

公式サイト:マックス岩本公式サイト

FX力を鍛える有名人コラム | テクニカル分析手法 | マックス岩本の最新記事
フォーメーション分析を理解する その2|リバーサルフォーメーションとは[マックス岩本]
ケルトナーチャネル&RSI、平均足、MACD、DMI|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
FXオプション取引 基本と戦略|第4回 プレミアムの変動状況を計る指標[大西洋平]
現役為替ディーラーが何でも答えます!「みんなのQ&A」第12回 金や原油など商品市場はFXと関係性あるの?[井口喜雄]
【速報】FXトレードニュース|2018年6月11日〜6月17日[FX攻略.com]
エリア手法の極意・実践編|第6回 エリアの値幅を許容範囲まで絞り込む考え方[FXプランナー]
マーケットはリスクオン!乗らざるを得ない[井口喜雄]
元為替ブローカーから学ぶFXの売買プランの作り方|第10回 三波動の考え方を取り入れたドル円相場分析③[浅野敏郎]
フォーメーション分析を理解する その1|トライアングルフォーメーション(三角保ち合い)とは[マックス岩本]
木里ゆうさんの連載コラムを引っ越しします!
フィボナッチ・リトレースメント&エクスパンション|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
ディーラーによる今週のドル円「方向感なし。今週の重要イベントに注目」[国府勇太]
G7事実上決裂で貿易戦争激化?FOMC利上げで材料出尽くしのドル売りも[雨夜恒一郎]
【速報】FXトレードニュース|2018年6月4日〜6月10日[FX攻略.com]
ボリンジャーバンド+MACD、RCI、平均足、RSI|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術