トラッキングトレード入門|第14回 トラッキングトレードで、ユーロの上昇を狙ってみよう[斉藤学]

※この記事は、FX攻略.com2017年7月号の記事を転載・再編集したものです
※この記事に記載されている情報は原稿執筆時のものであり、現在のものとは異なる場合があります

【トラッキングトレード入門 連載記事】
第1回 暴落時は相場追尾型のトラッキングトレードで稼ぐ![斉藤学]
第2回 テクニカル分析の組み合わせでトレンド察知![斉藤学]
第3回 ファンダメンタルズ分析で相場を見極めトラッキングトレードで追尾[斉藤学]
第4回 要人発言やイベントに注目し、トレンドをつかむ![斉藤学]
第5回 トラッキングトレードが注目される理由[斉藤学]
第6回 2016年後半の相場もトラッキングトレードでチャンスを逃さない![斉藤学]
第7回 今年残された期間で考えるべきトラッキングトレードの戦略[斉藤学]
第8回 FXの新しい注文方法のひとつ!それがトラッキングトレード[斉藤学]
第9回 トラッキングトレードにできて裁量トレードにできないことを活用してみよう[斉藤学]
第10回 中長期のトレードならトラッキングトレードに勝るものはない①[斉藤学]
第11回 中長期のトレードならトラッキングトレードに勝るものはない②[斉藤学]
第12回 FXで着実に利益を上げるために一番の戦略は資金管理[斉藤学]
第13回 複数の指標を組み合わせたマナブ式テクニカル分析[斉藤学]

今後はいよいよユーロが上昇か

前回(第13回)はトラッキングトレード(FXブロードネット)で威力を発揮するドル円のテクニカル分析をご紹介しました。その手順は前回詳しくご紹介しましたので、ここでは省略させていただきますが、RSIと移動平均線、そして平均足を使うものでした。その後、現在まで図①のように4251.5pipsの利益を上げています。

さて今回はドルに加えてもう一つの主要通貨であるユーロの動向を見てみましょう。

年初(2017年)のユーロ圏失業率は9~10%と、リーマンショック時の12%に比べまだ改善したとはいえないので、積極的にユーロを買う動きは出づらいかもしれません。

しかし、今後量的緩和の縮小が進むのであれば、ユーロの上昇余地は広がります。フランス大統領選挙に続き、2017年9月にはドイツ総選挙が行われるので、結果を見極めたいと思われるかもしれませんが、ボラティリティは必然的に高くなりますので、トラッキングトレードで値幅を狙えるチャンスともいえます。

今回は、ユーロ買いの流れに乗って、やや中長期向けのテクニカル分析を行います。

まずは、前回同様ローソク足を平均足に変えます。ローソク足に比べ平均足の方がトレンドを把握しやすいので、私は平均足を使うことが多いです。そして、前回同様チャート上に移動平均線も表示してください。 

MACDで中長期の分析

今回は私も中長期の予測でよく利用しているMACD(日足)をサブチャートとして使います。

MACDの売買判断ですが、MACDがシグナル線を下から上に抜けると買いのサイン、逆にMACDがシグナル線を上から下に抜けると売りのサインと判断します。

トレードの手順

では二つのチャートを組み合わせた場合はどうでしょうか。まず初めにMACDを見てシグナル線のクロスを待ちます。次に、MACDがクロスした後、やや遅れて移動平均線がクロスします。そして、移動平均線もMACDと同じ向きでクロスすればトレンド発生となりますので、生じたトレンド方向へトラッキングトレードを設定します。同時に平均足の連続性も見て、トレンドの継続性を確認してみてください。

このとき、移動平均線がクロスしなかった場合はMACDのダマシの可能性があるので、いったん様子見とします。また、トラッキングトレード稼働後に、クロスしていたMACDや移動平均線が再度逆方向へクロスしそうになったり、平均足の色の連続性が弱まったりした場合はトレンドがいったん終了すると判断し、トラッキングトレードを止めることも考えます。

このルールを使って、3月上旬から下旬にかけドル安が進んだときにユーロドルの買いでトラッキングトレードを動かしたところ、14営業日で1206.4pips(10pips×約120回)の獲得となりました。

チャート表示された「新規買い(緑色の三角マーク)」「決済売り(ピンク色の三角マーク)の通りです。2017年の3月は、ファンダメンタルズ的にユーロがかなり強く、上昇トレンドのダマシは発生しづらい環境でしたので、余裕があればファンダメンタルズ分析と合わせて使ってみてください。このように、単独のテクニカル分析ではなく複数のテクニカル分析を用いて、うまくダマシを回避しながら、トラッキングトレードに役立てていただければと思います。

マナブ式MACDの利用方法

① 売買サイン

●「MACD」が「シグナル」を下から上に抜けたら買い(ゴールデンクロス)
●「MACD」が「シグナル」を上から下に抜けたら売り(デッドクロス)

② トレンド判断

●基準点の「0=ゼロ」より下(マイナス域)で、「MACD」が「シグナル」を下から上に抜け、その後、2本の線がゼロを上抜ければ、強い上昇トレンド
●基準点の「0=ゼロ」より上(プラス域)で、「MACD」が「シグナル」を上から下に抜け、その後、2本の線がゼロを下抜ければ、強い下降トレンド

③ 正確性判断

●交差する角度が浅いと弱いサイン。ダマシの可能性も
●交差する角度が深ければ、明確なトレンドが発生する可能性が高い

※この記事は、FX攻略.com2017年7月号の記事を転載・再編集したものです
※この記事に記載されている情報は原稿執筆時のものであり、現在のものとは異なる場合があります


⇒ 公式サイトでFXブロードネットのトラッキングトレードをチェック!

FX攻略.com公式サイトでFXブロードネットの基本情報を知る
⇒ FXブロードネット [FXブロードネット]

斉藤学の写真

斉藤学(さいとうまなぶ)

サラリーマンをしつつ、独自の手法を開発したFXで短期間に爆発的な利益を獲得。その経験をもとに、書籍やDVD、記事執筆、セミナー講師など、多方面でFX情報を配信中。著書に『マナブ式FXトラッキングトレード入門』(実業之日本社)など。

公式サイト:【FXブログ】よく当たるFX為替レート予想

twitter:https://twitter.com/kamiturejp

FXブロードネット | FX力を鍛える有名人コラム | 斉藤学の最新記事
トラッキングトレード入門|第16回 5244.6pipsの利益!トラッキングトレードでユーロ高を追いかけてみよう[斉藤学]
トラッキングトレード入門|第15回 ボリンジャーバンドでトレンドの継続を見極める[斉藤学]
トラッキングトレード入門|第13回 複数の指標を組み合わせたマナブ式テクニカル分析[斉藤学]
トラッキングトレード入門|第12回 FXで着実に利益を上げるために一番の戦略は資金管理[斉藤学]
トラッキングトレード入門|第11回 中長期のトレードならトラッキングトレードに勝るものはない②[斉藤学]
トラッキングトレード入門|第10回 中長期のトレードならトラッキングトレードに勝るものはない①[斉藤学]
トラッキングトレード入門|第9回 トラッキングトレードにできて裁量トレードにできないことを活用してみよう[斉藤学]
トラッキングトレード入門|第8回 FXの新しい注文方法のひとつ!それがトラッキングトレード[斉藤学]
トラッキングトレード入門|第7回 今年残された期間で考えるべきトラッキングトレードの戦略[斉藤学]
トラッキングトレード入門|第6回 2016年後半の相場もトラッキングトレードでチャンスを逃さない![斉藤学]
トラッキングトレード入門|第5回 トラッキングトレードが注目される理由[斉藤学]
トラッキングトレード入門|第4回 要人発言やイベントに注目し、トレンドをつかむ![斉藤学]
トラッキングトレード入門|第3回 ファンダメンタルズ分析で相場を見極めトラッキングトレードで追尾[斉藤学]
トラッキングトレード入門|第2回 テクニカル分析の組み合わせでトレンド察知![斉藤学]
トラッキングトレード入門|第1回 暴落時は相場追尾型のトラッキングトレードで稼ぐ![斉藤学]