ハリケーン被害で利上げ遠のく?!ドル円は弱気トレンド再開[雨夜恒一郎]

FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年9月11日号

先週のドル円相場

先週のドル円相場は、北朝鮮が過去最大の核実験を行ったことを受けて109円台へギャップを空けてスタート。米国のハリケーン「イルマ」による被害や9日の北朝鮮建国記念日に向けた地政学リスクの高まりに対する警戒感から、株安・米国債利回り低下・ドル安・円高が進み、年初来安値だった108.13円を突破。金曜日のNY市場では一時107.32円と昨年11月以来の安値を示現した。

前回のコラムでは、9月1日に発表された米8月の雇用統計が弱かったにもかかわらずドルが上昇したのは強気のサインと見て、「少なくともスタンスを弱気から中立に戻しておくのが賢明であり、場合によっては短期的なドル買いも検討すべき」と考えたが、(北朝鮮が予想外の核実験を行ったとはいえ)見通しが甘かった。複雑に材料が絡み合う局面では、こうした単純な判定で相場が割り切れるものではない。素直に反省しなければならない。

「近くの戦争は売り」通りの様相

9日の北朝鮮建国記念日には何事もなかったようだが、米国との対決姿勢を鮮明にしている金正恩政権がいつICBMを発射しても不思議はない。「近くの戦争は売り」の相場格言通り、日経平均は19200円台と5月以来の安値。米国株(NYダウ)も急落こそしていないものの、かれこれ1か月高値を更新していない。北朝鮮で何か起こればたちまち市場がリスク回避ムード一色に染まるのは必定で、当面は安全通貨の円を売りづらい局面が続くことになる。

利上げ確率は42%から27%まで低下

ハリケーン「イルマ」は被害額が2000億ドル超(21兆円以上)との見方もあり、今後の米国経済指標を大幅に押し下げる可能性が高い。来週に迫ったFOMCではこのハリケーン被害を前提とした新たな協議が行われることになる。次回の利上げ時期は一段と不透明になった。FF金利先物が織り込む12月までの利上げ確率は1週間前の42%から27%まで低下し、わずかながら「利下げ」の可能性さえ織り込み始めた。米国10年債利回りは2.03%台と昨年11月以来の水準まで低下しており、2%割れも視野に入れている。もちろんドルにとっては強い逆風だ。

しかも、筆者のように「ドルは一旦底堅い」と読み間違えた向きは少なくなかったようで、IMM通貨先物の取り組みを見ると、先週火曜日時点での投機的な円の売り越し額は前週の69,524枚から72,945枚に増加している。投機筋の円ショートポジションが膨らんだ局面で、ドル円が底割れしてしまったわけだから、見切り売りが起こりやすい危険な状態と言える。今週は下値警戒を強め、一段安に備えておく必要がありそうだ。

雨夜恒一郎の写真

雨夜恒一郎(あまや・こういちろう)

20年以上にわたって、スイス銀行、JPモルガン、BNPパリバなど、大手外銀の外国為替業務要職を歴任。金融専門誌「ユーロマネー」における東京外国為替市場人気ディーラーランキングに上位ランクインの経歴をもつ。2006年にフリーランスの金融アナリストに転身し、独自の鋭い視点で為替相場の情報をFX会社やポータルサイトに提供中。

twitter:https://twitter.com/geh02066

FX力を鍛える有名人コラム | 雨夜恒一郎の最新記事
新たな大相場の幕開けか?[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「112円に急上昇!ドル円が上がるのおかしくない?」[国府勇太]
天候相場を迎えるトウモロコシ[佐藤りゅうじ]
米中貿易戦争懸念台頭でもFRBは静観を決め込む理由[安田佐和子]
本音はどっち?ドルは強いのがいいのか、それとも弱いのがいいのか[森晃]
テーマは成長率と金利格差からリスク回避の動きへ[太田二郎]
どうなる米中貿易戦争[井口喜雄]
超実践的 本当にお金を稼げるファンダメンタルズ分析|第2回 相場の流れが丸裸になる情報源(後編)[雨夜恒一郎]
フォーメーション分析を理解する その5|リバーサルフォーメーション(スパイク、ソーサー)とは[マックス岩本]
GMMA(複合型移動平均線)&ストキャスティクス、平均足、MACD|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦FXチャート術
貿易戦争はドル売り材料にあらず[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「上昇の波にのれるか?111円に再チャレンジ!」[国府勇太]
相場で生き残るためのテクニカル特化型戦略|第2回 [田向宏行]
トレンド・イズ・フレンド[水上紀行]
【速報】FXトレードニュース|2018年7月2日〜7月8日[FX攻略.com]