FOMCは利上げ確実 ドットプロットチャートに注目[雨夜恒一郎]

FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2017年12月11日号

先週のドル円相場

先週のドル円相場は、中東情勢の緊迫を懸念したリスク回避の動きで一時112円台割れを試す場面があったものの、米国の税制改革に対する期待感や暫定予算の可決を背景にドル買いが次第に優勢となり、一時11月14日以来の高値となる113.59円まで上昇した。前回の当コラムでは、休暇前のポジション整理は一巡し、ドルの下値は固まってきた可能性が高いと述べたが、おおむねそのような展開となった。

火・水曜日に開催される今年最後のFOMCだが

金曜日に発表された米11月の雇用統計では、失業率は4.1%と17年ぶりの低水準を維持し、非農業部門雇用者数(NFP)は+22.8万人と予想の+19.5万人を上回ったが、平均時給が前年比+2.5%と予想の+2.7%を下回ったことからさらなるドル買いを呼び込むには至らなかった。米国の労働市場は、完全雇用が続いているにもかかわらず賃金が伸び悩むアンバランスな状況にある。

そんな中、今週火・水曜日には今年最後のFOMC(米連邦公開市場委員会)が開催される。市場はすでに0.25%の利上げ(FF金利誘導水準1.25-1.50%)を完全に織り込んでおり、大方の予想通りの利上げであれば、相場に影響はほとんどないだろう。


出所:CME Group FedWatch

また声明の文言も大幅な変更はなさそうだ。前回11月の声明では、ハリケーンの被害による経済への影響は一時的で、経済活動が緩やかなペースで拡大し、労働市場の状況はさらにいくらか力強さを増すとの楽観的な予測が記された。9月以降も経済は好調を維持しており、今回もこうした見解と「FF金利の緩やかな引き上げを正当化する」というフォワードガイダンスは維持されるだろう。インフレについても、「現在は目標の2%を下回っているが、中期的には2%近辺で安定する」との見通しが据え置かれる公算が大きい。

メンバーの金利予想(ドットプロットチャート)に注目

注目すべきはメンバーの金利予想(ドットプロットチャート)である。前回9月のドットプロットチャートでは、来年末のFF金利は2.00-2.25%がドット6個を集め最頻値となった。今週のFOMCでの利上げは既定とすると、来年3回の利上げに相当する。一方FF金利先物市場では、2018年12月限月が1.80~1.85%近辺(利上げ2回)で取引されているから、当局と市場の見方には依然として利上げ1回分の「温度差」(市場のほうが利上げに懐疑的)があることになる。もしFRBがこの市場の金利観に働きかけたいなら、ドットの分布に変化が現れるはずだ。


出所:FRB

もし最頻値が前回の2.00-2.25%から上方にシフトするか、ドットが6個から大幅に増加すれば、市場に対する重要なシグナルと受け止められ、ドルの一段の上昇を促すだろう。逆に最頻値が下方にシフトするか、ドットが6個より減少すれば、利上げ意欲の後退と受け止められ、ドルの急反落を招くだろう。筆者は前者の可能性が高いと考えており、今週もドル強気の見方を継続する。

雨夜恒一郎の写真

雨夜恒一郎(あまやこういちろう)

20年以上にわたって、スイス銀行、JPモルガン、BNPパリバなど、大手外銀の外国為替業務要職を歴任。金融専門誌「ユーロマネー」における東京外国為替市場人気ディーラーランキングに上位ランクインの経歴をもつ。2006年にフリーランスの金融アナリストに転身し、独自の鋭い視点で為替相場の情報をFX会社やポータルサイトに提供中。

twitter:https://twitter.com/geh02066