VIXショックという乱気流から体勢を立て直せるか?[雨夜恒一郎]

FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年2月12日号

先週のドル円相場

先週のドル円相場は108円割れ寸前まで下落し、昨年9月以来の安値を示現。米国市場を発端に世界中の株価が急落し、リスク回避ムード一色となったことから、安全通貨の円が全般に買われる展開となった。円はドルだけでなく欧州通貨や資源国通貨に対しても全面高となった。

株安のきっかけは?

この世界的な株安の直接のきっかけは、言うまでもなく米国の金利上昇だ。2月2日に発表された米国雇用統計の良好な結果を受けて利上げ観測が高まり、金利カーブが全般的に上昇。年初には2.4%台だった10年債利回りは2.8%台まで跳ね上がり、今年利上げは4回との見方が浮上してきた。

先週も述べた通り、本来利上げと株高は相容れないものだ。これまではインフレでもリセッションでもない適温経済=ゴルディロックス期待の中で、緩やかな金利上昇と株高は共存できた。しかし急激な金利上昇と高すぎる株価はどう考えても共存できない。

景気拡大にともなってインフレ率と金利が上昇するのはごく自然なことだが、これまでは好景気にもかかわらず賃金も物価も上昇しなかったため、株式市場はインフレや金利上昇というリスクを永らく忘れていた。それを端的に表しているのがVIX指数だ。VIXは米国個別株のオプションのボラティリティーを指数化したもので、市場で不安心理が高まると上昇することから、別名「恐怖指数」として知られている。

VIXは一時50まで暴騰

下のチャートを見ると、VIXは2015年8月のチャイナショック時(人民元切り下げ)の53を高値に、ほぼ一貫して下げ続け、最近は「極端な弛緩」を示す10を割り込む水準も常態化していた。つまり市場は「もうオオカミは来ない」とばかり完全に油断していたといえる。そこに先週の株価急落、そしてVIXは一時50まで暴騰した。市場がいかに株高・VIX低下にベットしていた(賭けていた)か、そしてそのポジションがいかに大きかったかがうかがえる。

今回の株価急落が、果たして強気相場の終焉なのか、それとも一時的な調整なのか、現時点ではわからない。しかし油断し切っていた市場が突然のボラティリティー急騰で大きな損失を被ったことは間違いなく、その傷はすぐに癒えるとは思えない。今週も株式市場の動揺が収まらないようなら、ドル円も昨年9月の安値107.30円を割り込み下げを加速させる可能性も出てくるだろう。乱気流に巻き込まれた市場が体勢を立て直せるか、そのまま墜落するのか、今週もVIXショックの波紋に注目したい。

雨夜恒一郎の写真

雨夜恒一郎(あまや・こういちろう)

20年以上にわたって、スイス銀行、JPモルガン、BNPパリバなど、大手外銀の外国為替業務要職を歴任。金融専門誌「ユーロマネー」における東京外国為替市場人気ディーラーランキングに上位ランクインの経歴をもつ。2006年にフリーランスの金融アナリストに転身し、独自の鋭い視点で為替相場の情報をFX会社やポータルサイトに提供中。

twitter:https://twitter.com/geh02066

FX力を鍛える有名人コラム | 雨夜恒一郎の最新記事
ディーラーによる今週のドル円「トルコショック後の動きは?」[国府勇太]
ジャクソンホール会議に注目![雨夜恒一郎]
Exciting米国株|第6回 日本株 vs 米国株、三菱UFJフィナンシャル・グループ vs ウェルズ・ファーゴ[福島理]
元為替ブローカーから学ぶFXの売買プランの作り方|第13回 三波動の考え方を取り入れたドル円相場分析⑥[浅野敏郎]
投資の世界は「守備」が大切[高橋慶行]
トルコショック! 流動性低下に最大級の警戒を[井口喜雄]
言いたいことをきちんと伝えよう[中里エリカ]
ディーラーによる今週のドル円「下落!111円割れ再び!おさえておく注目ポイントはここ!」[国府勇太]
新興国通貨急落はドル高要因 ドル円の下落余地は小さい[雨夜恒一郎]
SGFX〜2丁目系トレーダーもってぃーのスーパーがっちりFX初心者講座|第2回 テクニカルでまず覚えること
月足トレードで生きてます|第14回 長期トレードで日々利食いする方法[ゆったり為替]
はじめよう!EA生活〜MT4自動売買にチャレンジ|第3回 MT4でEAを始める基礎知識[柿澤真正]
どうなる日米通商協議[井口喜雄]
ディーラーによる今週のドル円「結局、日銀の発表ってどういうことなの?」[国府勇太]
FRBの利上げスタンスを背景としたドル高に変化なし 貿易戦争はノイズ[雨夜恒一郎]