年度末、イースター休暇で薄商い 下値が脆弱な地合い続く[雨夜恒一郎]

FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年3月26日号

先週のドル円相場

先週のドル円相場は、米中の貿易摩擦などを懸念した株安・リスク回避の動きが加速し、下値を試す展開。FOMCが0.25%の利上げを決定し、メンバーの金利見通し(ドットプロット)が年内3回(あと2回)で変化なかったことから、材料出尽くしのドル売りも加わり105円台を割り込んだ。週後半は日米株価が大幅に下落する中、一時104.64円と2016年11月以来の安値を示現した。

先週の当コラムでは、「FOMC利上げによる材料出尽くしのドル売りと、リスク回避による円買いの同時進行で、105円割れも十分ありうる」と予想したが、まさにそのような展開となった。 

FOMC声明パウエル議長の会見は、景気に楽観的な文言が目立ったものの、利上げの加速を示唆するようなニュアンスはなく、予想よりハト派的と受け止められた。FF金利先物が織り込む年内の利上げ回数も「あと2回」の可能性が最も高くなっている。織り込まれていたシナリオが強化された形であり、米国の利上げを材料にドルを買い進むことはこれまで以上に難しくなったといえる。


FF金利先物が織り込む年内の利上げ確率 出所:CME

株安・円高の負の連鎖が今週も続くか

NYダウは週間で1413ドル安とリーマン・ショック直後の2008年10月以来の下げ幅を記録した。トランプ大統領は中国が知的財産権を侵害しているとして「最大600億ドルの中国からの輸入製品に高関税を課す」と表明。中国も対抗措置を打ち出す見通しで、メディアには「貿易戦争」という見出しが躍る。日経平均も先物が20200円と2万円台割れをうかがう展開となっており、今週も株安・円高の負の連鎖に歯止めがかかりそうにない。 

さらに今週は3月最終週、日本の年度末にあたり、決算をブレさせたくないリアルマネー投資家の取り組み意欲が最も冷え込む時期だ。海外勢にとっても、四半期末はリスクを積極的に取りづらいうえに、週末は主要国がイースター休暇で市場が極端に薄くなる。先行き不透明感が強まり、リスク回避の円買いが強まったときに、下値がこれまで以上に脆弱となることは避けられないであろう。

なお明日は森友問題で佐川前国税庁長官の証人喚問が予定されている。真実を知る佐川氏が首相官邸など政治の関与について何らかの証言をすれば、政権を揺るがす事態となる可能性もあり、注目したい。

テクニカルにも、1か月持ちこたえた節目の105円を割り込んだことで、下落トレンドが一段と鮮明となりそうだ。今週も薄商いの中、下値警戒を怠らないようにすべきだろう。

雨夜恒一郎の写真

雨夜恒一郎(あまやこういちろう)

20年以上にわたって、スイス銀行、JPモルガン、BNPパリバなど、大手外銀の外国為替業務要職を歴任。金融専門誌「ユーロマネー」における東京外国為替市場人気ディーラーランキングに上位ランクインの経歴をもつ。2006年にフリーランスの金融アナリストに転身し、独自の鋭い視点で為替相場の情報をFX会社やポータルサイトに提供中。

twitter:https://twitter.com/geh02066

FX力を鍛える有名人コラム | 雨夜恒一郎の最新記事
現役為替ディーラーが何でも答えます!「みんなのQ&A」第9回 中国経済の好調不調を判断する方法とは?[井口喜雄]
税制改革での所得押し上げ効果、クレジットカード金利負担が抑制?[安田佐和子]
【速報】FXトレードニュース|2018年5月21日〜5月27日[FX攻略.com]
元為替ブローカーから学ぶFXの売買プランの作り方|第7回 直近のドル円相場展望[浅野敏郎]
桜酒〜日銀人事と為替動向〜[森晃]
米中貿易戦争は回避!市場の関心はFOMC議事要旨へ[井口喜雄]
米金利上昇が続く中でのドル円相場[太田二郎]
月足トレードで生きてます|第13回 為替相場が歴史的円高になるのはいつか[ゆったり為替]
値動きが小さくてポジ長期保有、新規エントリーできず[木里ゆう]
はじめよう!EA生活〜MT4自動売買にチャレンジ|第1回 EAとは?[柿澤真正]
テクニカル分析の極意・実践編|第2回 ローソク足からチャートを徹底的に分析する[FXプランナー]
悪い金利上昇ならドル上昇余地も限定的[雨夜恒一郎]
ディーラーによる今週のドル円「金利上昇で楽観ムード?とうとう111円タッチ!」[国府勇太]
【速報】FXトレードニュース|2018年5月14日〜5月20日[FX攻略.com]
移動平均線+RSI etc. トレンド系&オシレーター系の組み合わせ|外為オンライン 佐藤正和の+α実戦チャート術