米国雇用統計は好結果だがドルの上値は重い[雨夜恒一郎]

FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2018年6月4日号

先週のドル円相場

先週のドル円相場は、イタリアの政局混乱や株安を背景としたリスク回避型の円買いと、米国債利回り低下の流れを背景としたドル売りが先行し、一時108.11円まで下落した。しかし週後半はイタリアの政局懸念が後退し、買い戻しの流れに。金曜日には、米国5月の雇用統計が予想を上回ったこともあり、109.73円まで反発した。

米国雇用統計の結果は利上げを後押しするか?

米国雇用統計は、失業率が3.8%と2000年4月以来の水準へ低下するとともに、非農業部門雇用者数は+22.3万人と予想+19.0万人を上回った。今月12-13日に開催されるFOMCでの利上げを後押しする内容といえるだろう。FF金利先物はすでに今月の利上げを90%以上織り込んでいる。

一方、注目の平均時給は、前月比+0.3%、前年比+2.7%と予想(+0.2%、+2.6%)を上回ったものの、2016年10月につけた2.8%のピークを越えられずにいる。当時から失業率は1%低下し、ほぼ完全雇用状態となっているにもかかわらず、賃金の伸びが加速しないという「謎」が継続していることになる。

平均時給の伸び(前年比%) 出所:米国労働統計局

賃金が伸び悩み、インフレ目標の達成がおぼつかない中では、FRBは利上げを急ぐ必要がない。先週木曜日に発表された米4月のPCEコアデフレータも前年比+1.8%(3月は+1.9%から+1.8%に下方修正)とインフレ目標の2%に届かなかった。FF金利先物が織り込む利上げ確率を見ると、年内あと2回の利上げ(2.00-2.25%)の確率が46.9%と、「あと3回」の32.4%を依然上回っている。つまり雇用統計を受けて利上げ期待が高まったわけではないのだ。米国債利回りも先月のピークと比べれば大きく低下したままであり、金利面からはドルを押し上げるプラス要因は感じられない。

出所:CME Group

リスクオン効果はどうか?

では地政学リスクや政局リスクの低下によるリスクオン効果はどうか。米朝首脳会談はすったもんだの末に当初予定通り6月12日にシンガポールで行われることになった。またイタリアではコンテ首相を軸とした連立政権が発足し、総選挙は回避されることになった。確かに先週前半の極端な不安感は払拭されたかもしれない。しかしそれらは、悪材料が顔をのぞかせたあとに引っ込んだにすぎず、別に好材料が出てきたわけではない。むしろトランプ政権の関税発動による貿易戦争の懸念や、中東情勢や国内政局など不透明要因はまだいくらでもある。リスクオン型の円売りもまた限界がある。

ドル円が先月のピークだった110-111円台を突破していくには、マイナスがゼロになるだけでなくプラスになる必要があるが、現段階ではそういった兆候は見られない。今週もダウンサイドの警戒を怠らないほうがいいだろう。

雨夜恒一郎の写真

雨夜恒一郎(あまや・こういちろう)

20年以上にわたって、スイス銀行、JPモルガン、BNPパリバなど、大手外銀の外国為替業務要職を歴任。金融専門誌「ユーロマネー」における東京外国為替市場人気ディーラーランキングに上位ランクインの経歴をもつ。2006年にフリーランスの金融アナリストに転身し、独自の鋭い視点で為替相場の情報をFX会社やポータルサイトに提供中。

twitter:https://twitter.com/geh02066

FX力を鍛える有名人コラム | 雨夜恒一郎の最新記事
テールリスクがくすぶる米為替報告書[井口喜雄]
ディーラーによる今週のドル円「急落!世界同時株安!ドル円は一時111円台へ突入!」[国府勇太]
金利上昇下での株安は成長痛!押し目買いスタンス継続[雨夜恒一郎]
SGFX〜2丁目系トレーダーもってぃーのスーパーがっちりFX初心者講座|第3回 負けないための思考を身につける
米ファンダメンタルは盤石!ドル円は底堅い展開を予想[井口喜雄]
ディーラーによる今週のドル円「とうとう114円!勢いは続くのか?」[国府勇太]
米国金利上昇と株高は共存できるか?[雨夜恒一郎]
ギリシャショックの再来?イタリア財政不安の影響は[井口喜雄]
TradingView(トレーディングビュー)を始めよう|第1回 3つのココがすごい![佐々木徹]
ディーラーによる今週のドル円「いよいよ113円到達!まだまだ伸びるのか?」[国府勇太]
ドット・プロット・チャートが上方シフト!ドル円も新たな上昇局面入りか[雨夜恒一郎]
今夜のFOMCは如何に!ドル円は年初来高値更新なるか[井口喜雄]
ディーラーによる今週のドル円「アメリカ絶好調!113円も見えてきた?」[国府勇太]
FOMC利上げで材料出尽くしの反応に注意[雨夜恒一郎]
ドル円はレンジブレイク!このトレンドは本物?[井口喜雄]