米利下げは織り込み済み 注目は日欧の出方[雨夜恒一郎]

FX攻略.com ズバリ!今週の為替相場動向 2019年9月9日号

先週のドル円相場

先週のドル円相場は、105円台を値固めし1か月ぶりに107円台へ上昇。香港が逃亡犯条例改正案を正式に撤回すると発表したことや、英議会が合意なきEU離脱を阻止する離脱延期法案を可決したこと、また米中貿易協議が10月に再開されることとなったことから、リスク選好型の円売りが活発化した。

リスクオフからリスクオンへ

日経平均は1か月ぶりに2万1千円台を回復し、NYダウも26800ドル台と先月の急落を帳消しにした。この夏、市場を覆っていたいくつもの不透明感が後退し、リスクを取る動きが再開しつつある。8月上旬には25ポイントまで上昇していた恐怖指数(VIX)は15ポイント割れまで下落し、平時の水準となった。

IMM通貨先物の取り組み(9月3日時点で27,682枚の円ロング)を見る限り、投機筋のポジションはまだ円買いに傾いているようだ。市場のセンチメントがリスクオフからリスクオンに転回しつつあるとすると、円ロングの解消、すなわちドル買い・円売りの余地は小さくないことになる。

FOMCは25bp利下げへ

先週発表された米ISM景況指数は、製造業が49.1と予想の51.3を下回り、2016年1月以来の低水準となったが、非製造業の方は逆に56.4と予想の54.0を大幅に上回った。雇用統計は、非農業部門雇用者数が+13万人と予想の+16万人を下回ったものの、失業率が3.7%と過去最低水準で推移する中で雇用の伸びが鈍化するのは致し方ない。むしろ平均時給が前年比+3.2%と予想以上のペースで上昇していることから、全体的にはそう弱くない結果といえる。これらの最新情報から景気後退の兆候は見いだせず、来週のFOMCでの50bp利下げは正当化されないだろう。

パウエルFRB議長は「米経済は非常に良好。景気後退を予想していない」との見解を示す一方、「経済を支援するために適切に行動する」と述べており、予防的利下げ、つまり25bpの利下げを行う意向と受け取れる。25bpの利下げは市場で9割以上織り込まれておりコンセンサスである。利下げ幅が実際25bpとなれば、市場の反応は材料出尽くし、つまりドル買いとなる公算が大きい。

日欧も追加緩和へ

今週木曜日のECB定例理事会においては0.1~0.2%の利下げが予想されており、フォワードガイダンスの強化や資産買い入れ再開の可能性も浮上している。日銀も来週金融政策決定会合を開くが、黒田日銀総裁は先週日経新聞のインタビューで「マイナス金利の深掘りを選択肢とする」と発言している。

米国だけでなく日欧もほぼ同時に金融緩和に動くのであれば、ドル売り圧力は当然軽減されるし、むしろ日欧の金融緩和のほうが、市場に十分織り込まれていない分インパクトが大きくなる可能性もある。今週から来週にかけては、米国利下げの「材料出尽くし」によるドル買いに加えて、日欧の追加緩和観測がユーロ売り・円売りを通じてドルを相対的に押し上げるシナリオもありうる。

結論:ドル強気

チャートの形状は、105円と「幻の104円台」でWボトムとなっており、8月13日高値の106.98円を抜いたことで大底をつけた可能性が高い。一目均衡表では、遅行スパンと基準線・転換線が好転しており、日足が先行スパンの上限107.70円近辺を上抜けできれば「三役好転」の買いシグナルとなる。今週もドル強気スタンスを維持したい。

一目均衡表日足 出所:NetDania

雨夜恒一郎の写真

雨夜恒一郎(あまや・こういちろう)

20年以上にわたって、スイス銀行、JPモルガン、BNPパリバなど、大手外銀の外国為替業務要職を歴任。金融専門誌「ユーロマネー」における東京外国為替市場人気ディーラーランキングに上位ランクインの経歴をもつ。2006年にフリーランスの金融アナリストに転身し、独自の鋭い視点で為替相場の情報をFX会社やポータルサイトに提供中。

twitter:https://twitter.com/geh02066