【速報】FXトレードニュース|2018年6月11日〜6月17日[FX攻略.com]

2018年6月14日08時30分:利上げ後の市場パターンに注目[江守哲氏メルマガより]

GogoJungleが提供している江守哲さんの投資メルマガ「江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー」より、今朝に配信されたメルマガからほんの一部をご紹介。FOMCが終わりドル円のトレード戦略に変化は…?

ドル円はロングを維持します。FOMCを受けて、いったん上昇しましたが、その後は売られています。まさに「噂で買って、真実で売る」となっています。今回の利上げ局面に入って以降、過去6回の利上げではドル円は利上げ後に下げる傾向が鮮明です。したがって、今後は下げる可能性を念頭に入れておく必要があります。ここは注意しておきたいところです。目先は110.50円を維持できていません。これで110円を割り込むと下げやすくなります。いまはまだポジション維持でよいでしょうが、割り込んだ場合には、ドル安基調への警戒を強める必要があります。

米朝首脳会談も材料視されておらず、まずは一連の日米欧の金融政策決定を見極めることになります。もっとも、ECB理事会で緩和策の解除への言及があれば、ユーロが買われることでドル円が支えられる可能性もあります。このあたりの関係も念頭に入れておきたいところです。

また、今回のFOMC参加者の今後の経済・金利見通しは強気になりました。景気拡大の最終局面に入ってきました。最大であと1年から1年半でしょう。そこまでは楽観的でよいでしょう。しかし、その後は大きな動きになります。長期的な視点も忘れないようにしたいところです。

『江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー』(江守哲) より引用。

と江守さん。今夜のECB理事会にも注視したいところです。FOMC声明全文(日本語)はこちらで確認できます。(編集部)

ロイター|FOMC声明全文

独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。
独自の「グローバルマクロ戦略」分析をお届け
「江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー」メルマガ入手方法はこちら!
 

2018年6月13日17時34分:FOMCの見所[YEN蔵氏メルマガより]

GogoJungleが提供しているYEN蔵さんの投資メルマガ「リアル・トップ・トレーディング」(田代岳)  より、本日夕方に配信された一部をご紹介。今夜のFOMCについてYEN蔵さんは次のように見ています。

今日のFOMCでの利上げはほぼ確実です。注目点は、ここまで声明文での『金融政策は緩和的』の文言が削除されるかどうかです。いまFOMCは金利を段階的に引き上げていますが、これは金融引締めではなく、あくまで中立的ナ金融政策に戻すためです。ですから文言が削除されれば、一度スピードは落として様子を見るのではないかと思います。

添付したFOMCメンバーの経済予測(編注:購入されたメルマガには資料画像が添付されています)を見ていただくと、12月から3月の会合でGDP予測が結構引き上げられているにもかかわらずPCEはあまり変わっていません。(原文ママ)

YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』(田代岳) より引用。

トレードについては「ドル高になっています、FOMC前にちょっとやりすぎかとも思いますので様子見します」とのことです。(編集部)


FXトッププロトレーダーYEN蔵氏によるフルタイムリアルトレード
「リアル・トップ・トレーディング」メルマガ入手方法はこちら!

ちなみに、来週6月23日(土)に開催するFX攻略.com主催の「FXトレーダー交流会」にYEN蔵さんがゲスト来場されます。YEN蔵さんとFXについて語らいたい方は、募集ページをぜひ一度ご覧ください!

6月23日(土)に東京でFXトレーダー交流会を開催!スペシャル特典あり!

2018年6月12日08時31分:米朝首脳会談を前にドル買いが加速[江守哲氏メルマガより]

史上初となる米朝首脳会談がついに始まりました!

GogoJungleが提供している江守哲さんの投資メルマガ「江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー」より、米朝首脳会談前に配信されたものからほんの一部をご紹介。今回はドル円のトレード戦略をご覧ください。

ドル円はショートを買い戻し、新規でロングとします。いったん下に行く可能性を見ていましたが、米朝首脳会談への期待でドルが買われています。相場の方向性は会談の結果次第のところもありますが、上向きになりつつありますので、まずは素直に流れについていきたいと思います。結果的に109.35円のサポートを維持しましたので、このような判断をすることで、取引パターンの再現性を担保したいと考えます。もっとも、FOMCでの利上げ後はドル安になる可能性があります。つまり、「噂で買って、真実で売る」の動きとなる可能性です。

この動きには注意が必要です。欧州の政治情勢が緩和すれば、ユーロ屋ポンドの買いも入ってくる可能性があり、その場合にドル円がどちらに動くかも見ておく必要があります。もっとも、いまの状況であれば、リスクオフは円売りですので、ドル円だけでなく、クロス円にも売りが入りそうです。いずれにしても、今週の為替市場は短期間で変動しやすくなりますので、ボラティリティの上昇には注意したいところです。

『江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー』(江守哲) より引用。

チャートはドル円15分足。朝から一気に上昇し、110.50付近で反転もみ合いになっています。(編集部)

独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。
独自の「グローバルマクロ戦略」分析をお届け
「江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー」メルマガ入手方法はこちら!
 

2018年6月11日20時22分:投資家の立場になって考える[志摩力男氏メルマガより]

世界経済にとって今週は今年最も重要な週になるのでしょうか(バンク・オブ・アメリカのレポートから台詞を拝借)。GogoJungleが提供している志摩力男さんの投資メルマガ「志摩力男の実戦リアルトレード」より、米朝首脳会談、FOMC、ECB、日銀政策決定会合の注意点が書かれたメルマガの中から、明日行われる米朝首脳会談の部分をピックアップしました。

最大の歴史的イベントです。破綻しないことが前提になってます。表向き、大きな進展もないかもしれませんが、米国が大幅に譲歩して北朝鮮を「こちら側」の世界に持ってくる最初の一歩となります。ビル・ロジャースが「全財産を北朝鮮に投資したい」と言ってますが、気持ち的には同じです。リスクオン的イベントですが、短期的には織り込まれており、大きな動きはないかもしれません。ただ、中長期的には大きい。手段があれば、なんとか「北朝鮮バブル」に乗りたいものです。

『志摩力男の実戦リアルトレード』(志摩力男) より引用。

このように志摩さんは見ています。為替相場へどのように影響するか注目です!(編集部)

現役トレーダーの志摩力男 現在もファンド筋などとの交流は活発で鋭く世界を分析
伝説のトレーダーが生きたマーケット情報をリアルタイム配信
「志摩力男の実戦リアルトレード」メルマガ入手方法はこちら!

“志摩力男の写真"

志摩力男(しま・りきお)

慶應義塾大学経済学部卒。1988年~1995年ゴールドマン・サックス、2006年〜2008年ドイツ証券等、大手金融機関にてプロップトレーダーを歴任、その後香港にてマクロヘッジファンドマネージャー。独立した後も、世界各地のヘッジファンドや有力トレーダーと交流があり、現在も現役トレーダーとして活躍する。

公式サイト:志摩力男の実戦リアルトレード

twitter:https://twitter.com/rs9390667

江守哲の写真

江守哲(えもり・てつ)

慶應義塾大学商学部卒業後、住友商事に入社し、非鉄金属取引に従事。 1996年に英国住友商事(現欧州住友商事)に出向しロンドンに駐在。 その後、Metallgesellschaft Ltd.、三井物産フューチャーズを経て、2007年7月にアストマックス入社。 同社でファンドマネージャーに就任。 アストマックス退社後、2015年4月にエモリキャピタルマネジメントを設立。 ヘッジファンドを中心とした資産運用や株式・為替・債券・コモディティ市場の情報提供などを事業として展開。

公式サイト:エモリキャピタルマネジメント

田代岳の写真

田代岳(たしろ・がく)

ADVANCE代表取締役。米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。その後、独立し現在は投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。為替を中心に株式、債券、商品と幅広くマーケットをカバーして分かり易い解説を行っている。長期のファンダメンタルズ+短期のテクニカルを組み合わせて実践的なリポート、セミナーを展開。ドル、ユーロなどメジャー通貨のみならず、アジア通貨を始めとするエマージング通貨でのディーリングについても造詣が深い。また海外のトレーダー、ファンド関係者との親交も深い。「YEN蔵」の名でブログを開設。為替市場に対するコメントなどで多数のアクセスを集めている。

公式サイト:YEN蔵のFX投資術-ドル、円、ユーロ、ポンド、オーストラリアドルで世界に投資

twitter:https://twitter.com/YENZOU